水分補給に向いている飲み物

水分補給のための飲み物選びは健康を意識しよう!


そもそも水分を補給したいのは健康を維持したいからですね。

それなのに、もしも選んだ飲み物が体に悪いものだったら…。

水分補給の意味がなくなってしまいます。

水分補給のために飲む飲み物は、健康を意識して選びましょう!

水分補給に向いている飲み物は、体に害がなく、体への吸収率が高いものがいいですね。

その点、お水は健康を促進する飲み物であるといえます。

ノンカロリーなので、生活習慣病病とも無縁。

お水を飲むことはむしろ、生活習慣病になりにくくします。

健康維持にゼッタイに必要な水分補給

成人の体は60%が水分だといわれています。

ふだん意識することはないかもしれませんが、私たちの体から水分は常に蒸発しています。

水分補給を忘れると慢性的な水分不足になってしまうことも…。

健康維持のためには意識的な水分補給が必要です。

水分補給のために選ぶ飲み物は、体に優しいもの、健康を促進してくれるものを選びましょう。

水分補給に向いている飲み物の特徴は?

水分補給に向いている飲むものの特徴は、できるだけ体液に近い濃度であること。

涙や汗は少ししょっぱいですね。

これが体液の塩分濃度です。

ともかく、いち早く体に水分を吸収させたいなら、体液に近い塩分濃度の飲み物を選ぶといいです。

そして、少し糖分が含まれているのが理想的。

つまり、スポーツドリンクですね。

でも、日常の水分補給には、お水で十分です。

スポーツドリンクは飲みやすくするため糖分が多めに含まれていることが多いです。

それに、現代人の食生活はとかく塩分が多くなりがち。

そのうえ塩分が含まれた飲み物で水分補給をしようとすると、塩分過剰になって、高血圧になってしまいます。

ふだんはお水を飲みましょう。

以下、水分補給に向かない飲み物についてもお話します。

糖分が多い飲みものは水分補給に向いていない

水分の吸収率を上げるために、糖分が少し含まれている飲み物を飲むのは良いことです。

でも、日常的な飲料として甘い飲み物を飲んでいると、簡単にカロリーオーバーになって肥満の原因になってしまいます。

ジュースには、こんなにお砂糖が含まれているのです。

500mlのペットボトル1本につき、含まれる砂糖の量は以下の通りです。

  • カルピス・・・角砂糖16個分
  • サイダー・・・角砂糖15個分
  • コーヒー牛乳・・・角砂糖13個分
  • スポーツドリンク・・・角砂糖9個分

飲み口はサラリとしていても、こんなにお砂糖が入っているのです。

ちなみにカロリーは…。

上記に挙げた飲み物は、どれも200キロカロリーを越しています。

200キロカロリーといえば、食べ物にしたらミニとろろそばといったところ。

水分補給をするたびにこれだけのカロリーをとっていたのでは、肥満になってしまうのも当然ですね。

大汗をかいた時や運動中は、多少塩分と糖分が入った飲み物がすすめられています。

でも、日常的に飲むものは、糖分が入っていないものが理想的。

この点、お水はベストですね!

利尿作用の強い飲み物は水分補給に向いていない

水分補給をしているつもりでも、利尿作用の強い飲み物を選んでしまうとかえって脱水症状を引き起こしてしまいます。

とくに注意したいのはカフェインの強い飲み物です。

カフェインには利尿作用があるので、体に必要な水分も尿として排泄してしまうのです。

カフェインの強い飲み物には、コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶などがあります。

薄めに淹れればカフェインの含有量も少なくなるので、そんなに気にすることはありませんが、水分補給を目的に飲むのには向いているとはいえません。

水分補給をするのなら、カフェインが含まれていないお水のほうがいいでしょう。

アルコールは水分補給に向いていない

のどが渇いたときのビールはおいしいですね。

でも、ビールで水分補給、というのは効果的ではありません。

アルコールは、体内で分解するのに水分を必要とします。

それなので、アルコールを飲むと尿の量が増えますね。

体に必要な水分も出て行ってしまうので、水分補給には不向きなのです。

アルコールを飲んだら、それとは別に水分も補給しておきましょう。

そういうときの水分補給にはお水が向いています。

ビールを飲むときには、おつまみに味の濃いものが食べたくなりますね。

水分の吸収率を高めるためには多少塩分が含まれた飲料がよい、といわれますが、おつまみで塩分をとっているのなら、水分補給はお水で十分なのです。

忙しい現代人は水分不足になりがち

GN022_L

慌ただしい毎日を送っていると、水分補給を忘れがちになりますね。

でも、のどが渇いた!と感じたときにはすでに3%の水分が奪われており、軽い脱水状態になっているともいわれています。

水分は、のどが渇く前に補給するのがベスト。

水分を摂るとトイレに行きたくなるから面倒…、という人もいます。

でも、水分を摂らないと腎臓や肝臓に負担がかかり、体によくありません。

トイレは1日5~6回行くのが理想的。

日常的に十分に水分補給をして健康的な毎日を過ごしましょう!

体のことを考えた水分補給を!

のどの渇きが満たされれば飲み物は何でもいい、というのは大まちがい!
甘い飲み物を日常的に飲んでいると、肥満の原因になってしまいます。

それに、カフェインやアルコールが含まれた飲み物は水分補給に向いていません。

健康を意識した水分補給を心がけましょう!

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る