水分補給には真水がいいの?

日常の水分補給には、真水が適しているといえます


水分補給をするには真水やミネラルウォーター、スポーツドリンクなどがありますが、普段の水分補給には真水が適しているといえます。

ミネラルウォーターはその名の通りカルシウムやナトリウムなどのミネラルを含んでいますが、ミネラルだけでなく有害物質を含んでいる可能性があります。

実際に富士山系のお水に含まれているパナジウムは、重金属性で毒性があるということがわかっています。

真水には有害物質や不純物などが含まれていないため、安心して飲むことができます。

真水は不純物や有害物質を含まないお水です

「真水」と聞いてもどんなお水なのかピンとこないという人もいるかもしれません。

真水とは塩分などが含まれていないお水のことで、ピュアウォーターとも呼ばれています。

真水は砂糖や塩分など余計なものはもちろんですが、ミネラルや不純物、有害物質なども含みません。

そのため、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができるといえます。

水分補給の際には、真水やミネラルウォーターをうまく使い分けていきましょう

普段の水分補給には真水やミネラルウォーターを飲んでいるという人も多いでしょう。

「真水とミネラルウォーターはどう違うの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

真水とミネラルウォーターにはそれぞれメリットやデメリットがあります。

真水とミネラルウォーターの違いを知り、水分補給の目的に合わせて使い分けていきましょう。

赤ちゃんも安心して飲める

真水にはROろ過やセラミックろ過など、お水に含まれる不純物をろ過してキレイにするという工程があるため、ミネラルを含む不純物や有害物質を除去することができます。

ROろ過とは、1/1000ミクロンという極小フィルターを使って、ミネラルや微生物、ウィルスやダイオキシンなどの有害物質や不純物を99.9%除去することができるといわれているろ過方法です。

ミネラルウォーターは赤ちゃんには飲ませてはいけないということをご存知ですか?

ミネラルウォーターは不純物などが入っているため、体が未完成で消化器官がしっかりと発達していない赤ちゃんには危険といわれています。

そのため粉ミルクの調乳にミネラルウォーターを使うことは、各メーカーが禁止しています。

胃腸が弱ってきているお年寄りなど、大人でもミネラルウォーターを飲むと下痢をしてしまうこともあります。

水分補給は毎日するものなので、不純物などが入っていない方が身体に負担もかからず安心です。

真水は不純物などが含まれていないため、赤ちゃんからお年寄りまで誰でも安心して飲むことができるお水です。

ミネラルは食事からで十分摂れる

ミネラルウォーターには、必須ミネラルといわれていながらも、私たちの体ではつくり出せないために食事などから摂る必要のあるミネラルも確かに含まれています。

しかし、このミネラルは摂りすぎてしまうと吸収しきれず排出されるため、胃腸に負担がかかったりお腹を下してしまったりします。

ミネラルを摂ったほうがいいからという理由でミネラルウォーターを飲んでいる人も多いかもしれませんが、ミネラルは意識すれば食事からでも十分に摂ることができます。

そのためわざわざミネラルウォーターからミネラルを摂取する必要は特にありません。

ミネラルウォーターを買っている場合、料理や炊飯用のお水は水道水を使っているという人も多いです。

真水は飲料用だけでなく料理や炊飯などにも使えるため、ウォーターサーバーを活用すると料理などにも安心して使えるので便利です。

熱中症の場合にはミネラルウォーターがおすすめ

普段飲む分の水分には真水が適していますが、汗を大量にかいた場合や熱中症の場合の水分補給にはミネラルウォーターの方が適しています。

熱中症対策として水分を摂ることだけを意識している人がいますが、汗をかくと水分だけでなく体内のナトリウムなどのミネラル分も失われていきます。

大量に汗をかいた後は血液の塩分濃度が下がっているため、そこで水分だけを摂ってしまうと余計に血液の塩分濃度が下がってしまい、結果的に脱水症状を進めてしまいます。

大量に汗をかく場合や熱中症の場合には、ナトリウムなどのミネラルを含んでいるミネラルウォーターでミネラルも一緒に摂るといいでしょう。

また、最近では塩飴などが熱中症対策として売られているため、大量に汗をかく場合などはお水と一緒に摂ると効果的です。

塩飴には糖分も含まれているため、効率的に熱中症対策ができるといわれています。

ただし摂りすぎは高血圧やむくみなどの原因になるため、摂りすぎには注意しましょう。

毎日飲むものだからこそピュアなものを選びましょう


私たちは1日にどのくらいのお水が必要なのでしょうか?
1日に1.5~2Lのお水が必要といわれており、水分補給は毎日行うものです。

毎日飲むお水に不純物が入っている場合や、ミネラルを過剰に摂取してしまった場合、その不純物やミネラルを排出するするために、身体は処理をしないといけなくなり負担がかかってしまいます。

そのため、普段飲むお水には不純物が入っていない方が、体にやさしいといえます。

水分補給の目的に合わせましょう

普段の水分補給には真水がおすすめですが、どの水分補給の場合も真水が適しているとはいえません。

汗を大量にかくなどして、身体がミネラルを必要としている場合もあります。

その場合はミネラルウォーターを飲む、もしくはミネラルを食べ物から摂る必要があります。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る