【間違えやすいお水の知識】ミネラルウォーターと天然水の違い

ミネラルウォーターと天然水は違うのかどうか

ミネラルウォータと天然水の違い
ミネラルウォーターと天然水の違いは、どちらかを比較して優越を競うということではありません。

ましてやミネラルウォーターと天然水が全くの違いを持つものというわけでもありません。

ミネラルウォーターと天然水のそれぞれは、それぞれの基準に沿って正しく定められており、それが消費者の混乱の元にもなっています。

ミネラルウォーターも天然水も、基本は飲用のお水であること、そしてその成分がどうやって処理されて、何が含まれているかという点が、唯一区別するための方法と言えそうです。

加工とミネラルウォーター

ミネラルウォーターの定義には、加工の有無等の違いはありません。
また、天然水はその加工の過程が問われます。

その二つの飲料水の違いは、加工の有無と言っても嘘にはなりません。

しかしそれに加えて、その含まれる成分の有無も関わりが深いと言っても良いでしょう。

加工のないものは天然水と言えますが、その中に自然のミネラルが入っているならばミネラルウォーターと言えるという難しさもあります。

天然水とミネラルウォーター

ミネラルウォーターと天然水の違いは消費者には伝わりにくい
天然水とミネラルウォーターの違いについては、多くの人が混同しており、またそれが間違えではないこともあります。

また、ミネラルウォーターの商品名として「天然水」と銘打ってあったり、ミネラルウォーターの多くが天然水であるかのような評判となっていたりと、図らずとも消費者にはわかりにくいものになっています。

ミネラルウォーターと天然水は同じものである、とも言えませんが、全く別ものと言えるものではありません。

そして、これは単一のみかたから分けられる区分なのではないことをまずは、理解しましょう。

ミネラルウォーターと天然水の定義と日本の基準

天然水とミネラルウォーターの区別は、実はどちらかを比べるという話ではありません。

天然水とミネラルウォーターのどちらも当てはまる場合もありますし、どちらかしか当てはまらないこともあります。

天然水は基本的に、自然の源水を採水したもので、文字通り天然の水です。

一方ミネラルウォーターもミネラルの含まれた水ということで、自然に育まれてミネラルをその中に取り込んでいった水はミネラルウォーターということができます。

ただし、殺菌などの商品化に際して施された行程によって天然水ではなくなってしまうこともあります。
ろ過、沈殿、加熱殺菌のみの加工を行っただけのものを天然水といいます。

天然水は自然の恵みをできるだけそのままにして、安全性を確保したもので、自然に含まれたミネラルに関しても多くがそのままの形を残します。

反してミネラルウォーターとして総合的に称されるモノの中には、前述の加工に加えて化学処理や更なるミネラル分の追加を行われることがあります。

後からミネラルを添加するのはミネラルウォーター?

基本的に天然水はそのままの形をできる限り守って、栄養素などもプラスマイナスを人工的に行っていないことが前提となります。

それ以外のミネラルの添加や一度ミネラル分を取り去って味の調整をしてからの再添加などをしたものは、ミネラルウォーターとなります。

ミネラルウォーターの中にも、加工をしない天然水であるものもあり、それをナチュラルミネラルウォーターと呼びます。

後付けにせよ、自然の恵みにせよ、ミネラルが入っているものをミネラルウォーターといい、反対にミネラルが入っていようといまいと最低限の加工のみで自然のままの成分を保っているものを天然水と呼んでいるのです。

良い成分を良い形で

後から調整してミネラルを添加したものも、味を悪くするような、余分で体に必要のないミネラルを引いたものも、その人に合った成分調整であれば、問題はありません。

むしろ、強すぎるミネラルを含んだものを飲み続けたりすることで体調を崩すこともあります。

自分で好みの味わいや必要な栄養素に応じて、より飲みやすいものや必要とされる水を選ぶことが大切なのです。

自然のミネラルが入った天然水もあります

ミネラルウォーターは、ミネラルを含んだ飲料水のことを指します。
そして天然水は自然の恵みをそのままの形で残したものを指します。

天然水の中には、長期間における移動を通して、大地のフィルターをくぐり抜けて自然のうちに大地のミネラル分を得たものもあります。

それは添加物等の特別な加工なしにミネラルウォーターとして生成されて私たちの目の前に現れます。

この二つの違いがわかりにくいのは、自然の力によって水は思いもよらない栄養を蓄えるためなのです。

ミネラルウォーターと天然水の違いは成分と加工方法

ミネラルウォーターと天然水の違いは、成分の差というよりも、加工の方法にあります。

また、天然水の中にはミネラルウォーターとして認められるものもあります。

どちらもその加工方法によってその良さを生かしているため、それを選ぶのは消費者の皆さんの価値観に依るところとなりそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る