水分不足と体温の変化に関係ありますか?

水分不足で血行が悪化したことで体温が下がります


人間の体の大半は水分でできています。

健康を維持するためにも、水分不足にならないようにしていく必要があるでしょう。

血行を維持するためにも、血流を良くしていかなければいけませんが、水分不足になると、血液はどろどろになり、血行の悪化を招きます。

血液の悪化で、末端まで廻らなくなり、体温が下がり冷え性にもつながってしまうのが問題です。

基礎代謝も下がることになり、栄養も全身にいきわたらなくなることを考えると、水分不足にならないようにしなければいけません。

水分不足に体温上昇が起きます

体温の考え方として、人間の体は絶えずポンプの役割の心臓が動くほか、意識しないでも自律神経がつかさどって、筋肉が働いています。

熱も出してくるようになりますが、これを発汗によって調節するのが重要です。

発汗不足になると、熱は蓄積され、体温はどんどんと上がっていき、40度を超えると多臓器不全まで引き起こす可能性が出てきます。

水分不足は大変危険だといえるでしょう。

水分不足にならないように管理しましょう

適切な体温に保つためには、水分不足は天敵といっても過言ではありません。

血流の悪化が招く体温の変化も、水分補給をすれば対策できるからです。

ですが、何でも水分を取ればいいというわけではありません。

健康な状態を保つためにも、適量の水分を補給して行く必要があるでしょう。

体温が上がっても下がっても、人間の体にはリスクが生じてしまいます。

そうならないように、適切な管理をしていくことが求められるからです。

体温が下がってしまう危険

体温が変化してしまうと、どんなことが起きるのかを考えなければいけません。

人間の体には、さまざまな臓器や筋肉といった組織が存在し、これらが正常に動いていなければ、生命活動に支障が出てしまうからです。

体温が下がってしまった場合、基礎代謝が減少して行きます。

エネルギーを作り出し、体を巡らせることになりますが、まず作り出しにくくなっていくのが問題です。

燃料としてブドウ糖を燃焼させ、次に脂肪を使っていきますが、基礎代謝の減少により、機能が低下し、体を守るためにブドウ糖も脂肪も蓄積していきます。

危険だと判断しているためであり、エネルギーを蓄えて対応しようとするため、ダイエットを考えている人には良くない状態といえるでしょう。

体温が下がれば、血流が悪化し、細胞は水分代謝がおこなえません。

必要以上の水分が存在することもありますし、水分が供給されず水分不足になることで、内臓などにも影響が出ます。

体の隅々まで血液が流れなくなることで、冷え性になるだけではなく、肌荒れを感じたりもするようになっていくため、大きな影響を与えることになるでしょう。

水分不足が汗をかけない状況に

人間の体は、知らず知らずでも汗をかいていきます。

暑いと感じるような室温ではなくても、一定量は汗をかくことが重要です。

水分不足になってくると、この発汗ができなくなり、体温調節機能がくるってきます。

体温の低下の場合と逆の流れになりますが、上昇しやすい状況を作り出してしまうことが、熱中症の原因のひとつです。

特に室温が高まってきているときに、こうした水分不足が起これば、非常に危険な状態になるでしょう。

最低限でも、1リットル程度の水分がなければならず、不足していけば危険性が高まります。

こまめな水分補給がポイント

水分不足で変化した体温は、適切な水分補給をおこなっていけば、解決できます。

一般的に、1.5リットルから2リットルの水分を摂取する必要があり、これをこまめに補給していけば、水分不足の危険性は大幅に下がることになるでしょう。

ただし、水分を摂ればいいというわけではなく、できれば適温にしておくことが必要です。

室温に対して5度前後のものにすると、体も吸収しやすくなります。

冷えを感じているときには、できれば暖かくして、逆に暑いときなら少し冷たくするといいでしょう。

これも、過剰に変化させないでおくことがポイントです。

1回に大量に摂取しても、排出されて終わってしまうため、こまめに繰り返して補給することが重要になってきます。

摂取する水分の種類は、できるだけお水やスポーツドリンク、ミネラルが豊富な麦茶がいいでしょう。

お水は不純物が入っていないことから、体に取り入れても吸収がしやすくなっているため、だれでも安心して水分不足を解消できます。

健康に影響を与える大きな問題を持ちます


体温を変化させるということは、必ず健康に問題を発生させます。

体調不良になるだけではなく、もっと深刻で健康な生活を送れなくなってくるからです。

現代人は水分不足の傾向が強く、吸収効率の悪い飲み物も多く、平均体温も下がってきています。

免疫能力も低下してくるようになるため、健康を考えれば改善させることは大切です。

病気のリスクを下げていくためにも、水分補給をマメにしていくことが必要といえます。

健康も考えて水分不足解消へ臨みましょう

水分不足のリスクは、お水のようなものをマメに摂取していけば解消できます。

慣れてしまえば難しくありませんし、さまざまなメリットをもたらしてくれますので、健康を考え始めてみましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る