活性酸素とアルコール・飲酒の関係とは?

活性酸素はアルコールの取りすぎによって増える

活性酸素を増やすアルコール
活性酸素は、体の異物を排除する免疫機能として働くものです。
正常に機能している場合には問題のないものであり、働きを抑制する機能も身体に備わっているため、安全なものです。

しかし、食生活や生活の乱れによって活性酸素が増えすぎたり悪玉化したりすると、正常な体の機能に対して攻撃を始めることがあります。

アルコールの摂り過ぎでは、肝臓に負担がかかり、そこで活性酸素が増えます。
肝臓の働きに影響するため、活性酸素を抑える工夫をしなければいけません。

適度な飲酒と過剰な飲酒

適度な飲酒は百薬の長とも言われるとおり、良い効果ももたらします。
ストレスを解消して気持ちを高揚させたり、ぐっすりと眠れたりするなど、飲酒の効果は楽しく心地よいものです。

しかし、過剰に摂取することで、肝臓の働きは忙しくなり、多くの活性酸素が発生します。

適度な飲酒というのは肝臓に負担をかけずに良い効果だけを得る量のことで、過剰な飲酒は肝臓に重い負担を与える量ということになります。

アルコールは肝臓に影響して活性酸素を増やす

アルコールの成分は、肝臓で分解されて解毒されるものです。
そこでは肝臓がアルコールの分解のためにエネルギーを必要とします。

活性酸素はエネルギーとして酸素を使った時に発生する物質であり、それは体の中で細胞を錆びさせる働きのものとして悪い影響を与えることになります。

アルコールは肝臓で異物として感知

活性酸素とアルコール・飲酒の関係は、アルコールの持つ特別な成分によって肝臓へ影響を与えることにあります。

普通の食べ物を食べた時に人の体は、胃や小腸で食べ物の消化・吸収を行います。
胃では胃液によってドロドロの状態にして、小腸で吸収して体のあちこちに血管を通して運ぶことになります。

しかし、アルコールは消化・吸収の手順を踏まず、直接そのまま、胃や小腸から肝臓へと運び込まれます。

あくまでアルコールは異物であり、解毒されるべき毒なのです。
肝臓に到達したアルコールは、薬物毒物と同じように解毒・分解されます。

その際にはエネルギーをたくさん使って肝臓を働かせなければならず、その過程において活性酸素が大量に発生してしまうのです。

肝臓の働きは解毒以外にも栄養分の代謝や貯蔵、赤血球の分解と生成、胆汁の生成などを行っており、忙しく重要な臓器です。

アルコールの過剰摂取をすることは、活性酸素を増やすこととともに肝臓を疲れさせることにもなっています。

活性酸素を抑制する力が減る加齢

よく、「年を取ってアルコールに弱くなった」という話を聞きます。
また、飲酒や生活習慣の乱れによる影響を受けやすくなったように感じることもあります。

人は加齢によって様々な機能を衰えさせますが、活性酸素を抑制する機能もそのうちの一つとなります。

活性酸素は、通常の正しい生活をしていても一定の量発生しています。
エネルギーを作る際に酸素を使う人間の体では仕方のないことです。

しかし、それが増えすぎた時にはそれを抑制するための酵素も持っています。

スーパーオキシドディスムターゼをはじめとして、カタラーゼ、グルタチオンなどが活性酸素と結びついて、害の少ない物質に変えているのです。

しかし、この酵素の量は加齢とともに減っていき、活性酸素を減らす力が弱まっていきます。
そのため、加齢によって飲酒や生活習慣の乱れが活性酸素を減らし難くし、影響が大きく感じられるようになるのです。

アルコール・飲酒で増えた活性酸素は

アルコール・飲酒によって活性酸素が増えることで、体では酸化が始まります。
増えすぎた活性酸素は細胞を攻撃して、皮膚や内臓などのあちこちで影響を及ぼします。

さらに悪性度の高いヒドロキシラジカルとなった活性酸素は、脂質と結びついてより深く細胞を傷つけるようになることもあります。

それを防ぐためには、飲酒ではその時にツマミとして食べるメニューにも注意したいものです。

悪性度の高いヒドロキシラジカルは脂質と結びつくことでより悪化しやすくなります。
脂質とは、コレステロールなどであり、油や肉の多い料理から始まっています。

アルコールを摂取する回数の多い人は、こうしたツマミを摂ることも自ずと多くなり、さらに体を酸化させ、深く傷つける原因を作っている場合があります。

肝臓の負担は身体を老化させる元

肝臓への負担で身体は老化する
肝臓の働きは、身体に大きく影響を与えています。

普段から肝臓の働きは忙しく、それに伴って肝臓から出る活性酸素の量は多くなります。
肝臓から出た活性酸素は体全体に及び、老化の元になります。

また使いすぎで肝臓が疲れると、代謝が悪くなり、悪い成分や老廃物が身体に溜まり、体も疲れやすくなります。

肝臓の負担をできるだけ減らすためにはアルコールをほどほどに控えて、肝臓の解毒の働きを休めてあげる必要があります。
それをしなければ、活性酸素は大量に出続けて、肝臓の負担も続きます。

肝臓から大量に出た活性酸素を

アルコールによって肝臓から大量に出た活性酸素は、積極的に減らして体内の老化を食い止める必要があります。

肝臓に負担をかけない成分で活性酸素を減らすには、水素の働きが効果的です。
水素水の飲用であれば、毒素も発生せずに肝臓の負担なしに活性酸素だけを減らすことができるでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る