水分不足になるとお腹が張ることがあるの?

お腹が張る原因の一つは水分不足です


とくに食べ過ぎたわけでもなく原因がわからないままお腹が張る、という経験をしたことのある方は少なくないでしょう。

お腹が張ると単純に苦しいですし、原因がわからないというのも何だか怖いものです。

実は、お腹が張る原因の一つは水分不足です。

水分不足が原因でお腹が張る、苦しいというのは実際よくあることですし、インターネット上でもそのような意見はよく目にします。

しかし、いったいどうして水分不足が原因でお腹が張るのでしょうか。

お腹が張る原因

お腹が張る原因が水分不足にあるということを先ほどお話しましたが、どうしてそれでお腹が張るのかと疑問に感じた方もおられるでしょう。

水分不足が続くと便秘になりやすく、腸内に便が残ってしまいます。

つまり、腸内環境が乱れることによって悪玉菌が増殖し、お腹にガスが溜まるという状態になってしまうのです。

水分不足による便秘、発汗や尿による毒素の排出が難しくなるとこうした状態になります。

お腹が張るのを回避するには

お腹が張ると苦しい思いをすることもあれば、集中力の乱れなどに直結する恐れもあります。

先ほどもお話したようにお腹が張るのは腸内環境が乱れることによって、腸内にガスが溜まっているからです。

お腹が張っているだけでも苦しいのですが、腸内環境が乱れたままになっているとさまざまな弊害を引き起こす恐れもあります。

ここでは、腸内環境を整えお腹の張りを改善する方法についていくつかご紹介しますからぜひ参考にしてください。

水分不足を解消してお腹が張るのを改善

便秘になってしまうと腸内環境がさらに乱れることになりますし、できるだけ便秘は解消したほうがよいでしょう。

女性はとくに便秘になりやすいといわれています。日ごろから便秘にならないような生活習慣を心がける必要があるでしょう。

便秘になってしまう原因もいろいろと挙げられるのですが、水分不足も一つの原因といえます。

水分をしっかり摂ることで腸内の便を柔らかくすることができ、体外に排出しやすくすることができるのです。

普段からあまりお水を飲まない、という方だとどうしても水分不足になってしまいがちですし、それが原因で便秘となりお腹が張ることになります。

便秘を解消してお腹の張りを改善するためにも水分を摂ることは必要ですから、こまめに水分補給することを忘れないでください。

できれば1日2リットルは飲んだほうがいいでしょう。

乳酸菌を積極的に摂取する

乳酸菌を積極的に摂取することで腸内環境を整えることができます。

すでにお話したように腸内環境が乱れてしまうと便秘になりやすく、お腹の張りの原因にもなってしまいます。

乳酸菌をたくさん摂ることによってこうしたことを回避できますから、日々の生活で乳酸菌をたくさん摂取するよう心がけてみましょう。

乳酸菌はヨーグルトにたくさん含まれていますから、日々の食生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

もっとも効率的に乳酸菌を摂取できますし、最近ではドリンクタイプのヨーグルトもたくさん市販されています。

忙しい朝でもこれなら手軽に乳酸菌を摂取できますのでぜひ試してください。

また、腸内環境を整えるには食物繊維をたくさん摂るのも有効ですから、食物繊維が含まれている食材を摂取するのもおすすめです。

腸をマッサージしてあげる

便秘になるとガスが溜まってお腹が張るのですが、便秘になるということは腸が活発に働いていないということです。

食べ物に気をつけることで腸の働きを活発化させ、便秘を解消するということも十分可能なのですが、それだけでは足りないこともあります。

そこでおすすめしたいのが腸のマッサージです。

腸がしっかり働いてくれるようになれば便秘を解消することができますし、ちょっとしたマッサージを行うだけで腸の働きを取り戻すことが可能です。

腸がある部分に手を当てて強くもみほぐすだけでも効果的ですし、骨盤を大きく回すことで大腸にも刺激を与えることができます。

毎日続けていれば効果も出やすいでしょうから、食べ物だけに気をつかうのではなく腸マッサージにもチャレンジしてみましょう。

水分不足でお腹が張るのは明白

抗酸化物質の違い
水分不足が原因でお腹が張るのはもう明白ですから、お腹の張りに悩まされている方はまずしっかりと水分補給することを心がけましょう。

もちろん水分不足だけが原因ではありませんが、水分をしっかり摂ることで便秘の解消が期待でき結果的にお腹の張りを改善することも可能になります。

水分が足りないと便秘になりやすくガスも発生しやすくなりますから、このようなことにならないよう日頃からしっかりと水分補給することを心がけてください。

毎日適量のお水を飲みましょう

便秘になった、お腹が張ったというときだけ大量にお水を飲んでもあまり意味がありません。日々の生活でお水を適量摂取することが大切です。

お腹が張った状態だと生活に支障をきたすことも考えられるため、ここでご紹介した内容を参考にお腹の張りを回避してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る