水分不足は減量に良くないの?

水分不足は減量の効果を低下させます


ダイエットして減量しようとおもう方は、水分は太るので出来るだけ飲み物を飲まないでいる、という方もいるかもしれません。

しかし飲み物でも、お水であればノンカロリーなので、飲んでも太ることはありません。

体には汗や血液など、多くの部分で水分が使われており、水分が体の元になっています。

水分は体の代謝機能に関わっており、水分不足の体は、代謝機能を下げることになるので、結果として減量の効果も下げてしまいます。

水分不足は代謝を下げて減量しにくくします

代謝とは体でエネルギーを使い、不要なものが排出されるということです。

代謝によって食べ物で摂取した栄養をエネルギーとして使う、新陳代謝、体内の老廃物や水分の排出などを行っています。

水分不足は代謝機能を下げてしまい、それは減量効果を下げるのです。

たとえば代謝が悪いと、体内に余分な栄養を蓄えて、脂肪にしやすくしてしまいます。

減量に水分を活用していきます

減量を行うならば、カロリーに注意する、運動をするなど行うことでしょう。

その中でも、水分補給を行っていき、代謝のことを考えると、より効果的に減量を行えます。

お水を飲むようにします

水分補給のための飲み物というと、お茶や珈琲、ジュース、さらにはお酒も飲み物です。

しかし減量を行っている方であれば、体に負担をかけない、飲み物を選ぶべきでしょう。

まずは珈琲やジュースは、砂糖が入っているので、カロリーがあり沢山飲まない方が良いです。

あまり飲み過ぎると糖尿の危険もあり、体に悪影響を及ぼします。

お酒はアルコールが入っており、飲むと肝臓でアルコールを分解する必要があるので、体に負担がかかります。

沢山飲むとアルコール中毒などの危険もあり、やはり体に負担です。

お茶には砂糖もアルコールも含まれていませんが、カフェインがあるので利尿作用が強く、摂取した水分を体から排出する効果をもたらします。

体に水分を吸収させるならば、何も含まれていないお水を飲むのが良いでしょう。

お水なら、飲んでも体に負担とはなりません。

お茶でも良いですが、お茶ならカフェインの含まれない、麦茶などを飲むと利尿作用が無いです。

体のコンディションに合わせて水分補給します

水分補給はいつでも行って良く、どんどんお水を飲んでいくと良いです。

ただし1度に、1Lや2Lも大量に飲むと、体で吸収できない分が出来てしまい、吸収できないお水はそのまま尿として出てしまいムダになります。

また体のコンディションに合わせて、その中でも意識してお水を飲むようにします。

たとえば運動した時、便秘になっているとき、朝起きたときなど、このような水分を必要とするときにも、お水を飲むようにしましょう。

汗をかいたときも、水分が体から失われるので、お水を飲むようにします。

喉が渇くという場合は、すでにそれは体から水分が失われている証拠なので、喉が渇く前にお水を飲むようにします。

1日の中で、こまめにお水を飲んでいけば喉が渇くことがないので、タイミングを見ては飲むようにすると良いでしょう。

食事の時などにも、お水を用意して水分補給を行っていくと良いでしょう。

飲み物の温度を考えます

お水を飲むならば、通常は冷たいままで飲むことが多いですが、時には温めて飲んでも良いです。

温めて飲むならば、電子レンジで温めるほかに、ヤカンなどで沸かして白湯にして飲むという方法があります。

その時々の気温に合わせて、お水の温度も変えると良く、寒い日や冷房の効いている部屋で冷たいお水を飲むと、内臓を冷やして代謝を低下させてしまいます。

このような時であれば、白湯など温かいお水を飲んだ方が良いです。

また日頃から冷え性で体が冷えやすいような人も、温かいお水を飲むようにしましょう。

夏の暑い時期であれば、冷たいお水でも良いですが、あまり冷たすぎるとやはり内臓を冷やすので、飲む量を考えるかお水の温度を考えるようにしましょう。

常温程度の熱すぎないような温度のお水にして飲んでも良いかもしれません。

お水を工夫して飲もう


喉が渇くとお水を飲むかもしれませんが、中には喉があまり渇かない、お水は味がないので飲みにくいという方もいるかもしれません。

お水のままでは飲みにくいという方は、味を付けるなどして工夫して飲むと良いでしょう。

たとえば、カフェインの含まれないお茶にして飲むという方法があります。

その他には、ハーブやレモンなどを加えて、味を付けて飲んでも良いでしょう。

お水を飲みやすくすれば、沢山飲むこともでき、水分不足も防げて、減量の効果も高められます。

お水を飲んで水分不足を防ぎましょう

水分不足を防ぐには、飲み物を飲むしかなく、お水を沢山飲むようにすると良いです。

毎日の生活の中で朝起きたときや食事時に飲むようにして、コップにお水を入れて用意するなどして、飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る