耐用年数を気にする必要のないウォーターサーバー

耐用年数を気にしない安全なウォーターサーバー

ウォーターサーバーの耐用年数
一般的に電化製品などには耐用年数があります。
ウォーターサーバーにも耐用年数があり、5~10年と言われています。

しかしウォーターサーバーは常に衛生面において体に害のない水を飲みたいものです。
そのために重要なのはメンテナンスです。

ウォーターサーバーのメンテナンスについては頻度や内容はいろいろです。
しかし、サーバーの交換やメンテナンスを頻繁に行ってくれれば、耐用年数を気にせずに使用していくことができます。

メンテナンスやサーバーの交換をしてくれることで、不具合がなく、菌の発生を未然に防ぐことができます。

長く使っているとどのような不具合が出る?

メンテナンスや交換がなく、長い間使用していると、ウォーターサーバーには不具合が生じます。

危険なのは衛生面です。
サーバーの外側は掃除をすることができますが、内部の汚れや水アカなどは自分ではできません。
それを放置しておくと、菌の発生につながります。

また、長い間使っていると、摩耗や傷みもあり、温水が出なくなったり、電気代がかかったりすることも考えられます。

耐用年数を考えずにすむウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーの耐用年数は5~10年と言われ、長く持つものも多くあると言われています。

しかし、長く使うほど機器が故障しやすくなります。
特にウォーターサーバーは故障も心配ですが、衛生面が気になるものです。

耐用年数を気にせずに使うには、メンテナンスをしっかり行ってくれる、もしくはサーバーごと交換してくれるということが大切です。

メンテナンスでウォーターサーバーの耐用年酢を気にしない

ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントとして、機器の丈夫さも大切かもしれませんが、メンテナンスについてもチェックしたいものです。

サーバーの外の掃除や目につく箇所は掃除をすることができますが、内部の汚れなどはプロでないとできません。

メーカーさんによっては、定期的にメンテナンスをしてくれます。

メンテナンスでは、機器を分解し、内部の細かい点まで点検、洗浄、消毒をしてくれます。
機器が故障する前に改善でき、衛生面においても安心です。

耐用年数が来る前に交換してくれるウォーターサーバー

メンテナンスをしっかりしてくれるメーカーのウォーターサーバーは安心ですが、さらにサーバーの交換を定期的にしてくれるメーカーもあります。

中には2年に1度サーバーごと交換してくれるというケースもあり、安心です。

耐用年数が5~10年と言われているウォーターサーバーですから、2年で交換してくれれば、故障の心配もなく、何より衛生面においても安全です。

自分でできるメンテナンスとは?

メンテナンスはメーカーさんを頼るだけでなく、自分でも行うことが故障などを防ぐことにつながります。

自分でも次のようなメンテナンスをするようにしましょう。

蛇口の掃除はこまめにする

蛇口は頻繁に触る部分で、汚れた手や料理をしている手で触ることも多く、雑菌が繁殖しやすい部分なので、こまめに掃除をすることが必要です。

受け皿の掃除も忘れずに

受け皿にはお水などが溜まりやすく、そのまま放置しておくと雑菌の繁殖につながります。

水が溜まらないよう、こまめに掃除をしましょう。

ボトルの周りには注意を

水の際込み口などが空気などに触れ、雑菌が繁殖しやすい部分です。
ボトルを交換するタイミングで、差込口の掃除をしましょう。

本体を清潔に保つ

サーバー本体にも汚れやホコリがつきます。

固く絞ったタオルなどで拭く程度でもいいので、定期的に汚れを落とすことが必要です。

サーバーの背面の掃除を

サーバーの後ろ側はホコリが溜まりやすいです。
掃除機でホコリを吸い取るなど、掃除を怠らないようにしましょう。

ウォーターサーバーの取り扱いに注意して耐用年数を延ばす

ウォーターサーバーを正しく使用し耐用年数を延ばす
ウォーターサーバーの耐用年数は短くはありませんが、取り扱いに注意することで、機器の故障などを防ぐことができます。

その一つはウォーターサーバーの設置環境にも配慮することです。
例えば換気の悪い場所に置かないことです。
設置する場所は壁から10cmは離し、平らな場所に置くことが必要です。

雨の当たる場所や直射日光の当たる場所、電気製品や高級家具などの上かその周辺に設置するのは避けるようにしましょう。

また、正しく使用することも、ウォーターサーバーを長く使うためには必要です。
ウォーターサーバーの使い方などは分かっているつもりでも、種類によっては異なる部分もあります。

注意して使う部分もあるでしょう。
説明書をよく読んで、正しく使うようにしましょう。

ウォーターサーバーは耐用年数を待たずにこまめなメンテナンスを

ウォーターサーバーの耐用年数は5~10年と言われています。

しかし、毎日水を使うものなので、長く使用していると機器の摩耗や故障などで、快適に使えなくなったり、衛生面にも不安が生じたりします。

特に雑菌が繁殖しやすいため、メンテナンスはしっかり行いたいものです。
メーカーによっては、専門家が内部まで分解しメンテナンスを行ってくれたり、2年で交換をしてくれたりするケースもあります。

それなら安全に使うことができるので、ウォーターサーバーを選ぶ際には、メンテナンスの点においても確認をすることが大事です。

関連記事

ページ上部へ戻る