ダイエット中に水分補給のためにお酒を飲んでいいの?

ダイエットするならば糖分の少ないお酒で水分補給します


お酒はダイエットには良くないと言われますが、これは糖分が含まれるからです。

お酒には、日本酒やビールなどの醸造酒と、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒の2種類あります。

蒸留酒は製造過程で糖分が飛んで少なくなり、醸造酒よりも糖分が低いです。

そのために、糖分を気にするならば、醸造酒よりも蒸留酒を飲んだ方が、ダイエットには良いです。

またアルコール度数の低いお酒の方が、カロリーが少ないので、アルコール度数の低いお酒を飲むという方法もあります。

ダイエットでは適量を守り、水分補給としてお酒を飲みます

ダイエットの中でお酒を飲むとしたら、ポイントとしては適量を守り飲むことです。

アルコールの適量は年齢や体質、運動量などによっても個人差がありますが、ダイエット中であれば1日100~200kcal分ぐらいです。

これは具体的に言うと、ビールで中瓶1本、日本酒で1合、ワイングラスで2杯ぐらいです。

ほろ酔いになるぐらいの量を目安に飲むことになります。

お酒は太らないような飲み方をしましょう

お酒の飲み方によって太る太らないがあります。

好きなだけお酒を飲んだり、一緒につまみなどを好きなだけ食べたりするのは、太ってしまいます。

お酒もうまく付き合って飲んでいけば、太りにくい飲み方は出来ます。

お酒を飲む前には何か食べてから飲みましょう

お酒の飲み方として、よく言われるのが空腹な時に飲まないようにして、お酒を飲む前に何か食べてから飲みましょうということです。

まずはビールを一気に飲んで、それから食事というのは太りやすくしてしまいます。

空腹時に糖質の高いお酒を飲むと、血糖値が急激に上がり、体に脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

血糖値の急激な上昇を防ぐために、お酒を飲む前には、まずは何か食べてお腹に食べ物を入れておきます。

特に野菜や大豆製品がおすすめであり、少しで良いので食べて空腹にせず、それからお酒は飲むようにしましょう。

またお酒を飲むようなときは、一気に飲むのではなく、ゆっくりと少しずつ飲むようにします。

一気に飲むと血糖値を上げるばかりでなく、急性アルコール中毒になる危険もあります。

太らないようなおつまみを食べましょう

お酒と一緒におつまみを食べるならば、太らないような食べ物がおすすめです。

高カロリーや脂っこい食べ物は、あまりおすすめは出来ません。

脂が少なく高タンパクなおつまみが良く、豆腐類や鶏のささみ、馬肉などがあり、良く噛んで食べると代謝を高めてくれます。

きのこや海草、野菜類などの食物繊維の多いおつまみもおすすめであり、飲む前に食べると血糖値の上昇を緩やかにして、体脂肪になりにくくしてくれます。

また、野菜スティックやゴボウ、イカの干し物など、良く噛んで食べるようなおつまみは、食べすぎ防止にも役立ちます。

またタンパク質の多いようなおつまみもおすすめであり、筋肉ともなり、糖質を消費しやすくしてくれて、肝臓の栄養にもなるので、お酒を飲むときに食べると良いでしょう。

お酒を飲んだ後の食事は我慢しましょう

お酒を飲むと、その後にラーメンや甘いデザートなどを食べたくなります。

このような食品は糖分もカロリーも多いので、ダイエットをしているときならば、特に意識して我慢して食べないようにしましょう。

飲んだ後のシメにラーメンを食べるなどは、太る原因となってしまいます。

実はアルコールを摂取すると、体内で分解するために、血液中の糖分を大量に消費します。

これが脳が空腹状態と認識し、お腹が空いたような感覚となり、お酒を飲むと何か食べたくなってしまうのです。

この空腹感というのは、脳が間違って受けた信号によって発生しているので、そのような空腹感に惑わされないようにしましょう。

そのような空腹を感じたときは、早めにお水を飲んで、お腹をお水で一杯にして満腹にすると良いです。

お水を早めに飲めば胃が膨れて苦しくなるので、それ以上お酒を飲みたいとも思わず、飲み過ぎ防止にも役立ちます。

お酒はお湯割りが良いです


お酒を飲むならば、焼酎、ウイスキー、ウォッカなどの糖質を含まないお酒がおすすめであり、体の代謝アップのことを考えると、温かいお湯割りが良いです。

温かいお酒の熱燗の日本酒やホットワインも温かいお酒ですが糖質が多いので、お湯割りしたお酒の方がダイエットに適しています。

さらにはお水などを一緒に飲むようにすれば、お酒を飲む量を減らせるばかりでなく、二日酔いやむくみ防止にもなります。

お酒を飲むなら、お水も一緒に飲むとダイエットには良いでしょう。

お酒と一緒にお水を飲みましょう

ダイエットの中でお酒を飲むならば適量を守り、飲み過ぎないようにします。

ただお酒だけを飲むと、どうしてもあるだけ飲んでしまうこともあるでしょう。

お水などを用意し一緒に飲むと、お酒の飲む量を減らせるので、お水も一緒に飲みましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る