ミネラルウォーターの添加物は安全なのでしょうか?

ミネラルウォーターの添加物は栄養成分?

硬水は日本人に不足しがちなミネラルを補ってくれる
ミネラルウォーターの中に含まれる栄養成分は、天然のものであれば大自然の恵みを長い時間をかけて受け取った結果と言えます。

大地の自然のろ過装置を通り抜けて育んだ天然成分です。

人工的に加えられた添加物も悪いものではありませんし、それによって味を調節したり成分を安定させたりすることができます。

保存のためなどの化合物は安心とは言えませんが、より高い成分や美味しさを求めるためのものは必要な措置であることが考えられます。

ミネラルウォーターの基準を満たすための加工

ミネラルウォーターの加工は、国によってそれぞれ定められていたり、商品の分類上の区別になったりしています。

ミネラルウォーターとしての基準を満たすために、添加物を加えたり、成分を調整したりすることもあります。

加工は濾過加熱処理殺菌除菌などが中心となり、プラスアルファの効果のためにミネラル分を調整したり他の栄養素を加えたりもします。

ミネラルウォーターの添加物の成分は?

ミネラルウオーターには、各種ミネラル分が含まれており、そのミネラル自体は調合や後からの添加などの調整の有無は問われません。

人工的にミネラル分を配合したものを普通のミネラルウオーターと言い、自然のままの状態を多く残すために、最低限の殺菌、除菌のみを行います。
化学的な処理やミネラルの添加などを行っていないものをナチュラルウオーターと呼びます。

さらに自然のままでミネラル分を含んでいるお水は、ナチュラルミネラルウオーターです。

摂りにくいミネラルが簡単にとることができる

ミネラルウオーターは、飲用することで簡単に自然のうちにミネラルを摂ることができて、とても便利です。

食べ物からも摂取することはできますが、毎日意識的に食品を選んで食べるのはとても負担となりますし、好き嫌いもあります。

しかし、お水ならお茶や料理などで味わいを変えて摂取することもできますし、水自体を飲むことに抵抗ある人はあまりいません。
誰でも摂りにくいミネラルを簡単に摂れるのです。

添加物を加えて体の動きや成長を助ける

ミネラル分には、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどさまざまなものがあり、体の動きや成長を助けます。

体の筋肉の動きや新陳代謝を活性化させたり、他の栄養素が働く手助けをしたりする役割があります。

体の器官や細胞を育てるために必要な物質を生み出し、栄養分を効率よく吸収させます。

これらのミネラル分が自然の状態の水に含まれていても、飲用に適していなかったり、不足していたりすれば、それを調整したり足したりすることになります。

一度これらの成分を取り除いてから、味などを調整してから再度加えるということもあります。保存料などミネラルと関係のない成分を加えているものも中にはあります。

これは法律で定められていない成分であれば、表示されないこともあります。

しかし基本的には、密閉性の高いボトルや精密なウオーターサーバーでは、最低限の殺菌処理だけでも開封前であれば保存料等を必要としません。

添加物は人工的に味わいを調整するのが目的

ミネラルの添加に関しては、安全性に問題はありません。

人工的にミネラルの添加物を足したり引いたりすることは、栄養分や味わいを調整するだけの目的で行われています。

それでも天然にこだわるのであれば、ヨーロッパ産のミネラルウオーターが適しています。

ヨーロッパの多くの場所では、ミネラルウオーターは水源や基準が厳しい中で採取され、採取されたままの状態でボトルに詰められているからです。

ミネラルが必要ない場合もあります

ミネラルウオーターの成分に関しては、化学添加物以外のものについて考えるのであれば、天然かどうかではなく、その含有量に注目すべきです。

ミネラル分を摂りたくない人や弱いミネラル分で十分な人は、成分の少ない超軟水やピュアウオーターという選択肢もあります。

特に、赤ちゃんはミネラルを尿として排出する機能がうまく機能しないためミネラルウォーターはおすすめできません。

ミネラルウォーターとピュアウォーターの違いは以下のとおりです。

  1. 軟水と硬水の特徴
    軟水はミネラル分が少なく、味わいもまろやかです。さらにミネラルが少ないものを超軟水などと呼びます。硬水はミネラルが多く含まれており、ヨーロッパ産のもので多く見られます。
    日本人には、硬水はあまりなじみがないため、飲みにくさを感じたり体調を崩したりすることもあります。
  2. ピュアウオーターの特徴
    ほとんどミネラル分を含まない純水です。
    赤ちゃんや妊婦さんにも安心して飲まれています。ミネラルを取りすぎてはいけない疾病を持っている場合も安心です。

添加物は法的基準に沿って飲みやすさ、栄養分のバランスを整えている

殺菌処理を行っていなくても安全は保障されている
ミネラルウォーターに含まれている添加物には、新たに加えられたミネラル分とその他の保存や味付けなどのための成分です。

ミネラルウォーターというと、本来持っている成分自体が良いもので、それをそのまま使っているというイメージがありますが、それは正しくありません。

殺菌処理や成分の調整などによって飲みやすさや栄養分のバランスを整えているものが多く、法律での基準もあります。

お水の成分によっては、これを行わないとミネラルウォーターとして取り扱えないのです。

ミネラルウォーターで安全に栄養補給を

ミネラル分などの添加物が加えられているミネラルウォーターもそのままの状態でボトルに詰められたものも厳しい基準をクリアしていれば、安全に飲用することができます。

より美味しさと安全性を求めるのであれば、ミネラル分の含有量によって選ぶと良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る