脳梗塞の予防に水分補給が欠かせない理由とは

脳梗塞を防ぐために水分補給は大切です

d8d60c6ec179dd508a7ebfa0a52b55cb_s
血液の粘りが増し、血管が詰まることで脳梗塞のリスクは高まります。

詰まりにくいサラサラの血液をつくることで脳梗塞を予防しましょう。

普段の食生活や運動も生活習慣病対策には大切ですが、血液の流れを良くするために水分補給は不可欠。

健康な状態をキープするには汗や尿で排出される水分と補給する水分のバランスを調節してください。

生活の中でこまめに水分を補給するように心がけましょう。

脳梗塞のために効果的な水分補給とは

脳梗塞は水分が不足しやすい夏場に発症リスクが高まります。

脱水症状を起こす前に水分補給するようにしましょう。

時間帯で見ると意外と水分が不足しているのが夜間の就寝中。

水分不足は高血圧や心筋梗塞、免疫不良など様々な身体のトラブルの原因にもなります。

一度にたくさん水分を摂るのではなく、こまめに足りない水分を補いましょう。

脳梗塞は生活習慣や水分補給予防しよう

水の使用量
脳梗塞は脳への動脈が詰まって起きる病気。

生活習慣からくる動脈硬化が脳梗塞を招く要因だといわれています。

脳梗塞は脳への動脈が詰まった状態。

その状態が続くことで脳に酸素が運ばれなくなり、細胞が壊死してしまいます。

脳梗塞は致死率が高い病ですが、一命を取り留めたとしても後遺症が出やすいというのが難点。

私たちの誰しもが脳梗塞のリスクがあります。

脳梗塞を他人事と考えずに、できることから対策をはじめましょう。

どうして?脳梗塞が夏に起こりやすい理由

脳梗塞は6~8月の夏に発症しやすいといわれています。

これは国立循環器病センターの調査でわかったことで、脳出血などは血圧が上がりやすい冬に多いといわれています。

なぜ脳梗塞が夏に集中するかというと、その原因は夏の脱水症状です。

夏場は汗をかくため、体内の水分が不足しやすく脱水症状を起こしやすくなります。

さらに水分が足りなくなることで血液が粘りをまして、詰まりやすくなるのです。

脳梗塞は血管の病気。

加齢とともに動脈硬化がすすみますが、肥満や高血圧、糖尿病がその原因。

もともと生活習慣病の人やその予備軍人はとくに動脈硬化になるリスクが高く、脳梗塞にも注意しなければいけません。

特に血圧が高めの人は血管にストレスがかかっています。

血管が傷つきやすく硬くなることで動脈硬化になりやすい状態。

脳の細い動脈は詰まりやすいので、水分補給など生活の中でも予防しなくてはいけません。

脳梗塞リスクを減らす生活習慣

脳梗塞のリスクを減らすためには、動脈硬化の予防が大切。

日頃から動脈硬化にならないように生活で対策をはじめましょう。

生活習慣の乱れが脳梗塞の大きな原因。

生活習慣病を防ぐには自己管理が一番の治療法です。

特に生活習慣病の原因といわれているのが飲酒や喫煙。

飲酒は高血圧を招き、喫煙は血管を収縮させて血圧をあげてしまいます。

いきなりの禁酒、禁煙は難しいかもしれませんが、体調に合わせて量を調整しましょう。

脳梗塞の予防には水分補給も重要です。

アルコールを飲むと水分を摂取できているように感じますが、アルコールには利尿作用があるためすぐに水分が排出されてしまいます。

アルコールを楽しむときは量を調節するとともに、お水などの水分を摂取する習慣をつけましょう。

高血圧、高血糖、脂質異常は脳梗塞の3大危険因子といわれています。

生活の中でこれらの因子をなるべく減らすように心がけましょう。

脳梗塞に効果的な水分補給

脳梗塞を予防するためには、身体が脱水状態にならないように早めの水分補給が必要です。

水分を補給しても身体全体にいきわたるまでには20分ほどかかります。

加齢とともにのどの渇きを感じにくくなるので、早めに水分補給するようにしましょう。

人間には一日当たり1.5~2リットルの水分が必要だといわれています。

食事や食品にも水分が含まれているので、過剰に水分補給する必要はありません。

水分を補給するときは、タイミングや飲むものにこだわりましょう。

水分補給のタイミングは睡眠の前後やお風呂の前。

トイレに行きたくなるのが嫌で寝る前は水分を摂らないという人も少なくないでしょう。

しかしこれも注意してください。

夏の脳梗塞は睡眠中から起床後までに発症リスクが高まります。

寝る前にはコップ一杯のお水を飲むようにしてください。

枕元にお水を置いて、就寝する前と起床後に飲むように習慣づけましょう。

カフェインが含まれるお茶やコーヒー、アルコールは摂取しても、すぐに排出されてしまいます。

ミネラル豊富な硬水は利尿作用もあるので注意が必要。

水分を摂取するのであれば、不純物が含まれていないお水がおすすめです。

脳梗塞はなぜ起こる?

脳梗塞は血管が詰まることで起きる病気です。

動脈が狭くなって起こる動脈硬化や、脳以外でできた血栓が血流で流れてくることで起こることで起きる塞栓症、さらに血圧低下や脱水などで血流が低下することでも脳梗塞は起こります。

脳梗塞は喫煙や飲酒、肥満、ストレスなどが原因で起こります。

普段の生活の中でこれらの要因を減らすように心がけましょう。

水分補給や生活習慣を見直すことが脳梗塞の予防につながります。

脳梗塞を防ぐ水分補給のポイントを知りましょう

脳梗塞を防ぐためには血液が流れやすい状態にすることが大切です。

身体の機能を整えてサラサラの血液をキープするために水分補給を怠らないようにしましょう。

水分が不足すると血液に粘りが出て詰まりやすくなります。

正しい水分補給で健康的な生活を心がけましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る