妊婦さんは塩化カルシウム入りのお水を飲んでもいい?

妊婦さんが塩化カルシウム入りの水分を飲んでも問題はありません


塩化カルシウム入りの水分を摂るのは、妊婦さんにおすすめです。

妊娠中は妊婦さんはカルシウム不足になります。

お腹の赤ちゃんの骨や歯を作るためにたくさんのカルシウムが必要になるからです。

妊娠中に虫歯になりやすくなるのもそのためです。

妊娠中のカルシウム不足を補うためにも、塩化カルシウム入りの水分を摂ったり、乳酸飲料を摂ったりして、カルシウムを補給することが大事です。

骨粗しょう症予防のためにも妊婦さんは塩化カルシウム入りの水分が必要

妊娠中もカルシウムが不足しますが、女性は中高年になると骨粗しょう症になりやすくなります。

女性ホルモンのエストロゲンが減少し、骨が形成されにくくなるほか、妊娠・出産でカルシウムを大量に消費することも原因とされています。

妊娠中に塩化カルシウムなど、水分や食事でカルシウムを補給することが、骨粗しょう症の予防につながります。

妊婦さんは塩化カルシウム入り水分などでカルシウムを補給することが大事

妊婦さんは妊娠・出産で大量のカルシウムを消費します。

そのため、骨粗しょう症になりやすくなるのです。

それを防ぐためにも、妊娠中は塩化カルシウム入りの水分を補給したりするなど、水分や食事でカルシウムをしっかりと摂取することが大事です。

妊婦さんのカルシウム補給の方法についてお伝えします。

塩化カルシウム入りの水分など妊婦さんにおすすめの飲み物

塩化カルシウム入りの水分などは、妊婦さんが手軽にカルシウムを補給できる方法です。

妊婦さんがカルシウムを補給するには、食事などで補給する方法もありますが、水分摂取をすることで、手軽に摂ることができます。

水分不足の解消になりますので、カルシウムが含まれている水分を摂るようにしましょう。

妊婦さんにおすすめのカルシウムが含まれている水分としては、塩化カルシウムが含まれる水分ほか、乳製品があります。

ヨーグルトドリンクやミルク、乳酸飲料は、カルシウムのほかミネラルやビタミンも豊富に含まれています。

タンパク質、糖質、炭水化物がバランスよく含まれているのもメリットです。

また、乳製品にはビフィズス菌が含まれ、便秘の解消にもなります。

効率的にカルシウムを摂取する方法

カルシウムを効率的に摂取するには、マグネシウムを一緒に摂取するといいでしょう。

マグネシウムはカルシウムを吸収させやすくしてくれます。

また、ビタミンDもカルシウムの吸収率を高めてくれますので、カルシウムと一緒に摂ることをおすすめします。

ただし、過剰摂取には注意が必要です。

カルシウムを過剰に摂取すると便秘や肌荒れ、吐き気などを引き起こすことがあります。

また、カルシウムの過剰摂取は鉄や亜鉛、マグネシウムの吸収を阻害するといったデメリットがあります。

妊婦さんが必要なカルシウムの量は、1日に900mgです。

これを越えないように摂取しましょう。

さらに、ヨーグルトドリンクなどの乳製品は糖分が含まれていることが多いです。

過剰に摂取すると、太る原因となったり、糖尿病の原因となったりするので注意しましょう。

妊婦さんがカルシウム不足になる理由

体内のカルシウムの99%は骨や歯に蓄積されています。

残りは血液や筋肉、神経などにあります。

血液中のカルシウム濃度は一定になるように働きますので、血液中のカルシウムが不足すると骨や歯に蓄積されたカルシウムが使われます。

妊娠中はお腹の赤ちゃんの骨や歯を作るため、大量のカルシウムを摂取しなければなりません。

上手に補給できないと、お母さんの骨や歯のカルシウムが赤ちゃんに運ばれていくのです。

そのため、妊婦さんが虫歯になりやすくなるなど、骨密度が低下していきます。

妊婦さんは赤ちゃんの成長のために、また自分の骨を丈夫で健康に保つためにも、妊娠中はしっかりとカルシウムを補給することが重要です。

妊娠中は特に、塩化カルシウム入りの水分や乳製品などを意識して摂るようにしましょう。

塩化カルシウム配合の水分を摂らないことで起こる妊婦さんへの影響


妊婦さんがカルシウム不足になると、出産後にも影響します。

骨密度が低下することで、骨粗しょう症になりやすくなり、虫歯になりやすくなります。

赤ちゃんの健康な骨や歯のためにもカルシウムは重要です。

また、カルシウム不足はイライラしたり、腰痛や肩こりの要因にもなったりすることも。

妊婦さんが注意しなければならない妊娠高血圧症になる可能性も高くなります。

妊娠高血圧症になると、血管障害や尿たんぱく、臓器障害などを発症することもあります。

塩化カルシウム配合の水分などで妊婦さんのカルシウム不足を解消しましょう

妊婦さんはお腹の赤ちゃんの骨や歯のためにも、自分が骨粗しょう症などにならないためにも、カルシウムをしっかり摂ることが大切です。

塩化カルシウム入りの水分やヨーグルトドリンク、牛乳などの乳製品を意識して摂るようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る