【保存版】8時間ダイエットでは水分補給が重要なの?

8時間ダイエットでは代謝アップのために水分補給が重要です


8時間ダイエットは、1日の中で8時間の間だけで食事をして、残り16時間は食べ物を食べない方法です。このダイエットを行うときには、水分補給は重要になります。

まず朝起きたらすぐに、お水やお茶などの飲み物を飲みます。朝最初に飲み物を飲むことで、排便を促し代謝を上げて、体から不要物を出しやすくしてくれます。

さらにお水などをこまめに飲むことで、利尿作用により体から不要な水分を出してむくみにくくする、空腹を紛らわす効果も得られます。

こまめな水分補給は老廃物を排出し、基礎代謝を上げる効果が期待できます

8時間ダイエットで大切なことは、水分補給をこまめに行うことです。

水分は血液やリンパの流れを良くし、老廃物の排出を促してくれるため基礎代謝が上がります。それにより脂肪燃焼を促進し、ダイエットしやすい体に導いてくれるのです。

16時間の間、食べ物は口にしませんが、その間の空腹を抑える役割も飲み物にはあります。飲み物は、一気に飲むよりも、できるだけゆっくりと、少しずつ飲んだ方が効果的です。

また8時間ダイエットの中で水分補給するならば、温かい飲み物を飲むのが良いでしょう。温かい飲み物は、体を温めて内臓などを活発にするという働きがあります。

さらに空腹を感じたときは、温かい飲み物だと一気に飲めずにゆっくりと飲むので、気持ちを落ち着かせる作用もあります。

水分補給は8時間ダイエットの重要なポイントです

まず朝起きて水分補給を行うと、眠っている体が目覚め、胃腸を刺激し排便をしやすくして、代謝を上げます。

とくに温かい飲み物を飲むと、下がっている体の温度を上げる効果もあります。ただ飲み物は起きてすぐに飲んだ方が良いので、まずは1杯常温や冷たいお水を飲んでも構いません。

8時間以外の食事をしない16時間の間には、こまめにお水などを飲むようにします。どうしても空腹になるときがありますので、空腹を感じたら飲み物を飲んで、空腹を紛らわします。

ただし、飲み物なら何でも良いというわけではありません。アルコールや砂糖の入っているジュースなどの飲み物はカロリーがありますので、このような飲み物は飲まないようにしましょう。

水分補給としての飲み物は、お水やお茶、紅茶、砂糖やクリームを入れないコーヒーなどを飲むようにします。牛乳は栄養素が豊富ですが、飲み過ぎるとお腹を下してしまうこともあるので注意が必要です。

6時間の間は食べ物を食べないのがポイントです

8時間ダイエットを行うならば、1日の中で8時間の間に食事をして、それ以外の時間は食べ物は口にせず、飲み物だけ飲みます。これによって、16時間は何も食べないということになり、その間は断食をしているのと同じような状態を作ります。

その時間により、食べたものをスムーズに消費する、胃腸をお休みさせるなど、痩せやすい体質に導くのです。8時間の間にしか食べ物を口にしないということは、時間を決めて食事をしていくので、食べ過ぎることも防ぎやすいです。

眠る時間も含めて16時間の間には食事はしないので、あまり夜遅くにも食べ物は口にしません。自然と眠る時間も早くすることができ、夜更かしも防げます。

朝方のライフスタイルを実践すると、交感神経が活発となり、代謝アップにも繋がり、健康な生活を送れます。

8時間ダイエットはプチ断食やファスティングのようなものです

8時間ダイエットとは、8時間は食事をし、16時間は何も食べないプチ断食のようなダイエット方法です。

16時間はファスティングしますが、8時間は普通に食事できるので無理なく継続しやすいのがポイントです。トータル摂取カロリーを見ると減少しているという研究結果もあります。

ただ消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ脂肪が減り、ダイエット効果が表れやすいと言えるでしょう。消費されにくい内臓脂肪もゆっくりと落とすことができます。

8時間ダイエットでは16時間の空腹を乗り切れる工夫をします

圧倒的に1日で食事をする時間が短く、何も食べない時間が長いので、如何にしてその空腹の時間を乗り切るかが、8時間ダイエット成功の鍵です。

一番簡単な方法としては、読書や散歩などをして気を紛らわせ、空腹のことを忘れることです。体を動かすと、食欲のことを忘れられるので良いです。

空腹になったら、飲み物を飲んで紛らわす方法もあり、お水などであればいくら飲んでも構いません。一気に飲むよりも、少しずつ飲んだ方が、空腹を紛らわして気持ちを落ち着かせやすいです。

また噛むという行為は、脳内のヒスタミンという物質を分泌し、食欲を抑える効果を発揮します。噛むなら何でも良く、氷を噛んだり、またはノンシュガーのガムを噛んだりするのも良いです。

噛めば良いので、何も口に含まずに、ただ口を動かして噛む動作をするという方法もあります。空腹感とうまく付き合っていく習慣を身につけ、痩せやすい身体に改善していきましょう。

8時間のうちの食事は、2時間おきに摂るのが理想です


8時間の間の食事では、一気にドカ食いするのではなく、少しずつ食べると、暴食を防ぎ、血糖値を安定させて太りにくくします。

食べ物に関しては何を食べても良いですが、やはりジャンクフードや揚げ物ばかりでは体に良くないので、栄養バランスの良い食事を心がけるべきです。

理想として、8時間の間で3食と、その間の2回の間食で5回に分けて食事するのが良いです。ただ時間的に難しい場合は、通常通り3食だけでも構いません。

8時間ダイエットの推奨時間帯

8時間ダイエットは午前9時から午後5時までや、午前10時から午後6時までの時間帯が良いとされています。

ただ、昼間仕事をする人は食事時間を決めるのが難しい場合もあります。例えば出勤前に朝食を摂るとその後の昼食と1日2食になる場合もあるでしょう。

夕方までが食事時間だとすると、仕事中で夕食を摂れない場合もあります。トータル的に考えると、朝食は摂らずに昼12時から午後8時までに昼食と夕食を摂るのがおすすめです。

8時間ダイエットを成功させるコツ

8時間ダイエットを成功させるのにきつい食事制限やカロリー制限は必要ありません。健康的な食事術を身に着けて実践するだけです。

さらに筋肉トレーニングとジョギングなどの有酸素運動を組み合わせた、基礎代謝を上げる運動を取り入れましょう。基礎代謝量が多く、エネルギー代謝の良い身体は痩せやすいからです。

食事は鶏のささみや赤身肉、魚や卵などの高たんぱくで糖質が少ない食品がおすすめです。主食は白米から、食物繊維やビタミンを含む栄養満点な玄米や雑穀米に変えてみてください。また食物繊維やビタミンが豊富な緑黄色野菜や乳製品、豆類やナッツ類もうまく取り入れましょう。

(まとめ)8時間ダイエットでは水分補給が重要なの?

8時間ダイエットでは代謝アップのために水分補給が重要です

1日のうち、8時間だけ食事をして残りの16時間をファスティングするのが8時間ダイエットのやり方です。16時間は何も食べませんが、老廃物を排出させて基礎代謝を上げ、脂肪燃焼の促進やむくみ予防のためにも水分補給は欠かせません。

水分補給はジュースやお茶ではなくお水が適しています。16時間の空腹を乗り切るためにも、少しずつこまめにお水を飲んでください。

また8時間ダイエットは、行う時間帯や食事内容、運動などの生活習慣も成功の鍵となるので工夫してみましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る