水分不足と身体のしびれは関係がある?

身体のしびれは水分不足のサインかもしれません


手足のしびれや身体の各部のしびれなどに悩まされている人にとって、どんな部分に根本原因があるのかを探るのは大変なことかもしれません。

一つには水分不足などが影響を及ぼしているという可能性があります。

というのも水分不足による脱水症状、熱中症の症状としてもこうした身体のしびれや痙攣というものがあるのです。

慢性的に水分が不足しているような人は日常生活の中で気づかないうちに軽度の脱水状態になっていてしびれや痛み、倦怠感に悩まされている可能性もあるわけです。

水分不足によるしびれを解消するためにも適切な水分補給

適切な水分補給は人間の身体にとって重要なもので、誰もが意識して心がけなければいけないものです。

もちろん特定の箇所にしびれがあるという場合、専門医の診察をうけることは重要ですが、そもそも普段の生活の中で水分不足などになっていないか自分でも分析してみる必要があります。

水分不足で血流が悪くなり結果として身体の不調につながっているケースは多いです。

水分不足は様々な症状として現れます

水分不足が身体に及ぼす影響は計り知れません。

夏の熱中症や脱水症状にばかり注意が行きがちですが、実はそれほど暑い日ではなくても水分不足によって身体に影響が出ていることがあります。

有名なところでは朝からきちんと水分補給をしておかないと日中の倦怠感などを抱きやすいなどの説があります。

確かに水分補給によって血流促進、胃腸の活動を活発にさせることや代謝のアップなど様々なメリットがありますので、1日のパフォーマンスを高めるためにも朝起き抜けに水分補給をすることはとても大切なことと言えます。

基本的に共通している部分としては水分の摂取によって血流が良くなるという部分です。

血流の良し悪しが人間の健康を左右する

血流が悪くなると人間の身体はこりや痛み、肌荒れなど本当に色々な問題に見舞われることになります。

身体のしびれや筋肉痛もこれと関係があると言われています。

筋肉の疲労が回復される過程において血流は重要なポイントです。

血流が悪いと筋肉疲労が蓄積しやすくなり筋肉痛になりやすかったり、筋肉痛が治りにくかったりという問題が起こりやすいのです。

よく「足をつった」というような症状が起こりますが、これも筋肉が痙攣を起こしている状態であり、水分不足によって起こることがあるものです。

そのほか関節の痛みなども水分不足が原因でなる可能性がありますので、しびれや痛みなどがある人は適切に水分補給をしているかどうか確認するようにしましょう。

冬場でも水分補給を定期的にしましょう

人間がダイレクトにお水や水分を欲する時というのはやはり暑い時ではないでしょうか。

逆に言うと暑い時期でなければ、人間はそれほど強烈に水分補給の必要を実感することは少ないかもしれません。

しかしそれが罠となり比較的涼しい時期や寒い季節に水分不足に陥って身体の節々のしびれや痛みなどにつながってしまう可能性があります。

寒い時期には特に空気が乾燥しているため、想像以上に人間の身体の水分も失われています。

白湯など温かい飲み物できちんとこまめに水分補給しなければいけないのは夏も冬も一緒なのです。

水分補給の味方ウォーターサーバー

職場に自分用の飲み物持ち込んでいる人が多いと思いますが、コーヒーやジュースなどではなくマイボトルにお水を入れて出社しているOLさん達もたくさんいます。

大きめのペットボトルでお水を箱買いしている家庭もありますが、ウォーターサーバーを家庭に設置していつでもきれいなお店のよりようにしている家庭も増えてきています。

もちろんウォーターサーバーのお水は宅配で運んできてくれるので、重たいお水を一生懸命段ボールで運んでくる必要もありません。

会社にもウォーターサーバーが設置してあり、自宅にもウォーターサーバーがあれば水分補給において必要な環境はかなり整っていると言えるでしょう。

自宅にウォーターサーバーの設置を考えている人はぜひ実行してみてください。

身体のサインを見逃さないようにする


水分不足で脱水症状や熱中症になった場合、救急車に運ばれるような重篤な症状になってしまう場合もあります。

夏が近づいてくるシーズンになると熱中症で何人が搬送されたなどの情報がニュースでも触れられる時があるでしょう。

ここまでの状態にならなくても身体にしびれが生じれるときや、だるさや吐き気など慢性的に体調の悪さを感じている時には日常的に脱水症状気味になっている可能性もありますので、そうした身体が出す様々なサインを見逃さないように気をつけたいものです。

水分補給の習慣が健全化どうか確かめましょう

人間の身体は食事からも水分を摂取していますが、自分が1日の中でどのような方法でどれほど水分補給をしているか改めて見直してみることは、適切な水分補給の習慣を培ううえで助けになります。

身体のしびれなど不調が現れないように生活習慣を築きあげましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る