赤ちゃんの適切な水分補給のタイミングとは?

赤ちゃんの適切な水分補給のタイミング

赤ちゃんの水分補給のタイミング
言葉を話すことのできない、赤ちゃんへの水分補給は、おしっこの量で判断しましょう。

水分が足りない場合は、おしっこの量が少なくなります。
おむつの交換が少ない場合も、水分補給をしてあげましょう。

また、寝て起きた時やお風呂上り、外出先から帰った時も、水分補給をしてあげるといいでしょう。

赤ちゃんは水分がたくさん必要?

赤ちゃんは汗をかきやすいため、水分もすぐに不足してしまうのです。
寝ている間や泣き出した時も汗をたくさんかきます。

その分、しっかりと水分補給をしてあげることが大切です。
水分が不足すると脱水症状を起こしますので、注意が必要です。

赤ちゃんが飲みたいと感じる前に、水分補給をしてあげるくらい、水分補給はしっかり行いましょう。

赤ちゃんが水分不足にならないための水分補給のポイント

赤ちゃんは汗っかきです。
汗の量は非常に多いので、その分体内からの水分も失われていきます。

水分が不足すると脱水症状を起こして危険ですので、赤ちゃんへの水分補給はしっかりと行いたいものです。

しかし、言葉を発しない赤ちゃんですから、タイミングに関しては判断をしながら行わなければなりません。
赤ちゃんへの水分補給のタイミングや方法に関して、解説しましょう。

赤ちゃんの水分補給はいつすればいい?

赤ちゃんの水分補給のタイミングとしては、お風呂上り、寝起き、外出先から帰った時、唇や口の中が乾いている時、よだれが少ない時が目安となります。

また、おしっこの量が減っている時やおしっこの色が濃くなっている時も、水分不足になっている可能性がありますので、水分を補給してあげましょう。

さらに、機嫌が悪い、母乳やミルクを飲みたがらない、肌がカサついている、顔色が悪いといった場合も、水分を補給してあげましょう。

赤ちゃんは体のサイズに比べて、体内の水分量が多く水分不足になりやすいのです。
十分に注意して、水分を補給してあげるようにしましょう。

赤ちゃんへの水分補給は何を飲ませる?

赤ちゃんへの水分補給は、母乳やミルクではなく、麦茶を薄めたものなどがオススメです。

スポーツ飲料などは、糖分や塩分が多く、体調不良の原因になります。
カフェインが入っている、煎茶や緑茶、ウーロン茶なども控えるようにしましょう。

赤ちゃん用のイオン飲料などもいいのですが、糖分が入っているので、あまり与えすぎない方がいいでしょう。
糖分が入っているとお腹が膨れてしまい、ミルクや母乳を飲まなくなることもあるからです。

また注意したいのは、ミネラルウォーターです。赤ちゃんの内臓は未発達なため、ミネラル成分を分解しきれません。
そのため、腎臓などに負担をかけることがあります。

さらに便利や下痢の原因になることがあり、水分不足を招いてしまうので、ミネラル成分の多い水は控えて、ミネラルを含まない純水を使うといいでしょう。

赤ちゃんの水分補給は母乳だけで充分?

赤ちゃんの水分補給は母乳で足りていると言われることがあります。
確かに母乳も水分補給になるでしょう。

しかし、夏など、汗をかきやすくなる時期は、それだけでは足りなくなる時期があります。

その場合は母乳やミルクとは別に水分が必要です。

しかし、ミルクで育っている赤ちゃんは哺乳瓶で飲ませることができますが、哺乳瓶に慣れていない赤ちゃんには、ベビー用のマグなどを利用するといいでしょう。

マグに乳首がついていて、取っ手もついているので、飲みやすいでしょう。

夏場は特に赤ちゃんへの水分補給は注意を

夏場は特に注意
夏は特に赤ちゃんへの水分補給が必要な季節です。
よく観察して、水分が不足しないようにすることが大切です。

夏に赤ちゃんに水分補給をする際には、注意したいことがあります。
一つは、涼しい場所であげることです。

夏は体力を消耗しやすいため、乳首から水分を摂取するのは大変です。
暑い場所での水分補給は、飲んでいるだけでも疲れてしまいます。

木陰やクーラーなどのきいた部屋など、涼しい場所で水分を補給してあげることが大切です。

また、冷たいものを飲ませるのは控えることです。
お腹を壊す原因になりますので、常温の水をあげるようにしましょう。

赤ちゃんは水分不足になりやすいものです。
少しずつでも、こまめに水分補給をしてあげることが大切です。

また、お母さんの水分補給もしっかりするようにしましょう。
お母さんが脱水症状になってしまっては、赤ちゃんにとっても困ってしまいます。
自分の体調管理も大切です。

赤ちゃんの水分補給のポイント

赤ちゃんは水分が不足しがちです。
水分補給はこまめに行うようにしましょう。

飲ませる水分は、薄めな麦茶や白湯をあげるといいでしょう。
注意したいのはミネラル成分の入ったお水です。

ミネラル成分が入っているとお腹を壊す原因となるので、控えるようにして、純水を上げるようにしましょう。

また、夏場は特に水分が不足します。
日陰などでこまめに水分補給をすることが大切です。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る