水分代謝と腹痛の関係とは?

水分代謝が正常に行われないと腹痛の原因になることがあります


水分代謝は体から老廃物を体外に放出するために必要な機能ですが、多くの水分を摂取しすぎるなどで水分代謝がうまくいかないと体が冷えたり、血行が悪くなったりして腹痛の原因ともなります。
そのため、そうした弊害を避けるために、適切な温度で適切な量のお水を摂取ることが大切です。
計画的に無理なく摂取することによって水分代謝も適切に機能し、腹痛などの問題を避けることができるのです。
水分代謝を活発にさせるためにも計画的な水分摂取を心がけましょう。

腹痛にならないために水分代謝を適切に管理する

水分代謝がうまく機能しないと、血流が悪くなることにつながります。
そのため体が冷えてしまい、腹痛などの害にもつながります。
また、水分代謝のためにお水をいきなり飲んだり、冷たいまま大量に飲んだりするなら水分代謝が間に合わないばかりか、胃にも大きな負担となり、腹痛の原因となるのです。
改善を図る際にも最も効果的な方法を選びましょう。

適切な水分代謝で腹痛を防ごう

水分代謝とは、体の中の老廃物を汗や尿で排出することです
そのため適切なお水を毎日摂取する必要があります。
とはいえ、がむしゃらに水分を取り入れても、適切な水分代謝が促進されるというわけではありません。
水分が過多だと、逆に体に負担をかけ、腹痛のみならず頭痛やむくみ、冷え性などの問題を引き起こします。
そうしたことを避けるために、水分代謝を向上させるための適切な方法を理解しておきましょう。

お水の飲む量を決める

水分代謝で必要なのはお水です。
とはいえ、大量にお水を飲んでも水分代謝は正常に機能しません。
一日に2ℓが適量とされています。
それ以上の水分が取り入れられると、体はその処理に追い付かず、結局は水分が体に残ってしまうことになります。

そうすると当然水分代謝の働きは落ちますし、むくみなどの原因ともなり、美容面でも。大きなマイナス要素となってしまいます。
ですから、まずは2ℓという量を目安にして一日の水分摂取量を見直していきましょう。
さらに、お水の摂取の仕方も重要で、あくまでも胃に負担をかけないように気を付けたほうが良いでしょう。

胃に負担がかかると、腹痛などにもなりやすいですし、飲んだ後に苦しくなり次の活動にも支障が出る可能性があります。
そこで、一日に何度かに分けて少しずつ摂取する方法をお勧めします。
人によっては、朝起きた時、朝食、昼食、夕食、入浴後、就寝前などと5回ほどに分けてお水を飲む方が良いかもしれません。

水分の排出を促しましょう

水分代謝とは水分を体外に放出することですので、水分の放出を促してあげることも必要です。
水分代謝の方法として主なものの一つに尿による排出があります。
ですから食べるものや飲むものを利尿作用のあるものを中心にすることによって水分代謝の向上に貢献できます。
利尿作用のある食べ物は、カリウムの多く含むものです。

カリウムには塩分と一緒に尿に排出されるという作用があります。
カリウムを多く含み利尿作用が期待できる食べ物としては、スイカやメロンなどがあります。
また、ジャガイモやニンニク、ほうれんそう、トウモロコシなども利用作用が高いため、普段の食事の中でもバランスよく取り入れることによって水分代謝の向上を図れます。
こうした食事による調整は、食べ過ぎなければ胃にも優しく、腹痛などにならずに実施することができます。

ストレスをためない

水分代謝はストレスによっても悪くなります。
ストレスは体を冷やし、血液の循環を悪くするからです。
また、ストレスをため込むと、精神的な部分から体に痛みを感じることがあり、その中にはストレス性の胃炎などもあり、腹痛に苦しむことにもなりかねません。

いろいろと水分代謝のために効果的と思える方法をためしても効果が実感できない場合はもしかするとストレスが障害となっているのかもしれません。
ですから、ストレスのかからない、リラックスできる環境に自分を置くことを意識しましょう。
カモミールティなどのリラックス効果の紅茶を飲んだり、好きな音楽をゆっくり聴いたりするなどして、ストレスのかからない環境を楽しむことにしましょう。
一見、水分代謝とは菅家がないように見えて、実は水分代謝のために出来ることはたくさんあります。

水分代謝を上手に行い腹痛を避ける


腹痛の原因はたくさんありますが、水分代謝の適切な方法は腹痛を避けたり緩和させたりするのに欠かせません。
ダイエットや健康のためにお水は効果的ですが、水分摂取の方法や量を間違えるとかえってむくみの原因にもなりますし、腹痛を引き起こすこともあります。
体を冷やさないように注意しながら、毎日適量のお水を摂取することによって健康的な体質を作っていきましょう。
毎日の少しの心がけも習慣になると大きな成果を生みます。

腹痛にならないような水分摂取で水分代謝を向上させましょう

水分代謝を向上させるのにお水は不可欠ですが、適切な摂取の仕方をすることによって腹痛にならないように気を付けましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る