効果的な水分補給は吸収率がポイント

水分補給は吸収率の良い飲み物を使って

水分補給のポイント
水分補給をする際には、たくさん飲むことではなく、その質を考えたほうが良さそうです。

水分は体に浸透して細胞や組織の水分バランスを保っておりますが、口から入ったものがすぐに使えるわけではありません。
胃や腸を通り抜けて、徐々に吸収されていくのです。

そのため、この吸収率の良し悪しは非常に重要で、飲み物を吸収率の良いものに変えるだけでもかなり効果的な水分補給ができるようになります。

飲み物にはいろいろな役割がある

ジュースやスポーツドリンク、コーヒーにお茶。
日本では現在、数え切れないくらいの種類の飲み物があります。

しかし、同じ飲み物でもそれぞれに成分が違っており、水分補給に適しているものとそうではないものに分かれます。
飲料は水分補給のためだけでなく、味を楽しんだり口直しをしたりといろいろな役割があります。

そのため、成分や吸収率、持っている役割などを知ることが大切です。

良いものを選んで水分補給を効率的に

水分補給は普段私たちがやっている自然な行為であり、やたらに難しく考えることはありません。

しかし、美容や健康、スポーツで激しく汗をかいたときなどに、効率よく水分補給ができないと困ります。

こうした場面では、特に水分補給が必要となり、良い水分の取り方を知っていることで健康維持、増強のためにも活かせます。

良いものを良いタイミングで飲むことは、吸収率を上げて効率的に水分を体に与える大切なことです。

飲み物の種類で吸収率を上げる水分補給法

水分補給法として大切な事の一つに、飲み物の種類選びがあります。
飲み物を水分補給法として効率よく取り上げるのであれば、選択の基準は好みではなく吸収率で考えましょう。

中には吸収どころか、利尿作用があって水分を排出することになるものもあります。
その特性を知ることで、飲み物を正しく選択しましょう。

コーヒー、お茶

カフェインの入ったこれらの飲み物は、利尿作用があります。

刺激物でもあり、空腹時に飲むことで消化器官を傷めることもあります。
吸収よりも嗜好性の高い飲み物として考えましょう。

スポーツドリンク

スポーツドリンクには、体の水分、体液と同じ浸透圧を持つものがあります。

これは体液の成分バランスを崩さないためには良いものですが、吸収率は糖分などのために劣ります。

電解質を大量に失いやすいスポーツの際などに利用すると良いでしょう。

お水

お水は吸収率の面から言えば、最も優れています。
浸透圧の関係で、腸から体に吸収されやすくなっています。

ただし、お水で一気に体液が薄くなることがあります。
一気に飲むのではなく、こまめに飲むようにしましょう。

いつでも飲みたいときにお水を飲めるようにするには、ウォーターサーバーが便利です。

水分補給のしかたで注意したいこと

水分の吸収率の面から考えると、コーヒーやお茶はあまりおすすめできるものではありませんが、それ以外のものには甲乙つけがたい魅力があります。

しかし、やり方を間違えると、いろいろな危険な症状に見舞われることもあるため、注意が必要です。
水分補給によってリスクとなる症状についてみていきましょう。

低ナトリウム血症

低ナトリウム血症は、体の体液のバランスが崩れて、ナトリウムが少なくなって起こります。

体液は水分だけでなく、様々な成分によって作られており、その割合のバランスが重要です。
激しく汗をかいた時に、水分だけを摂取することでナトリウムが減ると、吐き気や倦怠感が出ることがあります。

ひどい場合には意識障害なども起こるため非常に危険です。
そのためスポーツドリンクや水分とともに梅干などの塩分の摂取が必要となります。

ただし、普段の生活の中ではそれほどたくさんの体液が奪われることは少なく、反対にスポーツドリンクの糖分などが体に悪影響を及ぼすこともあります。

また、成分の濃度の高いスポーツドリンクは吸収率を下げるため、たくさんの水分を欲している時にはお水で薄めるなどの工夫も必要です。

飲み方で吸収率を上げる水分補給法

水分補給は、その場面ごとにちょうど良いものをちょうど良いだけ取ることが必要です。

吸収率を上げるためにも、上手な飲み方を考えてみましょう。

水分は急に吸収しない

口からのんだ水分はすぐにそのまま体に浸透しないため、喉が渇いてからでは遅いこともあります。

また、人間の体は常に呼吸や汗などで水分を失っています。
そのため、喉が渇く前に定期的に水分を取ることが必要です。

水分を一度に摂っても無駄になる

急激な水分補給は、消化器からの吸収を妨げます。
一度に摂っても、吸収しなかった分は尿などで排出に回されます。

スポーツの時でも一度にたくさん飲むと、余った分が汗になり、疲れやすくなることがあります。

空腹時に飲む

胃は食べ物を消化するために胃液を出していますが、食事の際に水分補給をすると胃液が薄くなって消化しにくくなります。

胃の中の食べ物が水分吸収を妨げることもあります。
そのため、吸収率を上げるためには胃の中に何も入っていない空腹時を選びましょう。

場面ごとに水を買ったり用意したりするのは大変な場合は、ウォーターサーバーでお水を常備しておくと便利です。

ウォーターサーバーを利用してこまめな水分補給を心掛けましょう。

水分補給は意外と難しい

水分補給の難しい点
普段何気なく飲んでいる飲料水ですが、それは全てが体に吸収されていないことがあります。
水分補給のつもりで飲んでいたコーヒーやお茶も利尿作用を高めていただけかもしれません。

また、アルコール飲料なども同じように水分としては考えられないことは明らかです。
喉が渇いてから飲むのでは遅いので、後でおいしく飲み物を飲もうとして我慢することも悪影響となります。

日常的にやっている事の中にも水分補給としては間違ったことがたくさんあるため、体のための水分補給について見直してみる必要があります。

吸収率を考えて水分補給

体には水分が必要ですが、ただ飲むだけでは効率的に水分が取れていなくて、体の中は乾いているかもしれません。

吸収率を高める飲み物選びや飲み方を考えて、良い方法で水分補給をしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る