水分不足が原因でイライラするの?

水分不足でイライラが生じることがあります


誰もイライラしたくてイライラしている人はいないと思います。また、イライラしてしまうと本来うまくいくはずのことも、うまくいかなくなることがあります。

イライラすると集中力も乱れ、仕事でしょうもないミスをしてしまうこともあるでしょう。

周囲の人に八つ当たりしてしまうなどの弊害もありますし、できることならイライラせず穏やかな生活を送りたいものです。

水分不足でイライラしてしまう、ということもよくあるのですが、実際水分不足が原因でイライラするのはきちんとした理由があります。

水分不足で生じる脱水症

水分不足でイライラしてしまう理由の一つに脱水症が挙げられます。

脱水症というのは体内の体液が少なくなってしまう症状で、さまざまな症状を引き起こすことがあるのです。

発汗や排尿などによって体内の水分は失われていきますが、適切な水分補給をせずに不足したままにしてしまうと、どんどん水分不足になります。

脱水症の症状にはいろいろありますが、イライラしてしまうというのも症状の一つとなるのです。

水分不足のイライラを回避する方法

水分不足が原因で脱水症になり、それがイライラの原因であるということを先ほどお話しました。

もちろん、イライラの原因はそれだけではないでしょうが、水分不足が原因によるイライラはほぼ例外なく脱水症が原因と言えるでしょう。

つまり、水分不足が原因でのイライラを回避するためには脱水症を回避すればよいということになりますが、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

ここでは脱水症を回避し、水分不足によるイライラを予防する方法についてご紹介したいと思います。

水分補給は基本中の基本

脱水症になる原因の多くは水分不足です。

体内の水分が足りなくなってしまうと脱水症になってしまいますから、こまめな水分補給を行うというのは基本中の基本と言えるでしょう。

とくに運動する前や運動中には積極的に水分補給をする必要がありますし、我慢してしまうのはNGです。

ひと昔前まで運動中の水分補給はダメといった間違った認識がされていましたが、これは日本特有のものでしょう。

海外の方からすると考えられないことでしょうが、今では日本でも運動中に積極的に水分補給をするように指導されています。

日常生活においてもこまめに水分を補給する必要があります。できれば1日に2リットル以上のお水は飲んだほうがよいでしょう。

お茶やコーヒーといった飲み物はカフェインが含まれており、利尿作用があるためおすすめしません。

お水で補給するのがもっとも体によいでしょう。

ナトリウムも適量摂取する

水分だけをたくさん補給してもどんどん体内から失われてしまうことがあります。

夏場など気温が高くなる時期だと何もしていなくても汗になって水分が奪われてしまい、水分補給が追い付かないこともあります。

ではどうすればいいのかということですが、解決策としてナトリウムを摂取することが挙げられるのです。

ナトリウムには水分を体内に滞留させる働きがあるため、多くのスポーツドリンクなどにも含まれています。

ナトリウムなんてどこで売っているの?と思われた方もおられるかもしれません。
ですが、ナトリウムは塩分のことなので塩分を摂取すればよいのです。

夏場にあちこちで売られるようになる塩飴もそうした理由で販売されていますし、暑い時期には有効なアイテムと言えるでしょう。

お水だけでなく同時にナトリウムも摂取するよう心がけてください。

部屋の温度コントロールも大切

体内の水分は知らず知らずのうちに失われていることが多いです。

とくに夜寝ているときにはたくさんの水分が失われていますし、それに気づかない方も少なくありません。

寝ているときには本人が気づいていないだけで実際にはたくさん汗をかいています。
また、それによって水分とナトリウムも失われているのです。

朝起きたときにすぐお水を飲みたくなるのはこうした理由もあります。

そのため、室温を適温にコントロールするということも大切ですから覚えておきましょう。

加湿器を用いて部屋の湿度を一定に保つのも効果的ですし、エアコンで温度を保つのもおすすめです。

エアコンを使用するとどうしても部屋が乾燥してしまいがちですから、それを回避するためにも加湿器との併用をおすすめします。

水分不足が脱水症を招く


しつこいほどお話していますが、水分不足が脱水症を招きそれが原因でイライラしてしまうことは多々あります。

イライラしてしまうだけでも嫌なものですが、脱水症が酷くなるとめまいやチアノーゼ、呼吸困難などを引き起こします。

失われた水分が多くなると最悪死を招くようなこともありますから脱水症を甘く見てはいけません。

脱水症を回避してイライラを防ぐため、健康被害を回避するためにもこまめな水分補給を行い水分不足にならないようにする必要があります。

イライラすると思ったら水分補給をしましょう

イライラの原因は何も水分不足による脱水症だけではありませんが、それでも気をつけておくだけでも価値があります。

最近イライラしやすい、と思った方は水分補給をこまめに心がけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る