【保存版】ダイエットするなら水と水素水どちらを飲むのがいい?

ダイエットには体の隅々にまで浸透し、抗酸化作用や美容効果が期待できる水素水がおすすめです


ダイエットの効率を上げたいなら、単なるお水ではなく、水素水を飲んだ方が良いでしょう。なぜなら、水素は小さい分子のため、体の隅々にまで浸透していくことができるからです。

水素水を飲むことによって体の隅々まで水分が浸透していくと、それだけ体の浄化にもつながります。体が浄化されていくと、老廃物がなくなり血液の流れもスムーズになりますので、代謝が上がることが期待できるのです。

代謝が上がるということは脂肪燃焼しやすい体になるということですのでダイエットには最適と言えます。

水素水には細胞を活性化させ、代謝をアップする効果が期待できます

ダイエットをする際に十分な水分を摂取することは非常に大切なことですが、水素水を取り入れると、体の活性化につながります。

水素水には細胞内のミトコンドリアを活性化させる効果があるので、その分新陳代謝も上がります。そのうえ、代謝が良くなることで美容効果も期待できます。水素水の中でも高濃度なものであればそれだけ痩せやすい体作りができるでしょう。

水素水に見られる美容効果

水素水には肌のシワやたるみなど老化の原因となる活性酵素を除去する抗酸化作用があります。肌に弾力をもたらすコラーゲンの生成を助ける作用も期待できます。

さらに、細胞を活性化させてエネルギー消費を高め、脂肪燃焼を促すのでダイエットにも効果的です。悪玉コレステロールを低下させて、善玉コレステロールの機能を高める作用もあると言われています。

また水素水は髪の毛にコシやつやをもたらすとも考えられています。それは、水素水は抜け毛や白髪の原因となる活性酵素を除去し、髪を生成する毛母細胞を活性化させるからです。

水素水の抗酸化作用がダイエットに効果があると言われています

水素水はダイエットに効果がある理由として、抗酸化作用というものがあります。水素水には、活性酸素を取り除く作用があり、それによって美肌効果などの美容効果も期待できますが、ダイエットの場合も活性酸素が取り除かれることによってミトコンドリアが活発になり、代謝がアップするのです。

いくら運動や食事制限をして一時的に減量に成功したとしても、基本的な代謝が悪ければまたすぐにリバウンドしてしまう可能性もあります。そのため、体質自体を燃焼しやすい体にしておかなければなりません。

水素水は体の内側から痩せやすい環境を整えるために非常に高い効果が期待できるのです。カロリーを蓄積しにくい体作りをすることによって、リバウンドもしにくい、太りにくい体質を手に入れることになります。

できるだけ高濃度の水素水を摂取することによって、痩せやすく太りにくい体作りを目指しましょう。

抗酸化作用とは?

抗酸化作用とは、細胞を酸化して錆びつかせ、老化や病気を誘発する活性酵素を除去する力です。水素水は非常に強い抗酸化力があることが最大の強みでもあります。

そもそも活性酵素には細胞を破壊して、老化を促進する悪玉活性酵素と免疫力を高める善玉活性酵素の2種類があります。水素水は悪玉コレステロールのみを除去してくれます。そのため、生活習慣病予防や改善にも水素水が効果的なのです。

水素水のダイエット効果

水素には細胞を活性化させて基礎代謝を上げるので、痩せやすい体質への変化とダイエット効果が期待できます。ドロドロの血液をサラサラにして基礎代謝アップが目指せます。

脂肪燃焼を促すので、ジョギングなどの有酸素運動前に水素水を摂取するのがおすすめです。そして、体内に蓄積された毒素や老廃物などを排出し、腸内環境を整えるためデトックス効果も期待できます。

水素水の1日の摂取量は2リットルが目安です

1日に摂取る量は多くの場合2リットルほどが適量とされています。もちろん、体格によって適量は差がありますが、平均的な大人の場合は2リットルほどが適量のようです。その理由は、1日に体外に排出するべき老廃物が約2リットルとされているからです。

体外に排出する方法は尿はもちろん、汗なども含めるとかなりの水分を必要とします。老廃物を流すための水分がまずは確保されないと、体の中に老廃物がたまってしまうことになります。そのような事態になると、体の中の血液の循環が悪くなってしまい、正常な新陳代謝が妨げられてしまうのです。

こうした事情から、ダイエットのためには水分を適量飲むことが必須とされています。もしも運動などで通常よりもたくさんの汗をかくなら更に水分は必要となるでしょう。ダイエットの方法との兼ね合いを考えながら常に体内に十分の水分があるように心がけましょう。

複数回に分けてこまめに飲むのがポイントです


ダイエットに水分が必要とはわかっていても、1日に2リットルものお水を飲むのは大変と感じることもあるでしょう。トイレが近くなってしまっては、仕事にも差し支えることもあります。

確かに、それまであまり水分を摂取する習慣がなかった場合、2リットルを意識して飲み始めようとするとトイレが近くなることは十分に考えられます。しかし、最初のうちだけトイレが近いことにも対処できれば徐々にトイレの回数も減っていきます。

また、一気に2リットルを飲もうとするのではなく、細かく回数を分けて摂取するようにしましょう。一度に多量に水分を摂取すると水分代謝が間に合わなくなってしまいます。

朝起きてから、食事の前、就寝前と5回には少なくとも分けて飲んだ方が良いでしょう。特に就寝中も水分を消費しますので就寝前と起床後の水分補給は大切です。また、食事前の水分補給も、吸収するカロリーを抑える働きがありますので忘れずにお水を飲みましょう。

そもそもダイエットというと、運動や食事制限をすることがイメージとして浮かびます。水分を摂取すると期待したほど体重が落ちていないこともあり、あまり水分を取りたくないと思う方もいるかもしれません。

しかし、お水を飲んで一時的に体重が増えることは、本来のダイエットのことを考えると何も問題ありません。体質を改善し、痩せやすい体にし、痩せたら太りにくい体にするということを目標にダイエットを頑張りましょう。目先の体重の増減に一喜一憂しないことも大切です。

水素水の保存方法は様々です

水素が逃げにくいアルミを使用したアルミパウチは、飲み口が特殊加工されて密閉性が高いのが特徴です。水素水の容器の中では長期的に保存しやすいので人気があります。

2つ目はアルミ缶です。アルミパウチ同様にアルミ素材なので水素が逃げにくいのが特徴です。ただ、アルミ缶の飲み口は大きなフタがついており、フタを開ければ水素が逃げます。更に持ち運びの際に水素水が揺れて、水素と水が分離してしまうリスクもあります。

3つ目のペットボトルは、安くて手軽ですがペットボトルの分子が水素よりも大きいので、すぐに抜けてしまうので水素水の保存には適さないでしょう。ウォーターサーバーを導入すれば気軽に水素水が摂取できるのでおすすめです。

(まとめ)ダイエットするなら水と水素水どちらを飲むのがいい?

ダイエットには体の隅々にまで浸透し、抗酸化作用や美容効果が期待できる水素水がおすすめです

水素は分子が小さいので体の隅々にまで浸透しやすいのが特徴です。しかも代謝を上げて脂肪燃焼を促すので、水よりもダイエット効果が高いと言われています。髪や肌のアンチエイジングにも効果的です。老廃物を排出するデトックス効果もあります。

水素水は1日2リットルが摂取目安量であり、こまめに飲むようにしましょう。保存方法は3つありますが、水素が逃げにくく素材で飲み口が小さく、密閉性の高いアルミパウチが人気です。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る