ダイエットの停滞期に疑うべきは水分なの?

ダイエットを始めて間もない頃に見られやすい停滞期の理由は滞留していた水分と考えられます


痩せて理想的なスタイルを目指したい、そんな高い意識をもってダイエットし始めたものの、多くの人は早い段階で挫折を感じます。

なぜなら、開始1週間ほどのタイミングで、停滞期が訪れる場合もあるためです。

しかしこれは、ダイエットそのものの停滞期でもないかもしれません。

原因は、水分にあるかもしれないためです。

停滞期の理由が分かれば、不安に感じることなく自信をもってダイエットし続けられます。

正しい知識を手に入れましょう。

ダイエット序盤で体重が落ちるのは滞留水分や未消化物が抜けるため

停滞期がくるまでの序盤1週間は希望に満ち溢れているかもしれません。

この期間については、多くの人がダイエット効果を実感できるためです。

しかしこれは、脂肪が落ちているためではありません。

未消化であった食べ物や、滞留していた水分が落ちてきているだけなのです。

ダイエットの本番は、むしろそこからといっても過言ではありません。

ダイエットのメカニズムを知って真のダイエットを目指そう

ダイエットによって理想体型を目指したいと考える人は、少なくありません。

美を追求する女性はもちろん、健康を意識している男性にも多くの実践者がいます。

ですが、実際成功を手にしている人は、そう多くありません。

その点、正しい知識を持って地道に取り組むことができれば、目標体型の実現は大きく引き寄せられます。

以下にて、詳しい情報をまとめています。

正しい知識をもって、効果的なダイエットに励んでみてください。

序盤の体重減少は真のダイエットではない

ダイエットをしようと意識したとき、多くの人は食事を控えることから始めるでしょう。

体重や脂肪は、食事の摂取こそが理由で増えます。

シンプルかつ手軽な始め方といえるでしょう。

またそれにより、早い段階から体重を落とすことも可能です。

ですが、一週間ほど経つと非情にも停滞期が訪れます。

この序盤一週間における体重減少は、実は真のダイエットといえません。

なぜなら、ダイエットを始める以前に摂取していた食べ物の未消化物や滞留水分が抜けただけだからです。

ダイエットとは、体についた脂肪を落とせてこそです。

つまり、この未消化物や滞留水分が抜けた初回の停滞期以降、どれだけ体重を落とせるかがダイエット本番なのです。

体についた脂肪を減らすには

脂肪を減らすことこそが真のダイエットとはいえ、簡単なことでもありません。

一度ついてしまった脂肪は、燃焼させなければ減少させられません。

そのため、いかに体の代謝を上げられるかがポイントとなってきます。

代表的な脂肪燃焼の方法といえば、運動が有名でしょう。

事実、体を動かせばエネルギー源として脂肪が使われるため、体型を絞ることにも期待できます。

しかしこの作業は、決して単純ではありません。

特に肥満体型で運動が苦手な人としては、なおさら苦に感じられることでしょう。

事実、100キロカロリーの消費にあたる運動をしても、脂肪はたった約10グラムしか減りません。

約42キロのフルマラソンを走ったとしても、約250グラムしか減らないと聞けば、その大変さは容易に窺えることでしょう。

そこで取り入れたいのが、代謝効率を向上させる工夫です。

これに関しては、身近なものを使って気軽に実践できます。

次項にて、詳しくご紹介していきます。

水分を十分に摂って代謝向上

ダイエットを始めたての頃、体重減少という結果を求めて、食事や水分を減らす人は多いことでしょう。

初回の停滞期は、まさにそれによるものなので、停滞期を経験している人ならなおさらです。

ですが、代謝効率を高めたいのであれば、逆に水分は多く摂る意識を持つべきです。

体の代謝機能は、体内にある細胞を十分な水分で満たせていてこそ正しく働きます。

人は、一日に多量の水分を消費しています。

呼吸や蒸発による消費で約1,000ミリリットル、便や尿については約1,200ミリリットルにも及ぶほどです。

そのため、代謝効率を高めるのであれば、この計約2,200ミリリットルを毎日補うことが大切となります。

停滞期以前に体重減少を経験した人は、もしかすると水分をしっかり摂ることに抵抗も感じられるかもしれません。

しかし、水分で一時的に体重が増加しても、それは脂肪になりません。

代謝効率を上げて、既存の脂肪燃焼率を高められる、有効な手段となってくれます。

序盤の停滞期はダイエット開始当初の未消化物や滞留水分減少が原因


ダイエットを始めたての頃、ちょっとした体重の上下においても、一喜一憂することでしょう。

しかし、序盤の体重変化については、そこまで注視すべきでもありません。

なぜならそれは、未消化物や滞留水分の減少が原因であるためです。

ダイエットの目的である脂肪の燃焼は、そんな序盤の停滞期以降からこそが勝負になってきます。

代謝効率を高めて、健康的に痩せられるよう工夫してみてください。

停滞期に左右されることなく合理的に痩せましょう

せっかく体重が落ちてきていたにも関わらず、早速停滞期が訪れるとなると、モチベーションも大きく影響されることでしょう。

しかし、その停滞期はダイエット本番開始の合図といっても過言ではありません。

気持ちを左右されることなく、ぜひ意欲的に継続してください。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る