水分不足は眼精疲労と関係がありますか?

眼精疲労は水分不足も1つの原因です


目の疲れは少し休めば回復するぐらいだと問題ないですが、パソコンを見ながらの少しの作業などでも疲れるとなると、眼精疲労になります。

目は唯一外にむき出しになっている内臓であり、目は頭やお腹の器官とも密接に関係しています。

目が疲れると頭痛を起こす、栄養不足や水分不足で潤いが足りないなどの時にも、目の疲れは起こります。

水分不足も原因の1つですが、目は他の器官とも複雑に関係しているので、いくつかの原因が考えられます。

眼精疲労は水分不足など、いくつか原因があります

眼精疲労の原因にはいくつかあり、目を酷使するともちろん疲れてきます。

その他にも、栄養不足からくる疲れ、水分不足からくる疲れ、ストレスによる疲れなどもあります。

目の疲れは目が疲れるばかりでなく、体や心も疲れていることも多いです。

水不足で体が乾いているときも眼精疲労になりやすく、体に潤いを与えるようにします。

水分と栄養補給を行います

目の疲れは体が乾いていることが1つの原因となり、それは水分不足があります。

また水分は血液とも関係があり、栄養不足も目の疲れに繋がります。

そのために、眼精疲労には水分補給と栄養補給で対応すると良いでしょう。

緑黄色野菜を食べましょう

目の使いすぎは栄養の酷使に繋がり、消耗した目に効果のある栄養は緑黄色野菜です。

緑色の濃い色や赤い色の野菜や、黒い色の食べ物です。

具体的には、ほうれん草、ブロッコリー、レバーなどがあります。

目の隅々まで栄養を行き渡らせるために、ビタミンやミネラルの多い食べ物を摂取すると良いです。

特に食生活が乱れたり偏っていたりする方は、見直すべきでしょう。

コンビニ弁当や、加工食品ばかりでは、栄養が偏ってしまい、野菜不足になりやすいです。

そのような生活をしている方は、野菜を意識して食べましょう。

ビタミンのことを考えると野菜は生でそのまま食べるのが一番です。

ただ野菜を生のまま食べるのは、量が多いので大変です。

沢山野菜を食べるには、野菜スープにするなどして食べると、食べやすく、沢山の野菜を一度に摂取できます。

目をマッサージするのも効果があります

眼精疲労には、マッサージするのも、直接的に効果を与えて、疲れを解消してくれます。

目の周囲には沢山ツボがあるので、人差し指で押すだけでも、疲れを改善してくれます。

疲れたと感じたときは、目の周りを痛くない程度に力を入れて押し、マッサージすると良いでしょう。

マッサージすることは、目の周囲の血行改善にも役立ちます。

マッサージしなくても、目を上下左右に動かすだけでも、疲れには効果的です。

顔を動かさずに、目だけ上下左右に動かして、目の運動を行います。

目の動きを調節する筋肉をほぐして、疲れを解消してくれます。

または、遠くの物を見て近くの物を見るという、目のピントを遠くと近くに交互に切り替える運動も効果的です。

目の血行を促進することは、疲れ解消に繋がります。

火傷しない程度の温かいタオルを目の上に置いて、目を温めると、疲れをほぐし、リラックスも出来ます。

ただ目が充血しているようであれば、冷たいタオルで目を冷やした方が良いです。

体の乾きを解消しましょう

眼精疲労は、水分不足も原因となっており、それは目が乾く以外にも、体も乾いています。

目は粘膜で覆われているので、水分不足で粘膜が乾くと、疲れやすくなります。

目薬をさして直接潤いを与えても良いですが、一時的な効果しかありません。

また人間の体は60%以上が水分で構成されているので、水分不足は体を乾かし、目も乾かします。

体にも目にも潤いを与えるには、水分補給が良いです。

飲み物の中でも、何も含まれないお水が体に良く、お酒やジュースなどはおすすめできません。

お茶や珈琲もありますが、カフェインなどが含まれるので、お水の方が体に良いです。

冬の寒い時期であれば、冷えたお水はお腹や体を冷やすので、温めてから飲むと良いでしょう。

一度に体で吸収できる量には限界があるので、体に効率よく吸収させるために、一気に大量に飲むのではなく、少しずつ飲むようにします。

水分不足を解消すると水の味に変化が出てきます


体に潤いを与えてお水を飲んでいくと、お水の味に変化を感じてきます。

最初は飲みにくいと感じていたお水が、そのまま何も加えず飲んでも、次第にまろやかになり、口当たりが良く飲みやすくなり、お水が美味しいと感じるようになります。

このようになると、飲み物はお水だけで十分になるので、お酒もジュースも必要なく、ダイエットにも良いです。

しかし、なかなかどうしてもお水が飲みにくいと感じるようであれば、ハーブやレモンを加えて、味付けして飲んでも良いでしょう。

たくさんお水を飲みましょう

体にも目にも潤いを与えるには、飲み物を飲むしか無く、お水を飲むようにします。

水分不足にならないようにするためにも、こまめに意識してお水を飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る