血糖値の抑制に水分補給は効果的?

血糖値を抑えるための水分補給の方法を知ろう

水分補給で血糖値を抑える
血糖値コントロールは糖尿病の治療などのために重要であり、高血糖は体のあちこちに不調をもたらします。
悪化すると糖尿病の合併症を引き起こしたり、血管に障害を起こしたりし、重篤な症状となることもあります。

血糖値を上昇させないようにコントロールするための方法として、水分補給があります。
水分補給を適切に行うことができれば、食事や運動療法の効果を相乗的に大きくすることもできます。

反対に間違った水分補給をすると、糖尿病を悪化させたり他の臓器に影響を与えたりする恐れもあります。

水分補給は漫然と行っていてもダメ

体に取り込まれた水分は、必要な量しか使われません。
そして余った分の水分は体の血管を通して腎臓に送られて排出に回されます。

水分の排出という働きも、過剰になると腎臓の負担となり、体調不良をいう結果を残します。
過剰な水分を排出させるために、活発に血液を送り出すことが必要となると、血圧はあがります。

血圧は水分が少なくても多くても、それぞれの理由で上がっていくのです。

血糖値と水分補給の効果を考える

血糖値をコントロールするためには、水分補給のやり方を学び、その効果がどのようにしてもたらされるかを論理的に知っておくことが大切です。

自分が摂取した水分がどのように使われているのかを知ることができれば、より良い飲み方のヒントも見つかります。

糖尿病の人もそうでない人も、血糖値をコントロールして、体の健康維持と推進を心がけましょう。

血糖値はどうして上がるか

血糖値というのは、血液内の血糖の量を量ったものであり、糖尿病のリスクを見るのに使われます。

血糖値が高いと体の中に糖が多くなり、その糖が血管や臓器などの働き、組織に悪い影響を与えます。

血糖値を抑えたい場合には、まず、どのようにすると血糖値が上がってしまうのかを考えるべきです。

血糖値とは何か

血糖値は血液の中に含まれているブドウ糖の濃度のことです。

ブドウ糖とは、体のエネルギーとして働く成分の元であり、食べ物を摂ってその中の成分がブドウ糖に変換されます。

血糖値が高いということは、ブドウ糖に変換されるべき食品を多く摂っている可能性が疑われます。

炭水化物や糖質はブドウ糖の元になる主な成分であり、これらを摂取しすぎ、または吸収されすぎることで血糖値が上がりやすくなります。

高血糖と血液の循環への影響

糖が増えると、体の糖代謝が必要となり、血液内に流れ込んで排出させるための働きが活発になります。

糖の代謝を行うインスリンを出す膵臓の負担が増えて、血液に流れた糖は血管を傷つけます。

こうした影響によって膵臓が疲れてインスリンを出せなくなれば、余計に糖は溜まっていきます。

傷ついた血管は硬くなり、糖でドロドロとなった血液が流れることで循環が悪くなります。

水分補給で血糖値を抑制する効果

血糖値を水分補給によって抑制することは、血液を水分で薄めるということだけではありません。

水分は消化器で吸収されて、体の中を血中に混ざってめぐるため、水分が必要なのは当然ですが、主に水分による代謝の働きが血糖値をよくするのです。

老廃物を排出するための尿や便は、たくさんの水分を必要としています。
水分が不足すると尿の排出量が減ったり、尿が出来にくくなったりします。

そうなることで、糖の排出が進まず、血糖が増えてしまうのです。

水分により老廃物の排出を促進することで、体の代謝は高まり、エネルギーの燃焼は良くなります。

すると、たくさんの糖をエネルギーとして使うことができ、血糖値は自然と抑制されていきます。

効果的な水分補給の方法

新陳代謝を高めるとともに、糖の吸収を阻害することで、血糖値は抑えることができます。
こうした働きを十分に生かすための水分補給の方法を選びましょう。

水分補給を効果的に行うことで、血管内の糖を自然にコントロールしてやります。

食事と水分補給のタイミング

食事の時に水分を摂る人は多いことでしょう。
しかし、これには悪い影響も少なくありません。

食事中に水分を摂ると、消化液が薄くなり食物の消化が悪くなります。
胃液が減ることで食欲を抑えることもできますが、消化器の負担も心配です。

また、お水で食べ物を流し込むと、噛む回数が減ってしまい、インスリンの出を悪くすることもあります。

そのため、水分補給をするのであれば食前にすることが効果的です。
食前にお水を飲むことで、満腹感を得ることができ、食事量を減らすことができます。

血糖値を上げない飲料水選び

血糖値を上げないようにするには、飲料水も選ぶことが必要です。

ジュースなどの甘いものはもってのほかですが、その他にも水分吸収を妨げる余計な栄養分なども邪魔になります。

余計なものが入っていないお水は、吸収が良く、老廃物によって代謝を妨げることもありません。

お水にも様々な種類がありますが、純度の高いものを選ぶのがポイントです。
ウォーターサーバーなどを利用して、不純物が入っていないピュアウォーターを選ぶといいでしょう。

糖尿病の予防にも改善にも水分補給を

糖尿病予防に水分補給
糖尿病は、血糖値が上がることでもっともリスクが大きい病気です。
血糖値が増えることは、体の中の循環を悪くして血管などを傷つけますが、糖尿病による合併症も恐ろしいものです。

糖尿病になると、喉が渇きますが、これは糖が体に増えたことによって排出のために血液量を増やそうとする働きです。

そうなる前に、意識的に水分補給をすることで、体のSOSを待たずに血糖を抑えるのに役立ちます。

血糖値と水分補給の関係は深い

血糖値を抑えるためには、正しい水分補給が必要です。
十分な量を毎日体に与えるためには、吸収のよい水分の取り方が大切になります。

血糖値が気になりだしたら、まずは毎日の水分補給を考えてみましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る