【保存版】ダイエット中の水分補給は麦茶でもいいの?

麦茶は血行促進などの健康効果も期待でき、適量であればダイエット中の水分補給におすすめです


ダイエット中は代謝アップによる脂肪燃焼を目指すため、適度な水分補給が必要です。水分補給にはノーカロリーの麦茶も適量であれば良いとされています。

麦茶には血流を促す、内臓機能を高めるなどの様々な効果があり、ダイエットにも適していると言われています。コーヒーのように覚醒作用のあるカフェインを含んでおらず、身体に良い飲み物としても知られています。麦茶の正しい摂取方法や量などを知って、生活にうまく取り入れてみましょう。

麦茶は健康にもダイエットに適しているお茶です

麦茶を飲むことで得られる効果としてい言われている血行促進は、実はダイエットを心がけている人にとってはとても大切な要素となってきます。血流の良し悪しは基本的な体の健康状態だけでなく、代謝のアップとそれに伴う痩せ効果や太りにくい体作りにもつながってくると言われているのです。

健康にもダイエットにも適している麦茶

飲み物の種類というのはそれこそ無限にあると言っても過言ではないでしょう。お水自体をたくさん飲む人もいれば、麦茶をはじめとしたお茶類、そしてコーヒーやジュース、スポーツドリンクなど人によって様々です。

そのような中で麦茶という飲み物はわたしたち日本人の生活のなかでとても一般的で手軽な飲み物として知られています。この麦茶には、実は胃の粘膜を守ってくれる働きがあったり、血行を促進してくれる働きがあったりと、意外な効果がたくさんあります。

さらに抗酸化作用が高いことにより生活習慣病を予防するのにも適していると言われているのです。ですからダイエット中でもそうでなくても、麦茶を定期的に飲むことには一定の効果やメリットがあると言えるでしょう。

血行促進や代謝アップなどの効果を期待することが出来ます

麦茶に血行を促進する効果があるというのはわかりましたが、なぜこれがダイエットをしている人にメリットがあるのでしょうか。ダイエットをしたい人の最終的な目標は一時的な体重の減少ではなく、太りにくくて痩せやすい健康な身体作りではないでしょうか。そのような身体作りには代謝アップが欠かせません。

身体の血行が良くなることによって基礎代謝がアップすることにもつながり、それによってダイエットしやすい、そしてリバウンドしにくい身体作りへとつながるというわけです。そのため、麦茶を飲むことだけでなく、適度な筋トレなどで筋力量を増やし基礎代謝を高める努力をするならば、さらにダイエット効果が上がると言えます。

麦茶の効果・効能

麦茶にはカリウムなどのワカメなどに含有するミネラル分が豊富に含まれています。カリウムには体温を下げる作用もあり、塩分も補給できるので夏バテや熱中症予防、疲労回復にも効果的です。さらに、アルキピランジンという血流を促す成分も含まれています。血流を悪くするカルシウムイオンの働きを抑制してくれるので、血流がスムーズになるのです。

また、麦茶には注目のGABAという成分が含有しています。GABAは、腎臓機能の向上や高血圧を招くナトリウムの排出、中性脂肪やコレステロールを減らすなど血液をサラサラにする様々な効果があります。

他にも麦茶には食物繊維が豊富に含まれるので、便秘解消やデトックス効果にもつながるでしょう。また、むくみ改善や殺菌作用による歯の健康維持にも良いとされています。

麦茶を飲む時は温度や飲み方などの注意点を守りましょう

夏場の冷たい飲み物は注意が必要

麦茶というとどうしても夏場にキンキンに冷蔵庫で冷やしてグイグイと飲むというイメージがあるかもしれません。確かにそうした場面での麦茶はとてもおいしいのですが、冷たく冷やした麦茶の飲みすぎには注意が必要です。

麦茶にはほてった身体を冷やすという効果もあります。冷たい麦茶を飲みすぎてしまうとこの効果がマイナスの方向に作用し、身体を冷やしすぎてしまう可能性があります。

麦茶に限らず冷たい飲み物の過剰摂取は身体にとって負担が大きいため、冷たい麦茶を一気にコップ何杯も飲むような飲み方は避けて、コップ1杯分ずつくらいにしたり、常温の麦茶を飲むようにしたりするなど工夫をするようにしましょう。

また麦茶には利尿作用もあるので、飲みすぎると尿の量が増え、水分不足に陥る場合もあるので注意が必要です。

キレイなお水で麦茶を作りましょう

麦茶を作る時に使用するお水にも気を遣いましょう。水道水やミネラルウォーターを煮沸してから麦茶を作って、それを冷やすという方もいますが、もっと手軽にキレイなお水で麦茶をすぐに作りたかったらウォーターサーバーがおすすめです。

麦茶にも、煮出し用、水出し用など用途によった麦茶パックなども出ているのですぐに麦茶を作ることが出来ます。ウォーターサーバーであればいつでもクリーンなお水が使えますし、麦茶を作るにもお料理に使うにも、また飲料水として使うにも使い勝手が良いです。

お水ダイエットでたくさんお水を飲むようにしている方にとっては、ウォーターサーバーがダイエットの強い味方となってくれるのではないでしょうか。一口にウォーターサーバーといってもお水の種類は様々なため、お水の質や種類にまで気を配るようにしましょう。

麦茶はダイエット中のカロリーコントロールにも役立ちます

カロリーの高い飲み物を減らす

ダイエット中には適切なカロリーコントロールが大切になってきます。食べる物や量を制限するというのは多くの人にとってかなりの挑戦になるものですが、せっかく食事やおやつの面で自制を働かせているのに、飲み物でカロリーの高いものを選んでしまって無駄にカロリーを摂取してしまうことは避けたいでしょう。

ダイエット中にはカロリーが多く含まれるような商品は避けて、お水や麦茶などカロリーがない、もしくは少ない飲み物を選ぶようにしてカロリーコントロールしましょう。ただ、いきなり生活習慣を変えようと思っても、ストレスになる場合もあるので、無理をせず自分のペースでコントロールしていくようにしましょう。

ダイエット中もしっかりと水分補給をしましょう

時々お水の摂取を控えて身体の水分量を減らして体重を減らそうとする人がいますが、基本的には素人がこうしたタイプの減量をするのはリスクがあると言えるでしょう。あくまでしっかりとした水分補給が健康的なダイエットにつながります。

(まとめ)ダイエット中の水分補給は麦茶でもいいの?

麦茶は血行促進などの健康効果も期待でき、適量であればダイエット中の水分補給におすすめです

麦茶には疲労回復や夏バテに良いカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。更に、中性脂肪などを減らすGABAやお通じを促す食物繊維、血流をスムーズにするアルキピラジンなどの成分も含有しており、ダイエットに効果的な飲み物だとされています。

麦茶を飲む時は常温でコップ1杯ずつこまめに飲むことが大事です。カフェインの含まれる麦茶の飲みすぎは利尿作用により水分不足になるので注意してください。不純物が少ない天然水を提供するウォーターサーバーを使えば、いつでも安全でおいしいお水で麦茶が作れるのでおすすめです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る