理想的な水分補給の仕方とは?

1日に必要な飲料による水分補給の理想は1~1.5リットルです


人の体に必要な1日の水分量は約2.5リットルといわれていますが、これは飲料水だけではなく食事から摂取できる水分量も含んでいます。

そのため、飲料水から水分補給をするのであれば、1日の水分量は1~1.5リットル程度が理想です。

1日に7~8回、1回にコップ1杯ずつ飲むといいでしょう。

特に、のどの渇きを強く感じるときには、1回にコップ2杯を目安に飲むと1リットル~1.5リットルを飲むことができるのではないでしょうか。

一度に大量の水を飲むのではなくこまめに飲みましょう。

水分が足りない時に、一気に大量に飲んでも効果的ではありません。

こまめに何度かに分けてゆっくりと水分補給していくことが利用的です。

こまめに回数を多くして水をゆっくりと飲んでいけば、体が水分不足を感じませんし、体の巡りも良くなります。

理想的な水分補給のし方は、30分置きにコップ半分程度の水を飲むことです。

今までの水分補給を見直して理想的な水分補給を行いましょう

人のカラダをつくっている大部分は水です。

平均的な体重の成人では約60%が水分でできていますし、幼児や子供では約80%が水分です。

水分を取らないと体調が直ぐに崩れてしまうのはそのせいです。

人間の体の多くが水分を占めるので、摂取する水分にもこだわりたいものです。

理想的な水分補給は朝起きてから

朝、起きたらコップ一杯の水を飲むことをおススメします。

朝起きたときには口の中が渇いていませんか?
睡眠中には多くの汗が体から排出しているので、朝は1日の中で一番水分補給が必要な時なのです。

朝のコップ一杯の水は、体の健康にも最適なのです。

食事時にも水分補給をしましょう。

スープがあれば水分が取れるから水分補給は必要ないと思うかもしれませんが、食事と一緒に水分をとると、消化吸収がスムーズになりますし、水分を取ることでそれほど食べ物を口にしなくても満腹になりやすいので、ダイエットにもおススメです。

日常生活を送っている時にも常に汗はかいています。

また、通勤や通学後や軽いスポーツした後などは多めに汗をかいていますので、欠かさず水分補給を行いましょう。

脱水症状を起こさないためにもこまめな水分補給は大切です。

寝る前にも水を1杯!

睡眠中には大量に汗をかいています。

朝起きたときに、パジャマもシーツもさらっとしているから汗はあんまりかいていないと言う人もいるかも知れませんが、それは汗が蒸発しているだけです。

睡眠中はあなたが思っている以上の量が体内から大量に出ているのです。

睡眠中には500ml~多い時には1リットル程度の汗が出るようです。

睡眠中に多くの水分が奪われてしまうので、寝る前にコップ1杯の水を補給しておきましょう。

水分が血液中に足らなくなると血液はドロドロの状態になってしまいますし、ドロドロの血液は病気を運んできてしまいます。

寝ている間に水分が奪い取られているのですから、寝て起きてからも1杯の水を飲むことを習慣づけておけば、体調不良になることもありません。

空腹時にも水分補給がおすすめ

お腹が空いたと感じたら、コップ1杯の水を飲みましょう。水分補給をすることで、空腹をあまり感じなくなるので、ダイエット中にはおススメの方法です。

穴かが空くとつい食べ物に手を伸ばしがちですが、コップ杯の水を飲むことで空腹感が治まるので、甘いものにも心が動かされにくくなるでしょう。

お腹が空いた時だけでなく、水分補給は1日7回から8回はこまめに行うことが理想です。

女性は特に年齢を重ねると、のどの渇きを感じにくくなってしまいます。

また暑さも感じにくくなるので、体は水分を欲しているのに、水を飲まないでいると体調不良に陥ってしまうでしょう。

健康になりたいなら水分補給です。

身近にウォーターサーバーがあれば、いつでも手軽においしい水を飲むことができます。

適切な水分補給を


1日当たり約1リットル~1.5リットルのお水を飲むことが望ましいと考えられています。

しかし、人によって食べ物の摂取量は違いますので、食べ物から摂取できる水分量も異なります。さらには、尿や汗により排出量も異なります。

1リットル~1.5リットルの水分補給をしなければ理想量ではないと構えることはありません。

この水分量は目安の一つですから、この通りの水分補給しなければ即座に体調を崩してしまうと言うこともありません。

汗を大量にかいたら多めに水分補給するなど、臨機応変に対応しましょう。

人には水が必要不可欠です!

体内の水分量が減っているのに水を飲むことなく放置したままですと、知らないうちに脱水症状になり体が不調をきたしてしまいます。

のどが渇いた時は水が足りないという合図ですから、水分補給は必要です。

毎食中や休憩中など、こまめに水を飲んで必要な水分量を保ちましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る