ウォーターサーバーの定額制にはデメリットがある?

ざっくりまとめると
お水を使う機会、使用量がとても多い場合は定額制が丁度良いかもしれません。

1ヶ月のお水の使用量がすくないご家庭では、定額制がかえって高くなることがあります。

一般的なご家庭では注文ノルマのないウォーターサーバーを利用して、好きなタイミングでお水を注文する方が良いかもしれません。

ウォーターサーバーの料金プランによって価格が変わる

ウォーターサーバーは料金プランで価格が変わる
ウォーターサーバーのコストの中で大きく異なるのがお水の価格です。
お水の価格にはさまざまな理由で低額のものから、高額のものまでいろいろあります。

また、お水自体の価格の違いもありますが、支払い方法によって月々のコストが大きく変わります。

たくさん使う家族にとっては定額の金額を支払うことでいくらでもお水を注文できる定額制がお得と言えるでしょう。
しかし、1ヵ月にそれほど多くのお水を使わない場合は定額制だと、損をすることもあります。
使った分だけ支払う方がお得になります。

定額制を選ぶ際には、1ヵ月のお水の量がどれくらい必要なのかを把握して選ぶといいでしょう。

お水の価格が異なる理由

お水の価格は業者によってさまざまです。
その理由もいろいろですが、一つ言えることはRO水と天然水の違いによって価格が異なることがあります。

天然水とは沈殿および加熱殺菌以外の物理的・科学的処理を行っていないもので、特定水源より採取された地下水で、RO水というのは、お水にRO膜処理をして不純物をできる限り取り除いた水です。

一見RO水の方が高価に感じますが、実際は低価格のものが多いです。

ウォーターサーバーの定額制はメリットが多い?

ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントはお水の味や種類、硬度などいろいろだと思いますが、コストパフォーマンスも重要なポイントです。

コストに関しては業者によってさまざまですが、特に大きく違うのはお水の価格です。

便利で手軽に使えるウォーターサーバーは、お水をたくさん使ってしまうものです。
そうなると心配なのはお水の費用です。
そこで定額性という方法であればお得になります。

一方で、お水の量をどれほど使わないという家族にとっては、定額制が得になるとは限りません。

定額制がいいのか、そうでない方がいいのか、定額制について解説しましょう。

ウォーターサーバーの定額制がオススメのケースとは?

定額制とは決まった費用を支払っていれば、どれだけ使っても費用が変わらないというシステムです。

1ヵ月に何に、どれくらいのお水を使うのかを考えてみましょう。
飲料として、お料理に、お米を研いだり、炊いたりする際に使うなど、どのように使うか、また家族が何人でどれくらいのお水を飲むか、を把握しましょう。

定額制のメリットはお水の使用量を気にせずに使える点です。
いくらでもおいしいお水が飲めて、さまざまな用途に使える点は便利です。

ウォーターサーバーの定額制がデメリットになるケースもある?

1ヵ月の水の使用量が少ない家庭は、定額制だとかえって高くなることがあります。
一人暮らしや夫婦だけなど、家族の人数が少ない場合は、使う分だけを支払った方が安くすむことが多いです。

また、ウォーターサーバーのお水は飲料水としてだけ飲む、など目的がはっきりしている場合は、それほど多くのお水を使わない場合もあるでしょう。

定額制にするかどうかの目安とは?

定額制にするかどうかは、通常、どれくらいのお水を使うかが目安になります。
一般的にはボトルには12リットルのお水が入っています。

家族が4人の場合で、平均的には5~6本を消費すると言われています。
夫婦2人の場合で4本程度、1人だと2本程度のようです。

定額制の場合は3,000~4,000円程度で飲み放題、というケースが多いので、ボトル1本の価格にもよりますが、12リットルのボトルを5本以上消費する場合は、定額制の方がお得になるでしょう。

家族が4人以上で、好きなだけウォーターサーバーを使いたいという場合は、定額制の方がメリットはあると言えるでしょう。

家族が2人や一人暮らしの場合は、使った分だけ支払う方法がお得かもしれません。
ボトル1本の価格も低額で、おいしい、ろ過方法にこだわっているといったウォーターサーバーもありますから、こだわりで選ぶこともできます。

自分の好みやこだわり、ライフスタイルに合わせて定額制を選ぶか、使った分だけ支払うかを選ぶかを決めるといいでしょう。

ウォーターサーバーのお水の使い道

ウォーターサーバーの使い道
ウォーターサーバーのお水は飲料として利用する人が多いでしょう。
おいしくて、コックをひねればすぐにお水が出るという便利さで、飲みたい時にはすぐに飲めます。

ホームパーティーなどを行う際には、誰でも自由に飲むことができるのも便利です。

お水の種類を選べば赤ちゃんのミルク作りにも適しているのが、サーバーウォーターです。
安心して使うこともできます。

お米を研いだり、炊いたり、煮物などの料理にも使えます。
お肉をやわらかくしたり、味をしみこませやすくしたりすることも可能です。

ウォーターサーバーのお水はさまざまな用途に使うことができます。

ウォーターサーバーの定額制は使用量を把握して選ぶ

ウォーターサーバーには定額制があります。
家族が多く、お水の使用量が多ければ定額制の方がお得になります。

ただし、家族の数が少なく、1ヵ月のお水の使用量が少ない場合は、定額制を使用しない方が安くすむこともあるので、使用量や目的を確認し選ぶようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る