ダイエットで水分をとらないのは良くないの?

ダイエットで水分をとらないのは逆効果です


ダイエットをするならば、太るからといって水分を取らないのは良くありません。

体重を減らしたいと思うならば、水分補給は重要です。

水分は代謝と密接に関係しており、代謝とは必要なものを取り込み、不要なものを排出する機能です。

水分は血行にも関係しているのはもちろん、細胞や消化吸収、脂肪燃焼などにも関係しています。

このために、水分は不足すると代謝機能を下げてしまい、体に余計な不純物を溜めやすくなり、太りやすくなります。

ダイエットで水分をとらないのは体にも良くありません

お水を飲まずに、体が水不足となると、代謝機能が落ちるばかりではありません。

血流が悪くなり関係する病気が発生しやすくなる、動脈硬化を引き起こしやすい、汗が出にくくなり体温調節しにくくなる、などあります。

水分補給を十分に行なうことは、ダイエットのみならず、体の機能を正常にするためにも重要なのです。

水分は代謝機能に関係しそれはダイエットにも関係します

水分補給するということは、体に水分を与えて潤すことになります。

それは血液やリンパの流れを良くすることでもあり、つまりは体外に不純物を排出しやすくなります。

むくみを防ぐにも水分補給は効果があり、体重を減らすならばまずは水分補給を十分に行なうことです。

お水を飲んでも太ることはありません

お水を飲むと太るので飲まないという方がいますが、それはダイエットをするしないに関わらず良くありません。

普通の健康な方ならお水を飲んでも、不要な分は体外に排出されますので、太ることはありません。

特にお水が不足すると、血液が濁ったりするので、体に良くないのです。

ただお水でも砂糖やアルコールの含まれる飲み物は、カロリーがあるので、飲むと太る可能性はあります。

このような砂糖やアルコールの含まれないお水なら、飲んでも太る心配はないです。

また人間には1日に最低でも1.5リットルの水分補給は必要なので、意識してこまめに水分補給はした方が良いです。

食事をするときや、お風呂に入るときなど、タイミングを見て飲むように習慣づければ、自然と水分補給できるようになります。

水分補給が必要なときにお水を飲むようにします

お水はいつ飲めば良いかというと、体から水分が失われるとき、または水分が必要な時に補給すると良いです。

  • 運動を沢山している時
  • 睡眠不足やストレスのある時
  • アルコールやカフェイン摂取の後
  • 体重や体脂肪率が減らない時

運動するときは汗をかき体から水分が失われますので、もちろん水分補給は必要です。

睡眠不足やストレスの時も、体は水分を必要としますので、お水を飲んだ方が良いです。

アルコールやカフェインを摂取すると、利尿作用によって体から水分が失われますので、このような時もお水を飲むべきです。

また体重や体脂肪率が減らないときは、代謝が悪くなっているので、代謝機能を上げるために水分補給をします。

特に喉が渇いたような時は、体から水分が失われているので、コップ1杯などのお水を飲むようにしましょう。

⇒運動後の水分補給で太ってしまうのではないかとご心配な方は、こちらの記事ダイエット中は運動後にお水を飲むと太るの?をお読みください。

水分の取りすぎはかえってダイエットには良くないです

いくら水分補給がダイエットに必要とは言っても、人の1日に必要な水分量は決まっています。

喉が渇けば体から水分が失われていますが、逆に水分を取りすぎて喉が渇くようなこともあります。

1日1.5リットルが目安となりますので、これ以上の水分補給は取りすぎです。

実際に水分を多く取りすぎると、水分によって体を冷やしてしまいます。

体が冷えてしまい、十分な熱を生み出せずに、脂肪燃焼が上手くいかないということがあります。

特に冷え性の方やむくみのある方は、水分の取りすぎには気をつけましょう。

もしも水分補給をするとなれば、喉が渇いたときだけにする、または1日に飲むお水の量を計算し、必要量以内にするなどの工夫が必要です。

コーヒーや緑茶は体を冷やしやすいので、飲むとしたら温めてホットにして飲む方が良いでしょう。

体が冷えやすい人は、冷たい飲み物よりも、温かい飲み物を飲んだ方が体には良いです。

水分補給を取り入れてダイエットに活用しましょう


お腹が出ているのが気になる人、便秘が気になるような人は、体の代謝機能が落ちている可能性があるので、水分補給を行なうようにしましょう。

お水を飲むと顔や首がすっきりしたり、通じが良くなったりするなど体に変化が訪れます。

このようになれば、代謝機能が改善されているので、体から不要物を出しやすくなり、痩せやすい体を作ってくれます。

また一気にがぶ飲みするのは、どか食いと一緒なので、コップ1杯ずつなどと少しずつお水は飲むようにします。

お水を上手く活用して補給しましょう

お水には硬水や軟水などありますが、どのようなお水でも水分補給として飲んでも構いません。

喉が渇いたときなどに飲むようにして、自分が飲みやすいと思うお水を活用し、上手に水分補給していきましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る