ダイエット中の水分として食後のほうじ茶は有効?

食後のほうじ茶はダイエット中の水分として有効です


もし家にほうじ茶があるのであれば、食後の水分としてぜひ活用してみてください。

ダイエット効果に繋がるうれしい成分が含まれており、理想の体型を目指すうえで有効となります。

ダイエットのときは、食事についてできる限り工夫を凝らしたいといったところでしょう。

ですが、水分もまた侮ってはいけません。

ジュースやアルコールは同じくカロリーや脂質が影響して、肥満の原因となる場合もあります。

その点、ほうじ茶なら安心です。

特徴を理解して、うまく取り入れてみてください。

食後のほうじ茶が良いのはダイエットに適した特徴が伴うためです

ダイエット中の水分で特に気を遣う点としては、やはりカロリー面でしょう。

ほうじ茶などのお茶類の多くは、低カロリーであるため安心です。

そのため、ほうじ茶はダイエット時の水分に向いているといえるのです。

また食後の水分として摂ることにより、直接的なダイエット効果も期待できます。

ダイエット向きの水分といえるので、活用しておいて損はないでしょう。

ダイエット中の水分にはほうじ茶がおすすめ


ほうじ茶はダイエットに適した特徴を伴う水分です。

ですが、それ以前に香り豊かで味わいが楽しめる飲み物でもあります。

食事のあとの一服として、また喉を潤わせるうえでも嬉しい水分になってくれます。

ダイエット向きの特徴と合わせて、魅力的な存在といえるでしょう。

ほうじ茶はノンカロリー

低カロリーのものが多いお茶類ですが、ほうじ茶はなかでもダイエット向きです。

何を隠そう、基本ゼロカロリーであるためです。

ほうじ茶は、お茶の葉を焙煎したものから作った飲み物であるため、余分なエネルギーが伴わないのです。

少し食事を摂りすぎたときなどであっても、罪悪感なく安心して口にすることができます。

肥満防止効果が期待できる

ノンカロリーという特徴だけであれば、多くのお茶類でも期待できます。

そのようななかでも、なおほうじ茶がおすすめである理由は、ダイエットを直接的にサポートしてくれるような効果にまで繋げられるためです。

それは、肥満防止効果です。

そもそも、肥満を防いで痩せることが目的のダイエット中としては、何よりともいえる効果でしょう。

ではいったい、どのような成分が肥満防止に役立っているのでしょうか。

主には、タンニンをはじめとしたカテキン類です。

カテキンは、食事で摂取した糖を分解するための酵素による働きを抑制します。

糖は食事でもメインを締める、炭水化物から主に取り込まれる栄養素であるため、肥満の大きな一因となっています。

糖が必要以上に吸収されると、使用しない分は脂肪として溜め込まれます。

ほうじ茶によって吸収を抑制できれば、大きなダイエット効果が期待できます。

カテキンで有名な緑茶以上に期待できる

カテキンが豊富なお茶といえば、緑茶が有名かと思われます。

カテキンの抗菌作用を役立てた、緑茶成分配合の除菌剤なども少なくありません。

その他、風邪の予防においても有効といわれています。

ですが、そのようななかでもおすすめはやはりほうじ茶です。

理由は、純粋に緑茶以上のカテキンが期待できるためです。

上質な緑茶は、一般的に一番茶です。

ほうじ茶は、香りを楽しむお茶であるため、二~三番煎じのものを使うことが多いでしょう。

このとき、フレッシュなお茶の葉からとれる一番茶においては、カフェインやビタミンCが豊富に出されます。

二~三番煎じのものは、これら成分が徐々に薄れてしまいます。

ところが、ダイエットに関連深いカテキンについては、その逆で二~三番煎じの方が溶出量は多いのだそうです。

これこそが、ダイエット時の食後に摂る水分として、緑茶よりほうじ茶の方が魅力的である理由なのです。

余分な食欲を抑えられる

食べるのが好きな人としては、食後もなお口寂しさを覚える場合も少なくないかもしれません。

もちろんそうなると、ダイエットの成功はより難しくなってしまいます。

ですが、香ばしいほうじ茶は口の中をさっぱりさせるため、余分な食欲を抑える効果も期待できます。

食事以外におけるカロリー摂取を控える意味でも、有効な存在になることでしょう。

ほうじ茶はノンカロリーでダイエット向き

ほうじ茶には、肥満に繋がるカロリーが含まれていません。

そのため、ダイエット中であっても気兼ねなく飲むことができます。

少々食べ過ぎた食後であっても、問題ないといえるでしょう。

また、豊富に含まれるカテキンの作用で、糖の吸収を穏やかにする効果も期待できます。

その量はカテキンで有名な緑茶以上ともいわれており、高いダイエット効果に繋げられます。

糖の摂取量が気になる食後には、ぜひ進んで摂ってみてはいかがでしょうか。

ダイエット時の食後は水分としてほうじ茶を摂ろう

麦茶や緑茶、ウーロン茶と比べて、ほうじ茶は少々マイナーな存在かもしれません。

ですが、ダイエットのうえではとても効果的な存在といえます。

お気に入りの銘柄を見つけて、進んで摂ってみてはいかがでしょうか。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る