ダイエットでは水分は食前に補給した方がいいの?

ダイエットで食前に水分補給すると満腹感を与えて食べすぎを防げます


食前にお水を飲むと食べすぎを防げます。

それはお水によって満腹感を得られて、そのために余計に食べるのを防ぐことができるのです。

満腹感を与えるために、朝昼晩と3回食事をする前には、お水を飲むようにします。

食事の直前よりも、30分ぐらい前に1杯のお水を飲んだ方が満腹感を得るには効果的です。

そうして食前にお水を飲み、食事の量をコントロールしていけば、ダイエットにも繋がるでしょう。

食前の水分補給は胃にお水が溜まるので満腹感を得られダイエットに役立ちます

食前にお水を飲むと、満腹感を得られるのは、胃腸管にお水が留まり胃がふくれるためと考えられています。

これによってお水の分だけ満腹感を得て、食べすぎを防げるのです。

またお水を食前に飲んでおくと、食事で食べ物が胃に入り、胃で食べ物が水を吸収し膨らみ、その分だけ満腹感を得られやすくなるという効果もあります。

食前に1杯のお水を飲みましょう

お水で満腹感を得るには、食事の30分ぐらい前までにお水を飲みましょう。

食事中にたくさんお水を飲むと、消化液が薄められて、食べ物が消化吸収されるのを妨げてしまいます。

このために、30分ぐらい前までにお水は飲んだ方が良いです。

お水を飲むなら身体に優しいものを選びましょう

食前に飲むお水としては、市販のお水でも、水道水でも、どんなお水でも構いませんが、できれば身体に優しいお水を選びましょう。

重要なのは食前に飲んで満腹感を得ると言うことであり、食べ物を食べる前にお水を飲むということです。

ただ水道水だとカルキや塩素が入っており、飲んでも美味しくないと感じるかもしれないので、市販の塩素などの入っていないお水の方が良いかもしれません。

不純物の入っていないピュアウォーターであれば安心して飲めるでしょう。

また朝起きたときは身体や胃が冷えているので、満腹感を与えるのと同時に、身体や胃を温めて機能を向上させるために、白湯の方が良いです。

白湯はヤカンでお水を熱して沸騰させて、少し冷ましたお水であり、誰でも簡単に作れます。

朝起きたときでも、少しの時間ですぐに作れるので、朝食の前に作って飲むと良いでしょう。

飲みすぎるのは逆効果です

いくら食前にお水を飲むと満腹感を得られるからといっても、必要以上にがぶがぶとたくさん飲むのは、お腹をいっぱいにしてしまい、食べ物を食べられないかもしれません。

ダイエットをしていると、食事をしないのは体重を減らすのに良いと考えるかもしれませんが、ダイエットをしていても、栄養バランス良く食事をするのは必要です。

食事をしないでダイエットするのは、身体に必要な栄養が不足し本末転倒になります。

目的は食べ過ぎを防ぐということであり、まったく食べないということではないのです。

このために、程よく満腹感を得るために、食前には1杯ぐらいのお水を飲むようにします。

またお水の代わりにアルコールやジュースを飲むのは止めた方が良いでしょう。

確かにこれらでも満腹感を得られますが、美味しいと感じてついつい何杯も飲んでしまい、お腹がふくれすぎて食事ができないということもあります。

さらにジュースは糖分があるのでカロリーが多く、アルコールは肝臓などに負担をかけるので、日頃の水分としては適していません。

食事の前に飲むなら、糖分やアルコールの入っていない飲み物にしましょう。

胃がもたれるときはお水だけ飲む方が良いです

どうしても前日に食べ過ぎた、飲みすぎたという場合があるかもしれません。

そのような時は、次の日は1日3食にこだわらず、まずは空腹を感じるまで待ちましょう。

朝起きたときに空腹感が無いのであれば、朝食を抜いて空腹を感じるまで待っても構いませんが、水分補給はしっかり行ないます。

朝起きたときは、まずは1杯のお水を飲みましょう。

お水を飲むことは食事をしなくても代謝を下げないようにする目的もあります。

さらに水分不足だと血液循環が悪くなり、老廃物の排出もうまくいかないので、それを防ぐためにも起きたら1杯のお水を飲みます。

朝起きたときに1杯のお水を飲むということは、身体に水分を補給する意味もあります。

寝ている間は水分補給はできず、その間に身体からは水分が失われるので、起きたらお水を飲むと良いです。

どんな食事のときにもまずは1杯のお水を飲みましょう


食前にお水を飲むのは、満腹感を得るためです。

そのために、朝昼晩と食事をするときにはお水を事前に飲んでおくようにします。

またどんな食事のときでも、お水は事前に飲んで満腹感を得ておきます。

これは和食でも洋食でも、水分の多いようなラーメンや鍋などのときでもお水を飲んでおきましょう。

そうして食前にお水を飲み満腹感を得て、これによって食事の量をセーブすれば、ダイエットに繋がるのです。

食事にお水を取り入れましょう

食前にお水を1杯のみ、満腹感を得てから食事をしましょう。

朝なら身体を温めるために白湯を飲む、胃もたれしているときはお水だけ飲むなど、そのときコンディションにも合わせて、飲むお水を換えていきましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る