ダイエットでは水分はどのくらい摂取すればいいの?

ダイエットでどのくらい水分が必要かは体重で決まります


通常運動しない状態では、人は1日におよそ2.5リットルの水分を体から排出するといわれています。

運動するならば更に多くの水分が体から出て行きます。

ダイエットでは体内の不純物を効率よく排出するためにも、水分摂取は意識して行なうべきです。

人は食事でも水分補給はできますので、目安としては1日に1.5リットルぐらいを、飲み物から摂取するのが良いです。

体重が多い人は多めに意識して、もう少し多く摂取する方が良いでしょう。

ダイエットでの水分補給はこまめに飲むべきです

いくら水分補給が重要だからといっても、一気に大量に飲んでは、吸収できない分はそのまま尿として出てしまいます。

1日に1.5リットルの水分補給を目安とするならば、1回にコップ1杯などとこまめに飲むのが良く、こまめに飲むと体は効率よく水分を吸収できます。

このために1日数回にわけて、食事やお風呂の時などに飲むようにしましょう。

水分不足は体に悪影響を与えるといえます

体から水分が失われていくと、血液循環が悪くなる、体温調節が上手くできなくなる、脱水症状になるなどが起こることがあります。

痩せたいからと言って水分を控えるようにすると、痩せるどころか、体を壊してダイエットどころではなくなってしまうかもしれません。

ダイエット中は体に水分を循環させるような気持ちで、意識して水分補給を行なうべきです。

お水を飲んでも太ることはありません

ダイエットでは、お水を飲むと太ると心配する人もいるかもしれません。

しかし、結論からいうと、お水や無糖炭酸水を飲んでも、不要な分の水分は体外に排出されますので、太ることはありません。

血液やリンパの循環が悪いなどして、むくむような人は、太る可能性もありますが、健康な方なら太ることはないです。

ただし水分として、砂糖が入っているジュース、アルコール類などを飲むと、これらにはカロリーがありますので、太る可能性はあります。

もしも水分吸収効率を高めるならば、人の体は弱アルカリ性になっているので、アルカリ性のお水を飲む方が吸収率は良くなります。

アルカリ性だと体への負担も少なく、起床時や就寝前に飲むお水として良いです。

味付けの意味もあり、お水にレモンやライムを搾って入れると、さっぱりとした味になり、更に飲みやすくなります。

体から水分が失われるときにお水を飲むと良いです

お水は基本は喉が渇いたと感じたときに飲むようにします。

起きたときや寝る前、休憩時や食事の時、入浴前後や運動を行なったときです。

アルコールは飲むと代謝するときに多くの水分を失うので、余計に水分が必要となり良くありません。

カフェインを多く含む飲み物も、利尿作用があるので水分が失われやすいです。

このために、水分補給ならば、砂糖やカフェイン、アルコールの含まれない飲み物が適しています。

冷たい水は体を冷やしますが、飲むと体温を上げようとエネルギーを使い、カロリー消費量を増やします。

適度に飲むのは良いですが、あまり飲み過ぎると体を冷やしすぎて良くないです。

また運動を行なったときは、汗として水分が体から失われますので、普段以上に水分補給をすべきです。

運動を行なう前からコップ1杯のお水を飲み、運動中はもちろん、運動後もコップ1杯のお水を飲むべきです。

ダイエットでもまずは水分補給を考えましょう

お腹が出ているのが気になる人や、便秘な人は、まずは水分補給を行なうようにして、水分不足を解消します。

こまめに水分補給を行なうようにして、食事に汁物を追加、水分の多い野菜や果物を追加するなど、飲み物でも食べ物でも積極的に水分補給をしましょう。

お水に関しては硬水や軟水、炭酸水などありますが、アルコールやカフェイン、砂糖が入っていなければどれを飲んでも構いません。

特にお風呂や運動で多くの汗をかくとき、眠った後の起床時の長い時間水分を摂らないときなどは、積極的に水分補給をするようにしましょう。

ダイエットで代謝アップを目指すならば、体を温めてからお水を飲むと良いです。

そのために、お風呂や運動で体が温まったときにも、お水を飲むようにすると良いでしょう。

⇒ダイエットと水分不足との関係については、こちらの記事【保存版】水分補給をしないと体重が増えやすくなるって本当?をお読みください。

ダイエットでは意識してお水は飲むようにします


喉が渇いたときにお水は飲むようにした方が良いですが、できれば定期的にお水を飲む習慣を付けた方が良いです。

喉が渇いたとき飲むとなると、乾かなければ飲まないとなるので、水分不足になる可能性があります。

たとえば、食事の前にはコップ1杯のお水を用意して、食事が終わるまでに飲むなどすれば、習慣になって水分補給をこまめに行えます。

特にいままでお水を飲む習慣がないという方は、タイミングを見てお水を用意して飲む習慣をつけましょう。

ダイエットで1日に必要な量の水分はどのくらいか理解して水分補給をしましょう

ダイエットをするにしても、水分補給は重要です。

血液やリンパの流れを良くして、体から老廃物などを出しやすくするためにも、体には水分は欠かせません。

こまめに水分補給して、1日の必要量を摂取するようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る