目の下くまは水分不足が原因なの?

水分不足でたるみが起こり目の下のクマが生じるといえます

ミネラルウォーターはニキビ悪化を防止する
目の下にクマができていると、元気さがない、実年齢よりも老けて見えるなどのデメリットが生じます。

目の下に黒っぽい、グレーがかったクマができているのであれば、目の下の皮膚のたるみが関係しているといわれています。

皮膚がたるむことで影ができ、その影が黒くなって、クマとなるわけです。

たるみの原因はいくつかあります。

その中の一つに肌の水分不足も関係しています。

水分不足の状況が続くと、目元のたるみに拍車をかけるからです。

水分不足以外では腎臓や肝臓の衰えもあるかもしれません

先ほども紹介したように目の下にクマがあれば、水分不足の起きている可能性があります。

ですから意識して水分を十分摂取すれば、目の下のクマも薄くなるかもしれません。

しかし、もし水分を十分飲んでもクマが消えないようであれば、肝臓や腎臓の機能が衰えているかもしれません。

その場合にはデトックスなどで肝臓や腎臓の機能改善をすることが先決です。

目の下のクマ対策は水分不足対策

このように目の下のクマの原因の一つに、慢性的な水分不足があります。

目の下のクマを消したければ、水分補給を意識して行わないといけません。

そこで具体的にどのように水分を補給すればいいかについてみていきましょう。

もともと皮膚が薄く乾燥しやすい目元

目元はもともとほかの部位と比較して、皮膚の薄い傾向があります。

通常皮膚の厚みは2~3mm程度あります。

しかし顔の皮膚は1.5~2mm程度で薄く、さらに目元になると0.6mm程度とさらに薄くなっているのです。

目元の皮膚はほかと比較して、かなりデリケートな存在なのです。

ですから皮膚の保水能力が他と比較するとどうしても劣ります。

このため、水分が蒸発しやすくて、乾燥しやすい環境にあります。

もし目の下のクマが気になっているようであれば、目元のスキンケアをしっかり行った方がいいでしょう。

とくに目元のケアをするにあたって、保湿に力を入れることが重要です。

目の下のクマ対策のための保湿方法は?

このように目の下のクマ対策をするためには、目元のスキンケアに力を入れる必要があります。

とくに保湿対策を行うことが大事です。

おそらく多くの人はお風呂上りなどに化粧水や美容液を使って、保湿ケアを行っているでしょう。

しかしこのようなフェイスケアとは別に目元の保湿ケアも行った方がいいのです。

スキンケアグッズを見てみると、目元専用の美容液が販売されています。

こちらを目の下のクマの気になる部分にたっぷりつけていきましょう。

ただし美容液だけ塗ってもいずれ蒸発してしまい意味がありません。

そこでアイクリームがありますので、こちらを塗ってふたをして蒸発を防ぐのがおすすめです。

また目元のケアを行う前には洗顔をしっかり行って皮膚をきれいにすることです。

外出する際にウォータープルーフなどのマスカラを使っている人もいるでしょう。

その場合には専用のリムーバーなどを使ってきれいに落とすように心がけましょう。

体の外からではなく内面から水分補給することも大事

今まで体の外側から水分補給して、目の下のクマ対策をする方法を紹介しました。

しかしそのほかにも内部から水分補給して乾燥しにくい環境にする方法もあります。

内部からの水分補給とは具体的に、飲み物から摂取する方法です。

一般的に1日当たりの人間は2.5リットル程度の水分が出ていくといわれています。

ですからこれだけの水分を補給する必要があります。

とくに夏場になると汗を大量にかくことも多くなりますから、意識して水分摂取したほうがいいわけです。

ただし私たちは飲み物のほかにも、食事などで水分を摂取することは可能です。

そこでだいたい1日1.5リットルの水分を補給するように意識しましょう。

1度に1.5リットル飲むのはさすがにムリがあるでしょうから、こまめに水分摂取することが大事です。

コップ1杯のお水でも8回前後摂取すれば、1.5リットルの条件をクリアできます。

朝起きた時や眠る前、食事の前後などこまめにのどが渇いていなくても飲む習慣をつけることです。

40代を超えてきたら目の下のクマに注意が必要


目の下のクマは以前も紹介したように皮膚のたるみが原因の一つです。

このため、年齢を重ねれば重ねるほど起こりやすくなります。

目の下のクマは40代以上になると多く見られる現象です。

いわゆるアラフォーの世代に差し掛かっているのであれば、目元のケアを今まで以上に入念に行った方がいいでしょう。

そのほかにも表情筋のエクササイズをする方法も有効とされているので、空き時間に実践してみましょう。

目の下のクマは適正なスキンケアで対策できる

目の下にクマができると、どうしても不健康そう、老けて見られるなどマイナス面ばかりです。

化粧で隠している人も多いでしょうが、水分不足をカバーすれば悩みを解決できる可能性があります。

保湿ケアやこまめに水分摂取するなどで、目の下のクマ対策を進めていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る