ジュースは水分不足解消に向いていない?

水分不足にジュースは向いていないといえます


人間が生活していくためには、水分補給をしていかなければいけません。

もしも、水分不足の状態となり、補給ができなくなれば、3日耐えられないとも言われています。

それほど水分が重要になってきますが、こまめに水分補給をしていくことが必要です。

ですが、何でも水分不足を解消できるのかといえば、実際にはそうではありません。

ジュース類を飲むことによって、補給ができるかといえば、うまくいかないことが出てくるのは理解しておかなければいけません。

ジュースは水分不足の解消に向かない

水分不足を解消させるのであれば、吸収しやすいものが適しています。

お水がいいといわれるのは、不純物がないからです。

他の成分があれば、それだけ吸収を阻害してしまうため、お水が向いているといえるでしょう。

ジュースには、さまざまなものが入っています。

カフェインもあれば、糖分もあり、これらが水分不足を解消する以上に、良くない影響を与えてしまうことが問題です。

ジュースは問題も多い

ジュースには、さまざまなものが含まれています。

中には、体に影響を与える成分も多数あることから、問題も多数あることを理解しなければいけないでしょう。

特にジュースは糖分が多く含まれており、体に与える影響を考えて水分補給に使っていかなければいけません。

果糖が含まれていること

ジュースの何が悪いかといえば、単純に糖分の問題があるでしょう。

商品によって違いがあり、一概には言えませんが、相当な糖分が含まれています。

表記があるものもありますが、かなりの量であり、これが悪影響を与えます。

正確には、糖分といっても果糖ブドウ糖液糖といった成分で、合成甘味料が使われているところが問題です。

強い甘みを感じるように合成されていますが、コスト的にも安価で手に入るというところもあるでしょう。

メリットとして考えれば、糖分であるのにもかかわらず、血糖値は急激に変化はしません。

ですが、糖分には変わりがなく、分解できる限界があり、代謝できなくなる可能性が出てきます。

そうなると、血糖値は上昇しますし、脂質にもなるため、メリットになると言いきれるかといえば、そうではありません。

非常に負担を掛けることになりますが、中にはカフェインまで含まれているものもあります。

最近知られるようになったエナジー飲料でも同じようなことが知られるようになりました。

糖分が過剰に含まれていることから、エネルギー以上の糖分を摂取してしまう部分です。

目的を考えて利用する分には効果をあげられますが、水分不足に対する手段としては、適切とはいけないでしょう。

水分不足にジュースが合わない点

水分補給ということでは、1日2リットル近く必要と考えられます。

これだけの量をジュースで補えば、どんなことが起きるのかも考えていかなければいけません。

果糖ブドウ糖液糖が問題点となってきますが、非常に速く吸収されてしまいます。

エネルギー不足に陥っているときには、大きなメリットにつながりますが、代謝されない分は中性脂肪に変わるところが重要です。

皮下脂肪や内臓脂肪が注目されるようになりましたが、中性脂肪がこれらを作り出し、肥満の原因として影響を与えることになるでしょう。

特に1日に必要な水分量を補えば、肥満になってしまうのは当然の成り行きです。

中性脂肪の危険性は、動脈硬化などにも影響していくため、かなり危険な状態を作り出すことになるでしょう。

血糖値も必然的に上昇することになりますが、急激に上昇すれば、体は危険性を考えインスリンを分泌します。

エネルギー代謝を控えるようにして、脂肪を分解するように働きかけることになりますが、これが低血糖状態を引き起こしてしまいます。

ジュースなどの過剰摂取で起きる現象ですが、意識が遠のくことすらありますし、疲れが抜けないといった現象も出てくるのが重要です。

カフェインが含まれている場合には、利尿作用が働くことになり、飲んだ分以上の水分が排出されてしまいます。

水分補給のつもりが、水分不足を引き起こすのですから、本末転倒といっていいでしょう。

体内に必要な水分をどんどん排出するのですから、考える必要があります。

安全なのはお水

適切な水分補給を考えれば、お水が一番であるのは間違いありません。

それでも、1回に大量摂取すれば、問題が出てきてしまいます。

一日の中で数回に分けて、コップ1杯ずつを繰り返して摂取していくことが、水分不足になりにくい体を作っていくことができる方法です。

内臓を傷めないようにするためにも、冷たいままではなく、温めたりすることも必要でしょう。

水分不足に対してはジュースは危険


ジュースをたまに飲むことは、ストレス発散にも良いでしょう。

甘いものが飲みたいと思うこともありますし、我慢を続けていれば、これもストレスになってしまうからです。

しかし、水分不足に対して、ジュースを継続的に飲み続けることは、水分不足を回復させる以上にリスクが大きくなっていきます。

さまざまな栄養分があるといわれたりもしますが、それ以上のリスクを抱えることを理解して摂取していくことが必要です。

ジュースは適度に楽しみ、水分補給にはお水を飲みましょう

楽しむ程度に飲む分には、ジュースが悪いわけではありません。

適量を考えておけばいいのですから、お水を中心に水分補給を考え、楽しめるようにするといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る