水分補給が不足することで起こる怖い現象とは?

水分補給が不足すると身体にさまざまなトラブルが起こります

GN126_L
身体の水分が不足することで様々な身体のトラブルが引き起こされます。

血液が粘りのある状態になることで、全身の循環が悪くなり全身の機能低下を招くのです。

例えば便秘や頭痛も水分不足が引き起こす症状のひとつ。

最悪の場合、水分不足が原因で脳卒中や心筋梗塞、熱中症を引き起こし最終的に死に至ります。

水分不足を防ぐためには、水分補給を心がけることと自分の体調への気配りが重要。

水分不足の症状が現れたらすぐに対策しましょう。

水分不足を解消して身体のバランスを整える水分補給

私たちが飲んだ水は食道を通って胃に到着し、小腸や大腸にめぐります。

身体をめぐった水分がやがて吸収されて、血液に移って全身にまわる仕組みです。

しかし、水分補給を怠れば血液に水分が届かず、血液の流れが悪くなり身体の不調を引き起こす原因になるでしょう。

水分補給は身体全身のバランスを整える大切な行動です。

健康と美容に欠かせないこまめに水分補給

af9920063614l
健康にも美容にも適度な水分摂取は欠かすことができません。

水分摂取を怠ることで様々な病気や弊害を引き起こします。

水分を上手に摂取して健康的で美しい身体を手に入れましょう。

なぜ水分が不足してはいけないの?

夏場はもちろんのこと、一年を通じて定期的な水分補給が推奨されています。

なんとなく水は飲んだほうがいいというイメージもあるのではないでしょうか。

しかし、水分不足になることで身体の中でどのようなことが起きているか理解している人は少ないでしょう。

私たちの身体に栄養や酸素を運ぶ役割を持つのが血液。

水分補給をしないと血液が粘りのあるドロドロの状態になって、血流も悪化します。

その結果身体に酸素が回らずに機能低下を引き起こすのです。

血液の量が減ることで血管の圧力がさがり、低血圧の症状も引き起こされます。

水分が不足することで起こるトラブル

水分が不足することで全身の機能が低下します。

この原因となるのがドロドロになった血液。

ドロドロになった血液は流れが悪く、全身に酸素や栄養を運ぶことができません。

水分が不足すると頭痛や吐き気といった深刻な症状を引き起こすこともあります。

さらに肌の乾燥も水分不足が原因。

腸から吸収される水分が減ることで便秘も引き起こします。

水分補給は生きるうえでは欠かせないものです。

体調不良に悩んでいる人は水分補給をしているか、生活を見直してみましょう。

水分不足で死ぬって本当?

水分が不足すると最悪の場合、死に至ります。

水分不足が進行すると血液が粘り、血管に詰まりやすい状態になります。

その結果、水分不足が脳卒中や心筋梗塞を引き起こすことがあるのです。

熱中症も水分不足で起こるトラブル。

脱水によって体温が上昇し、めまいや吐き気を引き起こします。

重症になると意識混濁や意識喪失などの症状があらわれて、特に重症の熱中症の致死率は3割を超えるという統計もあります。

水分不足や熱中症の症状は外にいるときに起きるとは限りません。

室内であっても気温が高かったり、多湿であったりした場合は水分不足になります。

水分不足での最悪の事態を避けるためには、暑さを避け水分の補給をこまめにするよう心がけましょう。

自分で思っているよりも身体の水分は不足しています。

のどが渇いていないときであっても、お水やお茶などを口にするように習慣づけてください。

水分不足はどんなときに気をつける?

こまめに水分補給して、水分不足に備えるといっても普段から水分補給の習慣がない人はいつ水分を摂ったらいいかわからないかもしれません。

水分を補給するタイミングは基本的に水分不足になりやすいときです。

例えば起床後の朝一番。

寝ている間は汗をかき、コップ一杯分の水分が失われているといわれています。

起床後は血圧が上がりやすく血管への負担が大きくなりやすい時間です。

朝起きたらコップ一杯のお水を飲む習慣をつけましょう。

日中は仕事や学校、家事などで一番忙しい時間かもしれません。

ついつい水分補給を忘れてしまいがちでしょうが、室内でのデスクワークであっても水分は失われていきます。

一時間にコップ一杯のお水を摂取するように心がけましょう。

運動など水分が奪われやすいときは、一時間に3~4回は水分補給してください。

お水は一度にたくさん飲むのではなく、少量をマメに摂取するのがコツです。

就寝時の水分不足に備えるために、寝る前にもお水を飲む習慣をつけましょう。

水分をこまめに摂る習慣がない人は、飲み物を持ち歩く習慣をつけましょう。

飲み物を準備するのが面倒であれば、ウォーターサーバーを設置してみてください。

ウォーターサーバーを利用すれば美味しくて安全なお水をいつでも気軽に飲むことができます。

水分を補給するのは口

私たちの身体は口から水分を摂取して、体内の血液や体液として利用しています。

一方で排出は尿や全身から出す行為。

水分補給を怠ると、身体はどんどん水分不足になってしまいます。

水分不足になると身体の血液が濃くドロドロの状態に…

ドロドロの粘りがある血液は血栓症のほか様々な病気を引き起こします。

特に汗をかきやすい季節は水分不足になってしまい、熱中症を引き起こすこともあるので注意が必要です。

こまめな水分補給で水分不足を防ぎましょう

健康を維持するためには安定した水分補給が大切です。

就寝の前後や日中は水分が不足するのでコップ一杯の水を飲むように習慣づけてください。

室内にいるときであっても水分は奪われるので、こまめに水分摂取しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る