ダイエットの水分補給はスープでもいい?

ダイエット用の野菜スープは水分補給もできておすすめです


ダイエットで食事制限する際に、水分まで制限するのは良くありません。

水分補給しながらダイエットするならば、ダイエット用の野菜スープを中心にします。

これは脂肪燃焼を目的としたスープであり、野菜スープを中心として予め決められたメニューを食べるというプチ断食を取り入れた方法です。

お腹が空いてもスープなら制限せず飲んでも良く、比較的に空腹などのストレスを軽減できるといえます。

食事をスープに置き換えると低カロリーで痩せやすくなり水便補給もできるといえます

野菜スープは低カロリーであるので、痩せやすくダイエットに適しているといえます。

たとえば、野菜スープを3リットル作って食べたとしてもカロリーは多くても700キロカロリーほどしかありません。

成人女性ならば1日2000キロカロリーほど必要といわれていますが、野菜スープ中心の生活にすると、1日300キロカロリーほど抑えることができます。

ダイエットするには1週間で5日間を野菜スープにします

野菜スープでダイエットに取り組むならば、1週間などと短期間実行します。

そして1週間の中で、5日間は野菜スープ中心として、残りの2日間を肉なども取り入れていきます。

毎日野菜スープを作るというのが手間だという方は、最初に沢山作って、保存して食べる分だけ取り出せば簡単です。

野菜スープを使ったダイエットではルールがあります

野菜スープを使ったダイエットでは、何をしても良いとは限らず、スープ中心の食事にはルールがあります。

このルールを守ることで、短期間で脂肪燃焼を可能とするのです。

野菜スープはいつでも好きな量を飲んで食べて構いません。

そして1週間7日分のレシピを予め考えて、スケジュールを立てて、そのスケジュールに沿った食べ物を食べます。

食事ではパンや揚げ物などの小麦を使った食品は食べてはならず、これはお菓子なども含まれます。

また、砂糖などの甘味料を食べてはならず、野菜や果物の果糖は構いませんが、砂糖や人工甘味料は食べてはいけません。

飲み物としては、水やお茶、砂糖を入れない珈琲や紅茶、野菜や果物のみの100%%ジュースを飲み、砂糖の入っているジュースなどは飲んではいけません。

炭酸飲料やアルコールも飲んではいけません。

1週間の中では肉や魚を食べる日もありますが、肉は牛肉や脂身の少ない部分、油で炒めない鶏肉や煮魚を食べます。

野菜のみを使った野菜スープを作って食べます

1週間の野菜スープでのダイエットでは、脂肪燃焼スープと呼ばれる野菜のみのスープを作ります。

材料や作り方は以下の通りです。

材料
  • キャベツ 1/2個
  • 玉ねぎ 大3個
  • ピーマン 大1個
  • セロリ 1/2~1本
  • チキンスープの素 1個
  • ホールトマト 1缶
作り方
  1. 野菜をそれぞれ一口大に切ります
  2. 大きな鍋に、それぞれ切った野菜とチキンスープの素、ホールトマトを入れ、水を野菜が隠れるまで入れて、10分程度火に掛けます
    好みに応じて煮込んでいき、時間をかけて煮込む場合は、途中で水が減ったら足しておきます
  3. 最後に塩胡椒で味付けし、好みに応じてカレーパウダーやチリソースなどを加えても構いません。

1週間分をまとめて作る場合は、密閉容器やファスナーつきの袋などに一食分ごとに分けて、冷蔵・冷凍保存します。

食べる場合は解凍して火に掛けて温めると、雑菌が繁殖する心配がありません。

1週間食事のレシピを決めて、それに沿って実行します

野菜スープを使ったダイエットでは、以下のようなスケジュールで行ないます。

これはプチ断食となりますので、あまり長い期間で行なうと体を壊す恐れがあるため、あくまでも短期間で行ないましょう。

1日目 : スープとフルーツのみ

フルーツはバナナ以外は何を食べても構いません。

2日目 : スープと野菜のみの日

油を使わないなら野菜の調理法は自由であり、夕食にベイクドポテトを食べても構いません。

3日目 : スープとフルーツと野菜

この日はベイクドポテトは食べてはいけません。

4日目 : スープとバナナ、スキムミルク

バナナは3本、スキムミルクは500mリットル、お水を多めに飲みます。

5日目 : スープと肉とトマト

豚肉、皮なしの鶏肉、煮魚、牛肉を350g~700g食べて、トマトは6個まで食べて良いです。

6日目 : スープと牛肉と野菜

牛肉の量に制限はなく、最低1杯の野菜スープを飲み、ベイクドポテトを除く野菜を食べます。

7日目 : スープと玄米と野菜とフルーツジュース

玄米であれば好きなだけ食べて良く、フルーツジュースは必ず100%のものを飲みます。

タンパク質が不足するため肉やプロテインで補います


野菜スープでのダイエットでは、野菜中心であり、それ以外の栄養は不足してしまいがちです。

特にタンパク質は筋肉を作るため、毎日活動するには必要不可欠です。

そのために、肉を食べる日には、できるだけ意識して肉を摂取しましょう。

特に赤身の肉はタンパク質が豊富でおすすめです。

1週間の中では2日ほど肉を食べる日があるので、その日に特に意識して肉を食べます。

豆類で補うという方法もあり、また毎日プロテインを30g程度摂取するという方法もあります。

野菜スープでダイエットするのは水分補給にもなります

この野菜スープでのダイエットは、1週間などと短期間で行なう方法であり、長期間行なうと体を壊す恐れがあります。

そのため短期間で上手に野菜スープを食事に取り入れましょう。

スープであれば、ダイエット中に不足しがちな水分も補給できるため、おすすめです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る