赤ちゃんに適した硬度のお水とは?

赤ちゃんには硬度の低いお水を使う

赤ちゃんに適したお水は軟水
赤ちゃんに飲ませるお水やミルクを作る際に、ミネラルウォーターを使っている人も多いでしょう。

そこで注意したいのは、硬度です。硬水と呼ばれるのはミネラル成分の含有量が高いお水です。

お水には硬水と軟水がありますが、赤ちゃんに適しているのは軟水です。

もしくは、ミネラル成分が入っていない純水(ピュアウォーター)を選ぶようにしましょう。

硬度の高いお水が赤ちゃんに適さないのはなぜ?

硬度の高いお水はミネラル成分が多く含まれているからです。

ミネラル成分は健康な大人の体に対しては、いい効果をもたらすこともありますが、赤ちゃんにとっては内臓に負担をかけてしまうリスクがあります。

また、ミルクはミネラル成分などがしっかりと配合されているので、ミネラル成分がおおい硬度の高いお水でミルクを作ると、赤ちゃんの体のミネラルバランスが崩れてしまうのです。

赤ちゃんが安心して飲めるお水

ミネラルウォーターなど数多く出ていますが、その中でも硬水や軟水があります。

硬水は硬度の高いお水で軟水は硬度が低いお水です。
硬度というのは、マグネシウムやカルシウムの含有量です。

赤ちゃんにとって安心して飲める硬度とはどのようなものか、ご紹介致しましょう。

赤ちゃんにとって適した硬度とは?

マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が多く含まれている硬水は、硬度の高いお水です。

マグネシウムがカルシウムがたくさん入っていると、一見健康によさそうに思えますが、赤ちゃんにとってはそればかりではありません。

ミネラル成分が消化される際、赤ちゃんのような消化器官が未発達の場合は負担になってしまうのです。

消化器官に負担がかかると、栄養素の消化・吸収の妨げになり、体調不良を起こしてしまいます。

ミネラル成分が腸を刺激し、下痢になることもあります。
まや、ミネラル成分が消化されるためには水分が必要となるため、水分不足になることもあります。

このような理由から、赤ちゃんにとっては硬度の高いお水は控えた方がいいということになります。

赤ちゃんのミルク作りに硬度の高いお水は適さない

赤ちゃんに適したお水として、硬度が高いお水が適さないと言われるのは、ミルクに使われるお水としても適さないと考えられるからです。

赤ちゃんのミルクはミネラル成分がバランスよく配合されています。
タンパク質などの最大栄養素をはじめ、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやビタミンE、亜鉛や鉄、ナトリウムなどミネラル成分もバランスよく配合されているのです。

その調乳に硬度の高いお水を使うと、ミネラル過多になってしまうのです。
ミネラルを多く摂ってしまうと、赤ちゃんの消化器官に負担を変えることになり、下痢などの体調不良を招く危険性があるのです。

赤ちゃんには軟水か純水(ピュアウォーター)がいい

先ほど述べたように、硬度の高いお水は赤ちゃんには適していないということが分かっていただけたかと思います。

赤ちゃんが安心して飲めるお水としては、硬度の低い軟水、もしくはミネラル成分が配合されていない純水(ピュアウォーター)がオススメです。

軟水や純水(ピュアウォーター)は吸収がよく、内臓が発達しきれていない赤ちゃんの体に負担をかけることなく新陳代謝を促します。

老廃物や余分な水分もスムーズに排出してくれるというメリットもあり、赤ちゃんだけでなく、お年寄りや病気がちの人にも適しているとお水です。

硬度の高いお水のメリット

赤ちゃんに飲ませるお水としては硬度の低いお水がオススメですが、硬度の高いお水はデメリットばかりではありません。

例えば、便秘をしている人などは、マグネシウムの多く含まれた硬水を飲むことで、腸が刺激され便秘の解消につながることがあります。

料理などに使っても、煮崩れしないというメリットもあるので、用途に合わせて使い分けをするといいでしょう。

まろやかで飲みやすい軟水

ピュアウォーターや軟水は赤ちゃんや妊娠中の人にも飲みやすい
軟水は硬水に比べて味がまろやかで飲みやすいというメリットがあります。

大人であればコーヒーや料理の味を引き出しやすいと言われています。

赤ちゃんの麦茶を作るのにも適している軟水や純水(ピュアウォーター)。
まろやかなので、赤ちゃんも飲みやすいでしょう。

妊娠中も普段よりも多くの量の水分補給が大切です。

つわりなどの時期は水分を摂るのもつらいものですが、飲みやすい軟水や純水(ピュアウォーター)であれば、比較的飲むことができるのもメリットです。

赤ちゃんに適しているお水は硬水よりも軟水

赤ちゃんが安心して飲めるのは、硬度の高い硬水よりも、硬度の低い軟水や純水(ピュアウォーター)です。

ミネラル成分が多く含まれている硬度の高いお水は、消化器官が未発達の赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまうことがあります。

その結果下痢などの体調不良を起こすことも考えられます。

また、赤ちゃんが飲むミルクは、ミネラルなどの栄養成分がバランスよく配合されていますので、ミネラルの多い硬水をミルクの調乳に使うと、ミネラル過多になり赤ちゃんの内臓に負担をかけることもあります。

軟水はまろやかでおいしいというメリットがあり、赤ちゃんにとっても飲みやすいでしょう。
[ad#cvbaby]

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る