妊婦がつわりでお茶やお水を飲めない場合はどうする?

妊婦さんがつわりでお茶やお水を飲めないときには氷にすると良いでしょう


妊婦さんがつわりによる吐き気で水分をうまく摂取できない場合は、お水やお茶を氷にして口に含むという方法で改善が見込めます。

氷であれば、口に含みながら少しずつ溶けていくので、体の中に急に入ってくるような感じはしないでしょう。

そのようにして刺激を抑えるなら、つわりによる吐き気をさらに助長してしまうことを避けることができます。

もし、それでもダメな場合には、温めてみたり、炭酸水など少し変わったものを飲んでみたりするなどの工夫がおすすめです。

妊婦さんがつわりでお水やお茶を飲めないままにしておくのは危険です

妊婦さんにとってつわりはかなりきついものですが、だからといって水分の摂取がままならないまま放置していては危険です。

ただでさえ妊娠中は下痢などにもなりやすく、体の水分が失われがちだからです。

そうした状況をそのままにしておくと脱脂症状に陥り胎児の健康状態にも重要な被害をもたらしかねません。

妊婦さんがお水やお茶を飲めない時の対処法と、その重要性

妊婦さんにとって水分の補給は普通の人よりもとても大切なことです。

しかしつわりによって吐き気を催していると、大事な水分を摂取することが困難に感じることがあります。

そこで、水分をどのように摂取するのがいいのか、その方法と、そうする重要性をご紹介します。

なぜ水分補給が必要なのか

妊婦さんが水分を取り入れなければならない理由はたくさんあります。

まずは、血液の流れを良くすることです。

血液の流れが良くないと胎児に十分な栄養がいきわたりません。

そうなると当然、胎児の発育にも大きな影響を与えてしまうことでしょう。

また、脱水症状になると身体の老廃物を体外に排出することも難しくなってしまいます。

そうなると、胎児の環境としてもとてもいいとは言えません。

また、妊婦さんはそれまでの体のバランスが崩れるために、便秘などの症状を起こす場合も少なくありません。

便秘の解消にも水分を十分にとることはとても大切です。

ただし、妊娠中は体温が常に上昇しているために冷たい飲み物がおいしく感じるものですが、お水も冷たくして飲むと体に負担がかかります。

できるだけ常温か、できれば少し温めて、少量ずつ飲んでいくのが体への負担を減らすことができる方法でしょう。

一日に飲んだ方が良いお水の量としては最低でも2リットル以上といわれています。

それまであまりお水を飲む習慣の無かった方にとっては多すぎると感じることもあるかもしれませんが、少しずつ量を増やしていけば、それほどトイレも近くなくなり、それくらいの量を飲むのも当たり前のように感じてくるでしょう。

胎児のためにも十分な量の水分を摂取しましょう。

飲めない時の対処方法

つわりがひどくてお水やお茶といった水分が摂取しにくい時にはどうしたら良いでしょうか。

ひとつの有効な方法としては、氷にして口に含んでおくという方法です。

氷は冷たいので妊婦さんにとっては口に含みやすいものとなるでしょう。

なぜなら妊婦さんの体温は基本的に高いので、冷たいものを欲する傾向にあるからです。

氷を常に口に含んでおくと、ゆっくり溶けていくために体の中に入るころには冷たさも緩和されそれほど体に負担をかけることを心配しなくても良いでしょう。

もしも、氷でもつらいなら、少し温めて白湯にして飲んでみるのもおすすめです。

また人によってはお水を飲むのはつらくても炭酸水であれば飲みやすいという方もいるでしょう。

そうした方法を試しても難しい場合には、ヨーグルトなどの水分の多いものを十分に取り入れて水分不足を補えるかもしれません。

お水とお茶はどちらがいいの?

何とかして水分を取りやすい方法がわかったなら、今度は何を取り入れるかにも注目しましょう。

基本的にはお茶よりもお水がおすすめです。

なぜならお茶にはカフェインが含まれていることが多く、カフェインは体にとって刺激となる成分となるからです。

母体としてはカフェインの処理には問題はないとしても、妊娠中はカフェインの分解速度が遅くなるといわれていますので、体内の赤ちゃんにもカフェインによる負担を与えかねません。

そうなると赤ちゃんの内臓は未形成の部分もありますので、成長に支障をきたす可能性もあるのです。

また、お水を飲む際には、硬水よりも軟水を選んだほうが体への負担を軽減できます。

硬水は腎臓に負担をかけますし、下痢を引き起こす可能性もあるからです。

一番、害を心配することなく安心して飲めるのは純水です。

ほとんど不純物を取り除いたお水ですので、赤ちゃんが誕生した後も安心して料理やミルクに使うことができます。

妊婦さんにとってお水やお茶が飲めない時には改善が不可欠


妊婦さんは血液の流れを良くして胎児にも十分に栄養を届けるためにも、十分な水分を摂取することが不可欠です。

水分がつわりによって取り入れにくく感じる時には、すぐに対処方法を考えましょう。

そのままにしておいて脱水症状になると母子ともに危険です。

工夫次第で水分を取り入れやすい方法が見つかるはずですので諦めないでチャレンジしましょう。

そうするなら、体に不調の出やすい妊娠の時期でも負担を軽減できるはずです。

妊婦さんがお水やお茶を飲めない時には早期の解決を心がけましょう

妊婦さんにとって水分はとても大事なものです。

つわりに負けずしっかりと水分を取っていきましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る