妊婦さんが硬度の高いお水を飲む際の注意点

妊婦さんに適したお水の硬度は?

妊婦さんに適したお水はピュアウォーターや軟水
妊婦さんは普段よりも多めの水分補給が必要です。
現在ではさまざまなお水が市販されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

お水によって味も体に対する影響も異なりますので、選ぶ際には注意が必要です。

妊娠中のお水の選び方の目安の一つとして硬度があります。
妊婦さんが硬度の高いお水を飲む際には飲み過ぎや飲むタイミングなどに注意が必要です。

妊娠中は硬度の高いお水は控え、軟水や純水(ピュアウォーター)などを飲むのが安心です。

硬度の高い水は腎臓に負担がかかる

硬度の高い水にはミネラルが多く含まれています。

時には妊婦さんにとっても硬水がいいと言われる場合もありますが、硬度の高い水は赤ちゃんの体にも負担がかかります。

つわりなどで体が敏感になっていることも多い妊婦さんには、軟水や純水(ピュアウォーター)の方が負担がかるく、体調不良になる心配が少ないと言えます。

妊婦さんには硬度の高い水と低い水、どちらがおすすめ?

さまざまあるお水の中で、どのようなお水を選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

妊娠中は特に赤ちゃんへの影響も考えると、安全なお水を選びたいものです。

どのようなお水選びをすればいのかについて紹介しましょう。

妊婦さんに硬度の高いお水はオススメしない?

硬度の高い水というのは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルの含有量が多いお水のことです。

通常でもミネラル分が多いお水は、体に合わないと下痢や便秘の原因になることがあります。

それを考えると、妊娠中は硬度の高いお水は控えた方がいいでしょう。

含まれているミネラ分が刺激となって、下痢や便秘になってしまうのは不安なものです。
また、お腹にいる赤ちゃんは内臓機能が未発達なので、硬度の高いお水は負担が大きいものです。

お腹の赤ちゃんのことを考えると、硬度の高いお水は体調に合わせて飲むようにした方がよさそうです。

妊婦さんにとって硬度の高いお水の方がいい場合もある?

先に述べた理由によって、妊婦さんは硬度の高いお水は控えた方がいいということになりますが、時としてはミネラル分の多い硬度の高いお水を飲むこともオススメです。

それは適度なミネラル分が腸を刺激するので、便秘の解消になるということもあります。
朝、コップ1杯の硬水を飲むのも、便秘の解消にはいいようです。

ただし、あまり硬度の高すぎるお水は、刺激になりすぎてしまうので、適度な硬度のお水を選ぶことが必要です。

また、硬度の高い水を飲んでいる場合、下痢をすることもあります。
その場合は軟水やミネラル分の含んでいない純水(ピュアウォーター)を飲むようにしましょう。

また、適度にミネラル分が入っているお水はおいしいというメリットもあります。
お水を飲むのが苦痛になってはストレスになってしまうので、時にはおいしいと感じられるお水を飲むのも大切でしょう。

妊婦さんには軟水や純水(ピュアウォーター)がオススメ

先ほど説明したように、硬水の場合は刺激が強く腎臓の負担になるという理由で、硬度の高いお水は控えた方がいいと言われています。

軟水はミネラル分が少なく、また、純水(ピュアウォーター)にはミネラル成分が含まれていません。その分、安心して飲めるというメリットがあります。

また、純水(ピュアウォーター)のメリットは不純物がほとんど取り除かれているので、安心して飲めるということです。
ミネラルウォーターは殺菌や検査が義務付けられていますので、どれも安心して飲めるものです。

しかし、ろ過方法はさまざまなのでわずかですが不純物が取り除かれていない場合もあります。
もちろん、人体に影響はないものですが、妊娠中は少しの不安も感じたくないものです。

それであれば、純水(ピュアウォーター)を選ぶことで、不純物に対する不安は解消されます。

妊婦さんの飲むお水は赤ちゃんにも影響する

お腹の赤ちゃんにも影響する妊婦さんの飲むお水
妊婦であるお母さんの飲むお水が、赤ちゃんに影響するということは知らない人はいないと思います。
赤ちゃんは羊水の中で発育していますので、羊水がキレイで純粋なお水であることは大事なことです。

近年では子どものアレルギーや小児ぜんそく、異常出産などが増えているのは、お母さんの飲んでいるお水が影響していると考えられています。

天然水だから、ミネラルウォーターだから、ということだけで選ぶのは危険です。
ヒ素の濃度は硬度の高さと関係するとも言われています。

硬度の高いお水が危険であるとは一概には言えませんが、飲むタイミングや量などに注意することが大切です。

妊婦さんが硬質なお水を飲む時の注意点

硬度の高いお水はマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分が多く含まれています。
そのため、便秘をしやすい妊婦さんにとっては、ミネラル成分が腸を刺激し便秘の解消につながるというメリットがあります。

しかし、硬度の高いお水は刺激が強く、下痢などのトラブルを起こすこともあります。
体に合わないと、かえって便秘を悪化させてしまうこともあります。

また腎臓に負担をかけるので、機能が低下し体調不良を招くことも考えられます。
さらに、お腹の赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまうこともあります。

妊婦さんが硬度の高いお水を飲む際には飲み過ぎや飲むタイミングなどに注意が必要です。
[ad#cvbaby]

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る