ダイエットに水分が必要なのはなぜ?

なぜダイエットでは水分が必要かというと代謝を上げるためです


体脂肪を燃焼させて体重を減らそうとするには、体の代謝がスムーズに行なわれることが重要です。

代謝で血液やリンパの流れを良くするため、またエネルギー消費量を増やすために水分は欠かせません。

便通を良くして、不要物を排泄するにも水は重要であり、水分を多く摂取すると便が軟らかくなり出やすくなります。

水分を吸収した便は、腸を刺激してぜん動運動を促し、排泄しやすくします。

水分を多く摂取すると、尿の量も多くなり、これがデトックスに繋がります。

ダイエットで水分が必要なのは、なぜなら体を作る要素だからです

体を構成する成分は水分が60%以上となっています。

そのために、人にとっては水分はなくてはならない成分なのです。

全身を巡る血液やリンパはいわゆる潤滑油のような役割も果たし、体の各機能を支えます。

水分不足は血流やリンパの流れを悪くして、代謝にも影響を与え、ダイエットをしている人には良くありません。

⇒水分補給とデトックスの関係については、こちらの記事【保存版】ダイエットでは水分補給して尿を出した方がいいの?をお読みください。

1日に必要な水分量があります

1日に摂取するべき必要な水分量は、人によって決まっています。

それは体重を目安に計算し、体重×30ミリリットル~40ミリリットルが目安となります。

例えば体重60キログラムならば、1800ミリリットルから2400ミリリットルが目安となり、この量を1日の中でこまめに摂取するようにするのです。

糖分やアルコールの含まれない飲み物を摂取します

いくら水分を摂るのがよいといっても、飲み物ならば何を飲んでも構わないとは限りません。

糖分やアルコールの含まれる飲み物は、カロリーがありますので、ダイエットをしている人には向きません。

またカフェインの含まれる飲み物は利尿作用がありますので、必要な水分まで体から出すおそれもあります。

飲むとしたら糖分やアルコール、カフェインの含まれないお水が一番です。

お水には軟水と硬水がありますが、飲むならばどちらでも構わず、飲みやすいと思う方を飲むとよいです。

日本のお水は軟水なので、普段から慣れている軟水の方が飲みやすいかもしれません。

このようなお水を、1日の中で必要に応じて、起きたときや眠る前、食事や入浴時、運動したときなどに飲むようにすると良いです。

体から水分が失われるような時にお水を飲みます

水分補給を行なうならば、体から水分が失われているような時に飲むと良いです。

眠っている間は水分補給ができませんので、眠る前や起きたときにコップ1杯のお水を飲みましょう。

また運動したときも汗をかき体から水分が失われますので、このときも水分補給をします。

とくに沢山運動すると沢山水分が失われ、脱水症状を防ぐ意味でも水分補給は必要です。

お風呂に入ったときも、汗で水分が失われるので、お水を飲むようにします。

喉が渇いたと思うときにお水を飲むのが良いです。

ただしいくら体に水分が必要と言っても、1日に必要な水分量以上飲むのは、内臓や体を冷やして、代謝機能を下げてしまいます。

特に冷え性で体が冷えやすい人は、冷たいお水よりも温かいお水を飲んだ方が体のためです。

ただ、冷たいお水を飲むと、体を温めようとエネルギーを使うので、カロリー消費を促す効果はあります。

体が冷える人は温かいお水を飲みましょう

冷たいお水を飲むと、体が冷えるので温めようとしてエネルギーを使います。

そのためにカロリーを消費する効果を生みますが、あまりにも体を冷やすと代謝が下がり良くありません。

冷たい飲み物を飲むと、手足が冷えたりお腹が冷えたりするなど、また体がだるいと感じることもあります。

冷たいお水は胃腸を冷やして、胃腸の機能も低下させてしまいます。

体が冷えやすい人は、常温のお水を飲むようにして、それでも冷える場合は温めたお水の白湯がおすすめです。

白湯はお水をヤカンで温めるだけで作れますので、喉が渇いたときに沸かすと良いでしょう。

お水に、生姜などを入れて体が温まりやすくする、という方法もあります。

お水が飲みにくいと感じるような人は、レモン汁やミントを入れて、さっぱりとした口当たりにすると飲みやすいです。

お水はこまめに飲むようにします


いくら体に水分が必要といっても、1回に1リットルや2リットルものお水を一気に飲んでは、十分に体に吸収されません。

あまりにも大量に一気にお水を飲むと、体に吸収できなかった分のお水は、そのまま尿として排出されてしまいます。

このために、お水を飲むとしたら、1回のコップ1杯などと少しずつ飲むのが良いです。

沢山一気に飲むと、内臓や体に負担をかけますので、負担をかけないように少しずつ飲むようにしましょう。

上手にお水を飲んでダイエットに役立てましょう

ダイエットをするにも、十分に水分補給をしないとなりません。

運動を取り入れてダイエットをするならば、汗をかくので、そのときにも水分補給は必要となります。

あまりにも飲みすぎるのも良くないですが、必要な水分量の範囲で、お水を飲んでダイエットに役立てましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る