水分不足と食べ過ぎの関係性

食べ過ぎの抑制において水分不足は注意すべきポイントです


ダイエットにおいて、水分補給は欠かせない存在といわれています。

水分不足になると、太りやすくなってしまうためです。

ですが、だからといって摂り過ぎるのもあまり理想的とはいえません。

水分不足にならないようしっかり摂りつつも、適切な量を守ることが欠かせないのです。

また、食べ過ぎは水分不足以外が原因で起こることも少なくありません。

ポイントを押さえた正しい食事の仕方で、効果的なダイエットに繋げてください。

必要以上に食事を摂り過ぎてしまう

ダイエットに十分な水分補給が適している理由は、水分でお腹を満たすことができるためです。

カロリーの少ない水分であれば、多めにとっても肥満に繋がることはありません。

一方で水分不足の場合は、食事のみで空腹を満たすことが重要となるため、つい食べ過ぎてしまいがちになってしまいます。

だからこそ、しっかりとした水分補給が大切なのです。

水分不足による食べ過ぎの防止方法

水分不足が原因で食べ過ぎになりやすいなら、水分を多めに摂ることが効果的であると感じられるでしょう。

確かに、胃の中を食事以外で満たせるため、この考え方は間違っていません。

ですが、だからといってむやみやたらに水分を摂って良いかといえば、そうでもありません。

効果的でな水分補給の方法を知って、健康的に食べ過ぎを予防しましょう。

水分を摂取するタイミングが大切

食べ過ぎの防止に十分な水分が重要とはいえ、いつ摂取しても良いというわけではありません。

適切なタイミングでしっかり摂ることこそが、効果的な食べ過ぎ防止に繋がります。

おすすめは、食事中以外です。

お腹を膨らませて食べ過ぎを防止するなら、食事中こそが水分摂取に適したタイミングに思えるかもしれません。

ですがこの考え方は間違いで、むしろ食べ過ぎを後押ししてしまうことにも繋がります。

そのため、食事以外のタイミングにしっかり水分補給しておくよう心がけてください。

具体的なタイミングとしては、食事をする30分前、そして食後3時間経過以降と意識しておきましょう。

結構食事との間隔を空ける形となりますが、これこそがポイントとなっています。

特に食前の水分摂取については、あらかじめ空腹感を抑えることに繋げられるので、食べ過ぎを防ぐなら進んで摂っておくべきでしょう。

食事中の水分摂取を避けるべき理由

食事中に水分を摂れば、満腹感と食の進みやすさを同時に後押しでき、一見理想的でもあります。

それでも避けるべきである理由は、消化の力を弱めてしまう可能性があるためです。

体内にはさまざまな消化器官がありますが、中でも主要な部位は胃です。

胃の消化によって、食事を分解してしっかり栄養を摂り込むことに繋げられます。

ですが、食事中に水分を摂り過ぎてしまうと、胃酸が薄まってしまうため、消化が不十分になってしまいかねません。

そうなると、消化が不十分な食べ物がスムーズに体内を通過することができず、体内で留まってしまい、代謝のメカニズムを低下させてしまいます。

また、少ない咀嚼で食べ物を飲み込めるという点もデメリットとなってしまいます。

十分な咀嚼は、脳に満腹感を与えますが、これが不十分な場合、満腹であったとしても満足できず、結果として食べ過ぎを起こしてしまいかねません。

消化不足と食べ過ぎ、これらふたつのデメリットが生じないよう、食事中の水分は極力抑えるべきです。

食べ過ぎ予防に適した水分とは

水分といっても、さまざまな種類があります。

では、食べ過ぎを予防するために飲む食前食後のものには、どういった種類が理想的なのでしょうか。

おすすめは、純粋なお水です。

カロリーから添加物までほとんどゼロに近いので、肥満を気にすることなくお腹を満たせます。

また、中でもミネラル分の抑えられたお水はさらに理想といえるでしょう。

食前や食後3時間経過以降における空腹状態のお腹にとって、ミネラルが刺激となってしまう場合もあるためです。

ミネラルの低い軟水やピュアウォーターを選んで、安全な水分補給をおこなってください。

食べ過ぎ防止の水分不足対策はタイミングに気をつける


ダイエットに十分な水分が有効という知識は、広く紹介されています。

ですがだからといって、いつ何を飲んでも良いというわけではありません。

食前30分前や食後3時間経過以降のタイミングで、摂取するよう意識しましょう。

なぜなら、食事中の水分摂取は消化を妨げる、咀嚼を不十分にさせるといった、食べ過ぎや肥満に繋がるデメリットが生じるためです。

また水分も、カロリーのない純粋なお水を選ぶよう心がけてください。

食べ過ぎ防止には適切な水分摂取をしましょう

水分摂取がダイエットに有効とはいえ、食事中はあまり飲まないよう気をつけるべきです。

せっかくの水分が、逆に食べ過ぎや肥満の原因ともなりかねません。

食事中を避けた正しい摂り方で、効果的なダイエットを目指しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る