ミネラルウォーターは病気の予防や改善に役立つ

ミネラルウォーターで病気対策できると言われてています

ミネラルウォーターで病気対策
添加物を加えていないミネラルウォーターは、体に有害なものが含まれない上においしく飲むことができます。

それだけではなく、適度に飲むことでいろいろな病気の予防や改善にも役に立つのです。

もともとお水を飲むことで体の代謝が上がってすっきりするものですが、それをミネラルウォーターにすることによってさらに病気に対しての効果が期待できるようになります。

それは、お水に含まれるミネラル分が体によい影響を与えるためであり、血液をきれいにしたり水分バランスを整えたりといった作用で健康な体に導いてくれるわけです。

血液の不調からくる生活習慣病にも効果的

お水を毎日適度に飲むことは、健康な体のために有効なものとされています。
ヨーロッパでは、お水を使ったアクアセラピーと呼ばれる治療が行われており、その効能は一定の信頼を置かれているものなのです。

特にミネラルウォーターを用いることで、血液の浄化や代謝向上に役立つと言われており、血液の不調からさまざまな形で発症する生活習慣病にも有効となるとされます。

ミネラルウォーターといろいろな病気の関係

ミネラルウォーターを飲むことで、私たちがさらされている病気のリスクを下げ、病気予備軍となっている場合にもその状態を改善することができると言われています。

特に血液の状態によってさまざまに引き起こされる病気の予防や改善を目指すにはミネラルウォーターが重宝されるのです。

ミネラルウォーターに期待できる効果

主にお水で期待される効果とは血液の状態を改善することですが、血液が流れにくく老廃物が多い状態になっていることで起こる可能性がある病気は、血液をきれいにすることで改善されると考えられます。

その病気について描きに挙げていきます。

  • 脳梗塞や心筋梗塞
    ひとたび起こってしまうと重篤な状態にもなりかねない脳梗塞や心筋梗塞は、それぞれの器官に続く血管の中に血栓ができたり、血管が狭くなったりなどして血流が阻害されてしまうことで起こります。
    これは血液の濃度が濃すぎて流れにくくなっていることに加え、コレステロールなど本来排出されるものが血中にとどまり続けることで発生するのです。ミネラルウォーターを飲むことで水分を補給して血液の粘りを薄めるだけではなく、含まれるマグネシウムが血管を柔らかくし、血圧が上がるのを防ぐことができます。
  • 糖尿病
    糖尿病は血糖値の上昇によって高血圧を引き起こすだけではなく、体の各器官に正常に栄養が運ばれなくなってしまう病気です。
    これを防止するためにミネラルウォーターができることは、水分補給によって血中の糖分の濃度を下げることと、ミネラル中のマグネシウムやバナジウムが血糖値の下降を助けることと考えられます。
  • 便秘
    不規則な生活やストレスなどによって、腸の動きが鈍くなってしまった結果、便秘を引き起こしてしまうこともあります。
    お腹の不快感だけではなく、栄養分がうまく取り込まれなくなってしまうこの状態は、朝起きてすぐにお水を飲むことで腸の動きを呼び覚ますことで改善が見込めます。さらに、マグネシウムやカルシウムが便通の改善を助けてくれるのです。
  • 不眠
    何かと忙しい方が多い昨今では、ストレスや不規則な生活でうまく眠れない方も多いでしょう。
    ミネラルウォーターに含まれるカルシウムは、緊張状態から緩和してくれる効果があると言われ、体も心も安定することができるという点から、リラックスして眠りにつくことが期待できるのです。

どれくらい飲むのがよいか

ミネラルウォーターにさまざまな病気の予防や改善が見込めることは上記のとおりですが、では実際にどれくらいの量を飲むのが適切なのでしょうか。

もちろん量が足りないと思ったような効果が得られないことが考えられますし、逆に飲み過ぎてもむくみなどの状態が出て逆効果になることもあります。

一般的には1日に1.5リットルから2リットル程度が適量と言われており、市販されている2リットルペットボトルで1本前後あたりを目安にするとよいということになります。
私たちの体は毎日2リットルから3リットル程度の水分を排出していますから、食べ物と合わせて摂取する水分量としては適切と言えるわけです。

一気に飲めばよいわけではない

量として1.5リットルから2リットルと言うといささか多い気がしてくるものです。
そのため、少しでもたくさん飲むために一度に大量を飲んでしまう方もおられるかもしれません。

また、その摂取量を見ただけであきらめてしまうこともあるのではないでしょうか。
無理なくしっかりミネラルウォーターを摂取するためには、1日数回に分けて飲むのがおすすめです。

1回をコップ1杯程度とし、毎食前、お昼の休憩、入浴の前や後、就寝前など、飲むタイミングを決めて飲むほか、ちょっとのどが渇いたときやすっきりしたいときなどに飲むようにすれば、1.5リットルから2リットルは意外と簡単に飲むことができます。

適度な飲み方で健康を守れる

ミネラルウォーターを適度な量を飲んで健康に
もともとお水を飲むことだけでも血液を浄化して病気の予防や改善、そして代謝アップなどを図ることができると言われます。
そこにミネラル分が加わることでさらにミネラルパワーの恩恵を受けることができるのです。

ミネラルとは私たちの生体活動には欠かせないものであり、健康な状態で活動するためにさまざまな役目を果たします。

その手助けとしてミネラルウォーターを飲むことは有効となり、さらにバランスのよい食事と組み合わせたり飲むタイミングを決めたりすることで、体によい効果をもたらせるかもしれないのです。

ミネラルウォーターを飲んで手軽に健康を守る

普段の生活でお水を飲むことは、私たちにとっては自然なことです。毎日行っている自然な行為で病気の予防や改善が行えるとあれば、ぜひ普段の習慣に取り入れたいものです。

このように手軽にできる病気対策は、長く続けられる要因にもなるでしょう。



関連記事

ページ上部へ戻る