2人暮らしのウオーターサーバーの平均使用量は?

2人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量は

2人暮らしでウォーターサーバーを利用するなら
家庭で利用するウォーターサーバーは、お水のボトルを何本使用するかで選びたいですね。

ウォーターサーバーの利用を検討するなら、2人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量を調べて、自分たちのおおよその使用量を知っておくと便利です。

自宅にいる時間やウォーターサーバーの水を何に使用するか(飲み水のみ、調理にも使うなど)も考えながら、適切な量を購入できるようなウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの契約

ウォーターサーバーの契約には、基本料金のあるものやお水の代金だけでいいもの、毎月何本以上使用してください、などという条件のあるものなどいろいろです。

特に条件があるものでは、自分たちの使用量がそれを下回っていると配送料が別途取られたりします。

自分たちの使用量に合わないようなウォーターサーバーを契約してしまうと、不便だったり経費が余計にかかったりしてしまうのです。

2人暮らしに合うウォーターサーバー選び

2人暮らしの家庭に合うウォーターサーバーを選びましょう。
各家庭でそれぞれお水の使用量は違いますが、おおよその平均使用量が分かっていると便利です。

自分たちは周りの人たちよりも水を飲む量が多いと感じたり、調理やスキンケアにも使いたいなどの特別な使い方があったりという場合には平均使用量よりも少し多めに使うことを前提に考えて、選ぶと良いでしょう。

ウォーターサーバーのお水の種類と平均使用量

ウォーターサーバーの平均使用量をもとに自分たちの使用量を予測するには、どんな使い方をしたいかと一般的にはどんな使われ方をしているのかを押さえておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーの水は、ミネラル分の入ったものや不純物なしのピュアウォーターなどいろいろな種類があります。

ミネラルウォーターであれば、大人の飲用のために利用するだけというのが一般的です。

なぜなら、ミネラルウォーターは和食の料理やスキンケアには合わず、ペットの飲み水や赤ちゃんのミルクには使わない方が安全だからです。

反対にピュアウォーターであれば、混じりけのない味わいで料理にも合い、吸収力の良さからスキンケアにも活かせますし、安心してペットや赤ちゃんなどにも使えます。
そのため、使途が広くなり、たくさんのお水を使用することになるかもしれません。

このように、お水の種類によっても使える幅が違い、使用量にも差が出てくる可能性があります。

ウォーターサーバーの平均使用量を一般的に見る

一般的に言われている2人暮らしのウォーターサーバーの平均使用量を見てみましょう。
飲み水の量として換算してみると、2人暮らしで使用する飲料水の平均はおよそ25リットルと言われています。

さらに調理にも使う可能性を含めると、ウォーターサーバーの平均的な使用量は、およそ40~50リットルを見込んでおけば十分となります。

もちろん、生活のしかたや個々に使いたいと考えている使途によって増減はあります。

ウオーターサーバーの契約をする時には、この平均使用量を元に損をしないような会社を選ぶことが大切です。

一人暮らしとは違い、ある程度のボリュームがあっても大丈夫ですが、毎月の生活リズムの変動が激しい家庭では最低使用量などが決まっていないサーバーの方が安心です。

一定の間隔で届くものは便利ですが、いつでも無くなった時に次のボトルを注文できるタイプも使わずに貯まる心配がありません。
置き場所となる空きスペースの少ない家では、補充ボトルの保管に苦労することもあります。

ウォーターサーバーを2人で使う暮らし

ウォーターサーバーは、主に飲料水と料理の水、スキンケアなどに使用することが多くなります。
どんな家庭でも家にいる間に水分補給はしますが、料理やスキンケアなどは各家族ごとの年齢や性別によって違ってきます。

例えば、男性2人の暮らしと女性2人の暮らしでは、その差が激しくなります。

男性だけであれば、料理をあまりせずに外食や惣菜などが増えますし、スキンケアの必要性もあまり感じないかもしれません。

一方女性であれば、毎日のスキンケアに綺麗なウォーターサーバーの水を使うことは非常に魅力的ですし、やはり美容のために手料理を作る回数は増えるかもしれません。

(もちろんスキンケアの使用するのであれば、余計な成分が入っていないピュアウオーターが適しているので、ミネラルウォーターは使えませんが。)

一概に2人暮らしといっても、こうした差があることも考える必要がありますので、ウォーターサーバーを申し込む場合には、平均使用量でおおよその水の使用量を予測するだけでなく、使い始めてから柔軟に水の量を変更できるものが便利です。

水の使用量は一定ではないから

水の使用量
ウォーターサーバーを利用する場合には、それぞれに使用の申し込みをすることになります。
申し込みをする際の契約内容が厳密であると、その後の使用量の変化に柔軟に対応できないこともあるため、注意が必要です。

家族の人数が少ないと、生活の変化などによって使用量が大きく変動することもありますし、男女によっても使い勝手に違いがあり、自分たちの使用量が平均使用量と大きく違ってくる場合もあります。

こうした変化に対応できるものを利用すると、無駄なくウォーターサーバーを活用できるでしょう。

2人暮らしのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの利用をするにあたっては、お水の平均使用量をあらかじめ調べておくと便利です。

2人暮らしに適したサイズ、契約のしかたなどを比較して、より便利なウォーターサーバーを選びましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る