妊婦さんがのむ便秘解消のためのお水の摂り方

お水を摂って妊娠中の便秘を解消

お水で便秘を解消する方法
妊娠すると便秘をしやすくなります。

便秘を解消するには運動が大切ですが、お腹が大きくなればなるほど思うように動けず、運動をするのが大変になります。

お水をしっかりと、正しく摂取すること、つわりの時期などの水分を摂取できない時には氷をなめる、ハーブティーを飲むといった方法での水分摂取が、便秘の解消に役立ちます。

食生活を改善することも、便秘の解消には大切ですが、便秘を解消する際に重要なのがお水です。

水分が不足すると便秘になる

妊娠をしていない状態でも、水分が不足すると便秘になりやすくなります。

普段よりも水分が大量に必要な妊娠中は、水分が不足すれば便秘になってしまうのは当然のことです。

水分が足りないと便が硬くなってしまいます。

体内の水分が足りないと、体は体外に排出する水分を減らそうとし、便の水分が減り、硬くなるのです。

妊娠中の便秘の解消法

妊娠中は便秘をしやすい体になります。

便秘を解消するには、どのような方法があるのかを紹介しましょう。

妊婦さんの便秘を水分摂取で解消

つわりの時期は、食べ物や飲み物を摂りにくくなります。

そのため、お水だけではなく、食べ物からの水分も摂りにくく、水分不足になってしまうことが多いのです。

つわりの時期は特に注意をして水分を摂っていきたいもの。

そのためには、次のような摂り方をしてみるといいでしょう。

氷をなめる

お水を飲むのもつらい、という場合は氷片を口の中に入れて溶かしながらなめるといいでしょう。

口の中もさっぱりして、水分も摂ることができます。

少しずつでいいので水分を摂る

水分は一気に摂るとむくみなどの原因になりますので、1回にコップ1杯程度のお水を摂ることがいいとされています。

しかし、コップ1杯程度の水を飲むのも苦しいという場合は、もっと少なくてもいいので、こまめに水分補給をするようにしましょう。

朝起きた時にお水を飲む

朝起きてすぐにお水を飲むことで、腸が刺激され排便が促されます。

白湯にして飲む

冷たいお水は血行を悪くしてしまうので、常温で飲むことが基本ですが、それでも飲みにくいという場合は、白湯にしてみましょう。

温かい方が飲みやすい場合があります。

妊婦さんが便秘をした時の水分補給の注意点

便秘には水分補給が大切ですが、摂取方法に注意が必要です。
大量に飲めばいいと、一気にたくさんの水を飲むのは、内臓に負担をかけるとともに、水分を処理しきれずにむくみにつながります。

冷たい水も同じです。また、市販されているミネラルウォーターなどを利用している人も多いと思いますが、硬度にも注意が必要です。

ミネラル分が多いと腸の刺激になるというメリットがあるものの、処理をする腎臓に負担がかかるというデメリットもあります。
硬度の高すぎるお水は刺激が強いこともあるので、注意が必要です。

硬度の低い軟水やミネラル成分が含まれていない純水(ピュアウォーター)がオススメです。

純水(ピュアウォーター)で入れたハーブティーで便秘を解消

安心して飲める純水(ピュアウォーター)でハーブティーを入れて飲むのもオススメです。
特につわりの時にはジンジャーを使ったものがいいでしょう。

妊婦さんでも安心して飲める、ダンデライオンルート、カモミール、ラズベリーリーフ、ネトル、オレンジピールなどもオススメのハーブティーです。

妊娠中は飲んではいけないと言われているハーブもあるので、注意しましょう。

妊娠中に飲んではいけないとされているのは、セージ、ジュニパー、ローズマリー、ジャスミン、アンジェリカ、フィーバフュー、セントジョーンズワートなどがあります。

この他にもあるので、ハーブティーを飲む際には確認するといいでしょう。

妊婦さんの便秘の原因

妊婦さんの便秘の原因
妊婦さんが便秘をしやすい原因の一つが、黄体ホルモンの分泌です。

黄体ホルモンには子宮の収縮を抑える働きがあり、それとともに平骨筋という筋肉の収縮も抑えるので、腸の蠕動運動を阻害してしまうのです。

さらに、黄体ホルモンは体内に水分を蓄積させるよう、作用するので、便の水分量が減り、普段より便が硬く、排便しにくくなるのです。

排便しにくくなるため痔になってしまう妊婦さんも多く、痔になることでさらに便秘に拍車をかけてしまうのです。

また、子宮は大きくなり腸を圧迫し血流が悪くなり、また肛門も圧迫されるので便秘になりやすいのです。

さらに妊娠中は精神的にも不安定になり、ストレスを感じやすくなります。
ストレスは自律神経を乱し、それが腸の運動に影響を与えることで便秘が起こります。

妊婦さんの便秘解消にはお水の摂取が欠かせない

さまざまな理由により妊婦さんは便秘しやすくなります。
特に普段よりも水分が必要になるのですが、つわりなどの時期は水分を摂るのもつらくなるため、さらに便秘が悪化します。

しかし、つらいからといって水分不足のままでは便秘が解消されませんし、さらに体調不良にもつながります。

つわりの時などはこまめに水分を摂るようにする、氷片をなめる、ハーブティーなどを飲むといった方法で水分を摂取することが便秘の改善につながります。
[ad#cvbaby]”

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る