ダイエットで余分な水分を排出する方法は?

ダイエットで余分な水分を排出するには、基礎代謝を上げます


体に水分を溜めやすい水はけの悪い体になり、むくみなどもある人は、体の機能が劣っており基礎代謝も下がっていることが多いです。

基礎代謝を上げると、体から余分な水分を排出するばかりでなく、体に溜まった老廃物も出してくれます。

体から不必要なものを出してくれますので、ダイエットしているならば、基礎代謝を上げることは体に良い効果をもたらしてくれます。

また体に溜まった水分によって、体が冷えやすくなっているので、体を温めるようなこともした方が良いです。

余分な水分を排出してダイエットに繋げるには、たくさん水分補給します

体に溜まった余分な水分を出すには、水分補給するのが良いのです。

一見するとたくさん体に水分を入れるので、良くないように思うかもしれません。

しかし水分補給を行なうと、汗や尿をたくさん出せます。

これにより体の中に水分を循環させて、体内の余分な水分や老廃物を洗い流していくのです。

体から余分な水分が出て行けば、体の機能も向上し代謝も上がっていきます。

基礎代謝を上げるようにしましょう

余分な水分が溜まりやすい方は、まずは基礎代謝を上げるように生活を変えていきましょう。

それには消化機能を向上させる、水分補給を積極的に行なうなどをしていきます。

消化を助けるような食事をしよう

余分な水分が体に溜まりやすい方は、消化機能が弱っていることが多いです。

食事では消化機能を助けるようにしていくのがポイントです。

食事の内容としては、胃を冷やすような食べ物、消化に負担のかかる脂っこいもの、甘い物などは控えめにします。

胃を冷やすようなものとしては、冷たい飲み物や食べ物、体を冷やすような野菜などがあります。

野菜を食べるにしても、そのままよりもスープなど温かくしてから食べた方が、体を冷やしません。

脂っこいものも良くなく、豚カツや唐揚げ、肉類などは控えた方が良いです。

また甘い物も、これも胃腸に負担をかけますので、お菓子やデザート、糖分のある飲み物などは控えた方が良いです。

食事では塩分も控えた方が良く、塩分が多いと体の中の塩分濃度を高めます。

塩分濃度の高くなった体は、濃度を下げようと体に水分を溜め込みますので、塩分は控えるようにするのが良いのです。

利尿作用のある飲み物を飲みましょう

体から沢山水分を出して、体の中で水分を循環させるためにも、尿は沢山出すと良いです。

それには水分補給を積極的に行なうというのと、利尿作用のある飲み物や食べ物を摂取するのも良いです。

利尿作用のある食べ物としては、とうもろこしや大豆、ハトムギ、セロリなどがあります。

飲み物としては、黒豆茶、コーン茶、ハトムギ茶などがあります。

ハトムギ、セロリは体を冷やす作用があるので、スープなどにして飲んだ方が体を冷やしません。

黒豆茶は、黒豆が利尿作用の高い食材の代表になっています。

特にゆで汁に効果があり、お茶として飲むとその効果を余すことなく取り入れられます。

コーン茶は、コーンのお茶に利尿作用があり、クセがなく飲みやすいので食事やスポーツの時に適しています。

ハトムギ茶は、水分代謝を高めて美肌効果もあります。

汗かくようなときに、麦茶の代わりとして飲んでも良いでしょう。

一度に沢山でなく少しずつ水分補給します

水分補給して体から余分な水分を出すにしても、水分の取り方があります。

一度に沢山の水分を補給するのは良くなく、少しずつ補給するのが良いです。

体に入った水分は胃を通り小腸で吸収されますが、吸収できる量にも限度があります。

吸収できない分は、そのまま尿として排出されていまい、体の中を巡りません。

このために、一度に沢山水分補給しても、吸収できない分が出来てしまいますので、一度には少しずつ水分補給するようにします。

また飲み物としては、冷たい飲み物は体を冷やして、内臓などの機能を下げてしまいますので、温かい飲み物を飲んだ方が良いです。

お茶ならば温かくしてから飲む、お水ならば白湯にして飲むようなことが良いでしょう。

このような飲み物をこまめに1日の中で飲んでいくようにして、お水では飲みにくいというならば、生姜などを入れたり、お茶などにしたりしても構いません。

1日に2Lを目安に水分補給しましょう


体から余分な水分を出してダイエットに繋げるには、水分補給をこまめに行なうのが良いです。

そして人間に1日に必要な水分の目安としては2Lとなっており、この量の飲み物を1日に飲むようにします。

一度に沢山飲んでも体には十分に水分は吸収されませんので、こまめに飲むためにも1日の中でタイミングをみては、水分補給します。

朝起きたときや食事の時、お風呂上がりなどに水分補給するようにします。

水分補給する習慣を付けましょう

1日に飲む飲み物の量としては2Lが目安となります。

しかし1日の中でこれだけの量を飲むとすると、普段から飲み物をこまめに摂取しないとなりません。

そのために、日頃から水分補給するような習慣をつけましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る