ダイエットの際にお水のとりすぎはよくないの?

ダイエットの際にはお水の取りすぎがないように注意する必要があります


ダイエットの際にはお水をたくさん飲んだ方がいいという意見もありますが、実際は、お水をとりすぎてしまうと、ダイエットの効果を下げてしまうことにもなりかねません。

一つの理由としては、とりすぎることで水分代謝が間に合わなくなり、むくみなどが生じてしまうということです。

また、体を冷やしてしまうと、体全体の代謝が落ちてしまい脂肪燃焼の効率が悪くなります。

さらに運動をしてダイエットをさらに効率よく行いたいという場合動きにくくなるでしょう。

ダイエットの際にはお水をとりすぎないように注意しよう

ダイエットの際にはお水をとりすぎないように注意する必要があります。

お水にはカロリーがありませんので基本的にいくら飲んでも太ることはありませんが、ダイエットの効率を下げてしまうことはあるのです。

適度な水分の摂取と、摂取する際のタイミングなどに気を配り、ダイエットを成功させましょう。

ダイエットの際にお水をとりすぎないようにするために心がけておくべきこととは

ダイエットの際にはお水について正しい知識を持ち、とりすぎることのないように注意する必要があります。

ではダイエットの効果を最大限に発揮するようどのようにお水を摂取すればよいのでしょうか。

役立つ情報を紹介します。

とりすぎることによる弊害とは

お水はカロリーがありませんので、いくら飲んでも基本的には太りません。

しかし、水太りという言葉もあるように、お水のとりすぎによって体調に悪影響を及ぼすこともあります。

水太りとは、お水によって太ることではなく、とりすぎによって体の中に必要以上の水分が残ってしまっている状態のことを指します。

つまり、身体が水分の代謝に間に合わず、体内に多くの不要な水分を残してしまっている状態なのです。

この状態になるとむくみの原因ともなります。

むくみによって太ったと勘違いしてしまうのです。

とはいえ、体内に水分が必要以上に残っていると、水分代謝ができていない状態ということになりますので、体の代謝機能が落ちていることになります。

代謝が落ちると、脂肪燃焼の効率も悪くなります。

また、血液の流れも悪くなるため、体全体の機能が落ちてしまうともいえるでしょう。

ダイエットの基本はいかに脂肪を燃焼させていくかということですので、お水をとりすぎてしまうとダイエットには逆効果なのです。

いつ飲むのがいいの?

ダイエットのためにお水を飲む場合、1日のうちに出来る限り小分けにして、2リットルほどの水分をとるとよいでしょう。

なぜなら人間の身体は1日に大体2リットル分の老廃物を出すといわれているからです。

ですから老廃物を出し切るためには、そのための水分が必要なのです。

特にダイエットに気を遣う場合、食事の前にコップ2杯ほどのお水を飲むとよいでしょう。

食事の前に飲むことで、ある程度空腹感を紛らわすことができ、食べ過ぎないように自制することができます。

また研究結果によると、カロリーの摂取も制限する効果があるそうで、多いときには90カロリーほどカロリー摂取をカットしてくれます。

ですから、ダイエットの効果を上げたいのであれば、食事の前1日に3回、コップ2杯ずつ飲むことを意識しましょう。

食事の前のほかに寝起きや就寝前などに少しずつ水分を摂取するようにして、1日にトータルで2リットル飲めるようになるとよいでしょう。

⇒運動後の水分補給についてご心配な方は、こちらの記事ダイエット中は運動後にお水を飲むと太るの?をお読みください。

どんなお水が特に効果的なのか

ダイエットのためにはどのようなお水を飲むのが効果的なのでしょうか。

基本的に日本であれば水道水も安全な品質が保たれていますので、水道水でも問題はありません。

お水によっては硬水と呼ばれる種類のものもあり、ダイエットに効果があるという意見もありますが、硬水は人によってはおなかを壊すことがありますのでたくさんの硬水を飲む場合には注意しながら様子を見た方が良いでしょう。

もしも体に何も負担なく水分をとりたい場合には、純水もおすすめです。

純水は不純物をほとんどゼロになるまで取り除いたお水ですから、身体への悪影響を心配する必要はありません。

また、冷たいお水を飲むと身体を冷やすことになります。

身体が冷えてしまうと、代謝が落ち脂肪の燃焼がされにくくなってしまいますので、できるだけ常温で飲むことにしましょう。

こうした点に注意すれば効率よくダイエットができるようにお水を摂取することができるでしょう。

ダイエットのためにお水をとりすぎる問題の原因は?


ダイエットの際にお水をとりすぎてしまいかねない原因となるのは、やはり空腹を紛らわすためというのが一番でしょう。

お水を飲むと確かにお腹は膨れますので、あまり食事をする必要を感じず、結果として原料にはなるかもしれません。

しかし、一度に6リットルほどのお水を飲んでしまうと命に関わることもありますし、お水のとりすぎがかえってダイエットの邪魔をしてしまうことも十分考えられますので十分に注意しましょう。

ダイエットの際にお水をとりすぎる危険性を意識しておきましょう

ダイエットの際にお水をとりすぎるのは危険です。

どのくらいの水分をいつ、どのように摂取するのか十分に計画してダイエットを実行しましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る