水分補給に利用するお水って結局のところ何がいいの?

幅広い世代の健康を考えるなら低硬度のお水が魅力的です

0441e158911ac8a8311d2976a7a1a1ed_s
同じお水でも、種類はさまざまに存在します。

もちろん無色透明のお水に変わりありませんが、目に見えない部分で特徴分けされます。

主な基準となるのが、硬度です。

そして水分補給により適したものとしては、この硬度の低いお水が挙げられます。

つまり、軟水や純水と呼ばれるお水です。

とはいえ、もちろん硬度の高い硬水にもメリットは存在します。

状況に応じて使い分けることで、より理想的なお水との付き合いが実現できます。

水分補給に硬度の低いお水が適している理由

ミネラル分が多いと栄養価の高さに期待できる一方、赤ちゃんやお年寄りには刺激が強すぎる場合もあります。

そのため、幅広い世代で愛飲するのなら、硬度の低い軟水や純水が適しているといえるのです。

ちなみに硬度というものは、水分中に含まれるミネラルの量で決まります。

世界的な基準では、硬度120mg/l以上が硬水、それ以下で軟水という風に分類されています。

硬水と軟水の状況に応じた使い分け方

血管を丈夫にして活性酸素を増やさない
水分補給には、硬度の低い軟水が適していますが、前述の通り硬水にもメリットがあります。

ミネラル豊富な水、すなわちミネラルウォーターは、健康に良い水として広く知られた存在でもあります。

硬水と軟水、それぞれにメリットがあるので、状況に応じて使い分けてみてください。

家族みんなで水分補給するためのお水には何がいいの?

もしご家族に小さな子供やお年寄りもいらっしゃるのであれば、軟水が適しているでしょう。

前述の通り、硬水に多く含まれるミネラルは、赤ちゃんやお年寄りといった世代へは負担が大きいです。

なぜなら、水分中の栄養素や不純物は腎臓でこしとって吸収するためです。

乳児やお年寄りは、この腎臓の働きが少し弱い場合も少なくありません。

硬水を飲み過ぎてしまうと、発熱や腹痛、さらに尿毒症といった病気へも繋がってしまいかねません。

また健康な若者や成人であっても、体調によって適さない場合があります。

見た目や味は同じお水でも、目に見えない成分のせいで影響を受けかねません。

こうしたあらゆるリスクも、硬度の低い軟水、さらにはミネラル分を極力取り除いた純水であれば、大きく低減できます。

安全性にこだわるなら、硬度は低いものを選びましょう。

美容を意識した水分補給の場合何がいいの?

ミネラルとは、カルシウムやカリウム、マグネシウムといった、体内機能の維持や調節に役立つ栄養成分の総称です。

そしてこれらは、女性の美しさを演出する上でも役立つ存在となります。

よって美容効果を期待したい場合には、硬度の高いミネラルウォーターなどが役に立ちます。

例えばカルシウムは、丈夫な骨を作るための栄養素として知られていますが、同時にストレス緩和作用へも期待が持てます。

ストレスは新陳代謝に影響し、肌の調子を悪くする存在としても知られています。

次にカリウムは、余分な塩分を排出する効能に期待できます。

適度な塩分も重要ですが、摂り過ぎはむくみに繋がるため、この点も嬉しい効果といえます。

このように、ミネラル豊富な硬水には美容面で適したメリットが豊富です。

ただ一点注意すべきなのは、敏感肌や過敏体質であるケースです。

その場合、刺激が強すぎることで、よりお肌や体調を悪化させてしまうかもしれません。

もし少しでも不安があるのであれば、やはり安全面において魅力的な軟水や純水を選ぶに越したことはないでしょう。

料理に使うお水としては何がいいの?

料理にもよりますが、総合的な観点から考えると軟水がおすすめです。

お米をすばやく美味しく炊ける、香りの良いコーヒーや紅茶が楽しめる、素材の味を邪魔しないなど、高純度であるからこそのメリットが感じられます。

またその名の通り、硬度の低い軟水は口当たりも滑らかです。

そのため、優雅な食事に添える飲料水としても適しています。

とはいえ、肉料理を中心とする西欧文化においては、手軽にミネラルが補えるとして硬水を食卓に出すケースも少なくないそうです。

メニューに栄養不足を感じるなら、日によって硬水を選んでも良いかもしれません。

水分補給に何がいいか見極める基準って?

硬水、軟水と分けられるお水ですが、こうした違いは、自然界でも見受けられます。

例えば、山の地層や岩に何年もかけて磨かれた天然水は、多くが軟水です。

反対に硬度が高い天然水には、湧き水が挙げられます。

微生物や生物由来の有機物などにより、ミネラルが多く蓄えられているためです。

ですが中には、商売のため人口的な調合やろ過を施した、水道水由来のミネラルウォーターや軟水も少なくないようです。

安全安心を本当に考えるなら、自然由来の軟水を正しく選ぶようにしましょう。

安全な水分補給をするには結局何がいいの?

お水を選ぶ基準は、硬度が高いか低いかです。

そして幅広い世代の安全や健康を考えるなら、低硬度の軟水が理想的です。

とはいえ、硬水にもメリットはあります。

状況によって、うまく使い分けてみましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る