便秘のときの水分の摂り方は?

便秘の水分の摂り方は、必要量を補給するようにします


沢山水分補給すると、便を柔らかくして、排便しやすくしてくれます。

人間には1日およそ2Lの水分が必要だと言われており、正確には体重に40mlをかけると必要量となります。

例えば40kgの人なら40kg×40mlで1,600mlです。

ただ食事でも食べ物に含まれる水分を補給することができるので、食事からは500mlぐらい補給できます。

このために、先ほどの体重が40kgの人であれば、残りの1,200mlを飲み物から摂取すればいいことになります。

便秘での水分の摂り方は、利尿作用のある飲み物は避けます

沢山水分補給すれば、それだけ腸の動きを活発にして、便も水分を含み軟らかくなり、排便しやすくなります。

しかし、飲み物としてどのようなものでも、良いというわけではありません。

コーヒーやお茶などカフェインの含まれる飲み物は利尿作用があり、尿として水分を沢山排出します。

このために、飲むならば何も含まれないお水が一番です。

効果的に水分補給をしましょう

便秘には水分補給が良いですが、飲み物をどのように飲んでも良いというわけではありません。

できるだけ、便秘解消を促すような飲み方をすると、便秘に良いです。

常温のお水を飲みましょう

便秘解消のための飲み物としては、カフェインや砂糖、アルコールなどの含まれないお水が一番です。

ただ水道水だと塩素やカルキが含まれており、あまり美味しくないと感じる人もいるでしょう。

そのために、飲むなら塩素など含まれないピュアウォーターが良いです。

しかし、冷蔵庫などで冷やした冷たい状態で飲むのは、身体を冷やすので、あまりおすすめはできません。

冷たいお水は、身体を冷やして内臓を冷やし、身体の機能を低下させます。

また腸を冷やすと、善玉菌の働きも低下させてしまいます。

できれば、夏などの暑い時期でも、キンキン冷やしたお水よりは、さすがにお湯は大変なので、常温ぐらいのお水を飲んだ方が良いです。

飲むなら常温以上のお水が良く、室内において室温ぐらいにして飲むか、またはヤカンなどで沸かして白湯として飲むのが、身体にも良いです。

お水をそのまま飲むのは飲みにくいというならば、レモンやフルーツで味付けしても良いでしょう。

少しずつお水を飲みます

お水は1日に必要な量を飲むようにしますが、1度に沢山を飲んでも、身体には十分に吸収されません。

身体には1度に吸収できる水分の量に限界があります。

例えば、1回に1Lを一気に飲んだとしても、小腸ではすべて吸収できず、吸収できない分は、そのまま尿として出ていってしまいます。

一気に飲むのは、無駄になる分の水分があるので、少しずつお水は飲むようにしましょう。

コップ1杯程度のお水を、少しずつゆっくりと飲むのが良いです。

このために、1日に必要な水分を摂取しようとすると、こまめに飲むと、必要な分だけ摂取できます。

食事のときや、休憩のとき、お風呂上がりや、起きた後や眠る前などに飲むようにするのです。

また、汗をかいたときは、余計に身体から水分が出ていくので、意識して多く飲むようにします。

食物繊維を食べるとより効果があります

便秘の原因の1つとしては、便が硬いということがあります。

便が硬いと排便しにくくなるので、水分を補給し便を軟らかくしてあげます。

そして、排便を助ける役割のあるものとして、食物繊維があるのです。

食物繊維も、便秘に良い食べ物として、有名でしょう。

食物繊維は、腸に届くと、便の量を増やして腸を刺激する、また水分を吸収して柔らかくするという効果があります。

このために、水分も一緒に摂取すると、より効果があるのです。

食物繊維は、芋類や豆類、海草類などに多く含まれており、食べると消化されず腸に届きます。

水分補給と一緒に、食事に食物繊維の多い食べ物も意識して食べるようにすると、良いでしょう。

芋や豆などがそのままで食べにくいなら、スープや味噌汁にすると、水分も食物繊維も一緒に摂取できます。

少しずつ量を増やします


今まで水分補給の習慣の無い人が、急に1Lや2Lのお水を飲むというのは大変です。

まずは少しずつお水を飲む量を増やすようにして、少しずつ習慣づけていきましょう。

徐々に1日に必要な水分を飲めるようにしていくのです。

水分補給を沢山行なえば、新陳代謝も良くなるので、身体の調子も良くなり、便秘も少しずつ解消できるしょう。

水筒などでお水を常に用意して持ち歩けば、いつでも飲むことができて、お水を飲む習慣もついていきます。

また、喉が渇いたと思ったら、我慢せずにお水を飲むようにしましょう。

身体に吸収されるように飲みます

水分補給は、身体を機能させ、便秘解消にもなります。

しかし水分補給は喉を潤すばかりでなく、身体に吸収されるように飲まないとなりません。

身体に吸収されるように、少しずつお水は飲みましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る