生理中の女性は水分不足になりやすいの?

女性は生理中に水分不足になりやすくなります


女性の水分不足はいろいろな面で危険なのですが、特に生理中だとその危険はさらに大きくなってしまいます。

生理中は情緒が不安定になったり、体にもさまざまな変化が起きたりしてしまうため集中力も乱れがちです。

それと水分不足にいったいどのような関係があるのかといえば、生理中に水分不足になってしまうとうっ血が生じやすくなります。

うっ血とは血の流れが滞ってしまうことであり、これによって下腹部の痛みや冷え、むくみといった症状を生じてしまうことがあります。

単純に血液が不足する恐れ

生理中にはたくさん出血しますし、人によってはかなりの量になってしまうこともあります。

これは人によって個人差があるのですが、中には貧血になるほど出血してしまう女性もいるのです。

生理中の女性が水分不足になると単純に血液量が少なくなり、貧血などの症状もおこしやすくなります。

血液は水分で成り立っていますからこれは理解しやすいでしょう。

生理中の女性が水分不足にならないためには

生理中の女性が水分不足になってしまうとよいことは何一つありません。

百害あって一利なしというほど、とくに生理中の水分不足には気をつける必要があります。

実際に生理中に貧血や独特の生理痛、むくみなどに悩まされる方は少なくありませんが、ここでは生理中の女性が水分不足にならないためにはどうすればいいのか、ということについてお話したいと思います。

水分補給を忘れずに

いきなり当たり前のことになってしまいますが、生理中の女性が水分不足にならないためにはきちんと水分補給をすることが大切です。

水分不足を解消するためには、できれば1日2リットル程度のお水は飲んだほうがよいでしょう。食事のときや寝る前、起床時など、こまめにしっかりと補給することをこころがけてください。

また、暑い時期だと自然と水分を失ってしまいがちですから、水分と同時に脱水症状にならないためにも塩分を適度に摂りましょう。

きちんと三食バランスのとれた食事をとっているという方だと問題ないかもしれませんが、朝食や昼食は抜いているという方だと塩分が足りないこともあります。

塩分も適度に摂ることで水分が逃げにくい体になりますから覚えておきましょう。

水分不足が招くことを知る

「生理中の女性は水分不足にならないようしっかり水分補給すること」と言われてもその理由がわからなければ「どうして?」となってしまわないでしょうか。

やはりきちんと理由を理解していないと水分補給したほうがいい、するべきと言われても素直に従えないかもしれません。

生理中の女性は水分不足にならないよう水分補給をこまめに行う必要がある理由についてはすでにお話していますが、そのことをきちんと理解することが何より大切です。

水分補給をしないと血がどろどろになって血流が悪くなり、それが生理痛やむくみの原因になるということを理解していれば、自然と水分補給しようと思えるのではないでしょうか。

水分補給する理由をまず理解しておけば、水分不足になる心配も少ないでしょう。

水分が失われないようにする工夫

水分をしっかりと補給することも大切ですが、体内の水分が失われないようにすることも大切です。

せっかく水分を補給しても簡単に失われてしまうようでは意味がありませんし、失われないための工夫をする必要もあります。

汗をかきやすい時期ならナトリウム、塩分を適度に摂取することで体内に水分を留めることができますし、部屋の環境を整えることで水分が失われないようにすることもできるでしょう。

加湿器やエアコンを効果的に使うのもおすすめです。

寝ているときには意外とたくさんの水分が失われていますから、寝るときもできるだけ部屋の室温や湿度はコントロールして、最適な環境を保つような工夫をするのがよいでしょう。

先ほども言ったようにいくら水分を補給できていてもすぐ排出されてしまうようでは問題です。

そこをきちんと理解した上での対策も必要になってくるでしょう。

女性だからこそ水分補給をしっかりと


生理中の女性が水分不足になるとさまざまな弊害を生じてしまいますから、女性だからこそしっかりと水分補給を行う必要があります。

すでにお話したように水分不足になると血液がどろどろになり血流不良になってしまい、生理痛が酷くなることやむくみの原因になることもあります。

単純に血液量が少なくなるようなことも考えられますから、さらにしっかりと水分補給しなくてはならないのです。

女性だからこそ正しい水分補給が必要となってくるでしょう。

お水を飲むのは大切です

生理中の女性が水分不足になると生理痛の悪化や血行不良、むくみなど弊害がたくさんなるので、お水をこまめに飲んでしっかり水分補給することを心がけましょう。

毎月のように生理がくる女性だからこそ自分でしっかりと気を付けなければいけないでしょう。

ぜひ今後のために参考にしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る