3人暮らしの平均使用量に合うウォーターサーバーは?

3人暮らしの生活にウォーターサーバーを

3人家族にウォーターサーバー
ウォーターサーバーは、綺麗で美味しい水が家庭でいつでも手に入る便利で安心のアイテムです。

独身者では持て余し気味になったり、必要性を高く感じなかったりと、ウォーターサーバーの良さを実感できないことも多いでしょうが、3人以上の家であればウォーターサーバーをより有効に活用できそうです。

人数が多ければ、その分お水の平均使用量も増えて、一定以上の量を使えるので契約のしかたや長い目で見ると少人数家庭よりもお得になるかもしれません。

ウォーターサーバーは使用量が多い方がお得

ウォーターサーバーを利用する時には、初期費用や毎月のサーバー使用料などの費用がかかることが多いものです。

また、一定以上のボトル数を注文しないとボトル運搬料金が発生する契約の会社などもあります。

そのため、ウォーターサーバーは、ある程度活用しないと必要経費やサーバー使用料などが勿体無いのです。
3人暮らしであれば毎月の使用量もある程度確保できます。

3人暮らしに便利なウォーターサーバー

3人暮らしでウォーターサーバーを利用することは、平均使用量の多さからしても、その利点は多いものです。

3人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量は、多くの会社のウォーターサーバーのメインとなる契約形態に合っているため、損なく利用できるでしょう。

家族の年齢や使用方法に合ったウォーターサーバー選びをして、より有効に活用しましょう。

3人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量

3人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量は、およそ60リットル程度と考えられています。

一人あたり大体20リットル程度の計算で、普通に会社へ行ったり学校へ行ったりする家庭での飲料水としての平均使用量となります。

そのため、家族構成によっては多少の差が出る可能性はありますが、大きめのボトルを使用しているウォーターサーバーが利用しやすい量となります。

大体大きめのボトルのウォーターサーバーでは一本あたり12リットルとなっています。
小さいものでは7、8リットルとなりますから、毎月平均使用量が60リットルですと、9回ほどの交換が必要となります。

小さいボトルを取り付けるウォーターサーバーでは交換頻度が高く、多少手間が気になるかも知れません。
3人家族以上であれば、大きめのボトルの方が手軽に利用できそうです。

3人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量は家族構成から

3人暮らしとなると、その家族構成によって違いが大きくなります。
大人ばかりの家族なのか、子供がいるのか、または高齢者がいるのか、などで毎日の飲料水の使用量は大きく違ってきます。

また、女性であればお風呂や洗顔、スキンケアに使用することも多いものですし、赤ちゃんがいればミルク作りでたくさん使います。

こうした家族の差はウォーターサーバーの水の量を大きく左右するものなので、平均使用量とは全く違ってしまうこともあります。

そのため、3人暮らしでウォーターサーバーを利用する時には、まずはじめに毎日の暮らしの中で何にどれだけウォーターサーバーを使うか予想してみると良いでしょう。

また、申し込んだ後でも実際に使う本数によって自由に数を増減できるような契約をしておくと便利です。

ウォーターサーバー会社では、自由に好きなだけ注文できて、使ったボトルの分とサーバー使用料しか料金が掛からないものもあります。

3人暮らしのウォーターサーバーの利用では

3人暮らしの場合、両親プラス子供という家族構成は非常に多いものです。

また、その子供が乳児の場合もあるでしょう。
その場合には毎日使うウォーターサーバーの水は成分まで注意して選びたいものです。

また、女性がいる家庭ではスキンケアにも利用できると便利でしょう。

そんな時には、ウォーターサーバーの水をピュアウォーターにすると画期的です。

ピュアウォーターで使用量を自由に変えられるものであれば、赤ちゃんのミルクを母乳から粉ミルクに変える必要性が起こった場合にも簡単に切り替えられます。
ウォーターサーバーはすぐに熱いお湯の使用もできるからより一層便利です。

また、ピュアウォーターは赤ちゃんや動物などにも安心して与えられます。

ミネラルウォーターでは入っているミネラル分が気になりますが、ミネラルの入っていないピュアウォーターなら使途を選ばず利用できます。

毎日の暮らしの中で使用量も質も気にせずに自由に使うのであれば、必要な分だけ注文できる契約のピュアウォーターが適しています。

ウォーターサーバーの活用には家族構成が重要

ウォーターサーバに活用に重要なのは?
人数の多い家庭でウォーターサーバーを使うことは、少人数家庭よりも費用対効果が高いものとなる可能性が高いでしょう。

さらに、家族構成によっても使う水の量は違いますので、家族が必要な量と質をよりお得に手にすることができるような選択が必要です。
自分たちがどれだけの飲料水を毎月必要としているかを認識すると選びやすくなります。

ウォーターサーバーの使用にあたっては、毎月の必要経費や水のボトル代などの費用がかかるため、活用できないと損です。

ウォーターサーバーを3人暮らしの家庭へ

3人暮らしであれば、ウォーターサーバーの利便性も高くなり、水を使う幅が広がればより便利です。

また、自分たちの平均使用量に合ったサーバーを選ぶだけでなく、家族みんなが使えるようなウォーターサーバーを選ぶと、経費以上の活用ができるようになるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る