お湯はダイエットのときの水分補給に適しているの?

白湯程度のお湯はダイエット時の水分として有効といえます


たかがお水とはいえ、侮ってはいけません。

体の大半は水分で占められているため、ダイエット、さらには健康を考えるのであれば、こだわるべき存在といえます。

そしてより効果的なダイエットを目指したいのであれば、普通のお水ではなく白湯程度に温めたお湯が理想的です。

また、お水の種類にもこだわると良いでしょう。

水温から種類にまでとことんこだわって、理想の体型を目指してみてください。

白湯程度のお湯には体内機能の向上が期待できる

どうせ水分を摂るなら冷たいお水の方がいい、そんな風に感じる人もいるかもしれません。

運動時などは特に冷水が美味しく感じられるので、なおのことでしょう。

ですが、それでもなおお湯にこだわるべきです。

なぜなら、白湯程度のお湯には体内機能の向上が期待できるためです。

痩せやすい体質を内側から作ることで、さらなるダイエット効果に繋げられます。

水分補給にお湯を使ったダイエット

お湯を飲んで痩せるというダイエットは、少々意外に感じられるかもしれません。

ですが近年に至っては、「白湯ダイエット」なるダイエット方法が広がりを見せているほど注目度の高い存在ともなっています。

人気は、もちろん効果に対する期待値の表れとも言い換えられます。

詳しいやり方や効果の理由を知って、効率的なダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

水分補給にお湯を使ったダイエットの方法

お湯といっても、さまざまな状態が考えられることでしょう。

ぬるま湯から熱湯にまで、「お湯」という言葉は幅広く用いられます。

そのようななかダイエットに有効となるのは、前述までにも挙げている「白湯」の状態です。

水温としては、約50度前後と考えておいてください。

この50度前後の白湯を、ダイエット中の水分補給時に使用しましょう。

分量としては、1日1~2リットルほどが理想的です。

少々多いように感じられるかもしれませんが、人が1日に消費する水分量は2~3リットルともいわれているので、それを補う分量として考えれば、決して多すぎることはありません。

もちろん、一気に飲むのではなく、コップ1杯の200ミリリットルほどの量を複数回に分けて飲むといった摂取法を意識してください。

無理なく続けることもまた、ダイエットにおいて重要なポイントであるためです。

⇒お水ダイエットで効果が出るまでの期間については、こちらの記事水分補給ダイエットの効果が出るまでの期間は?をお読みください。

白湯がダイエットに有効である理由とは

単純に水分を補給することが目的なのであれば、普通のお水でも問題ないでしょう。

にもかかわらず、なぜ白湯状態のお湯が理想的なのか、気になるところでしょう。

白湯がなぜダイエットに有効なのか、紹介します。

内臓を温めて血液循環を高める

温かいお湯を摂り込めば、その分体内の温度も上昇します。

これにより、内臓機能の活性化が期待できます。

内臓温度が1度上がるにつれ、基礎代謝も約10~12%上昇するといわれているので、脂肪燃焼が促進されます。

なかなか落ちにくい部位の脂肪も、より落としやすくなることでしょう。

老廃物排出の活発化

体内の落とすべき要素は、脂肪だけにとどまりません。

便や汗といった老廃物もまた、排出すべき存在です。

これらが滞留すると、脂肪がつきやすくなる、体内機能が低下するといったデメリットに繋がります。

白湯で内臓が温められると消化作用も向上するので、これらをスムーズに落としやすくなります。

尿による水分排出を助ける

お湯によって温められるのは内臓だけでもありません。

血管やリンパもそのひとつであり、体内に滞っている水分の排出も促進します。

いわゆる水太り状態を解消することに繋げられるので、この点もまた有効に感じられます。

ダイエットに適したお水の種類

ひとくちにお水といっても、いくつかの種類が挙げられます。

特に近年は市販のお水製品も充実しているので、どれを選ぶべきか悩んでしまいがちかと思われます。

そしてダイエット時に用いるお水としては、ぜひ不純物が入っていない純粋なお水を選んでください。

ミネラルウォーターやフレーバーウォーターでなく、純水、ピュアウォーターといった種類です。

理由は、余分な成分による体内吸収の低下や、内臓への負担を和らげられるためです。

より抵抗なく浸透しやすい純水を使ったお湯なら、より体内機能アップの効果が期待できます。

水分補給にお湯を使えば体内が温められダイエットが捗る


温かい白湯状態のお湯を飲めば、同時に体内も温められます。

内臓や血管が温まると、基礎代謝も向上して、脂肪や老廃物の排出を促進させます。

これこそが、冷たいお水でなくお湯が理想的である理由です。

コンロなどで問題ないので、お水を沸騰させてからしばらく置いて、50度ほどの白湯を作ってください。

さらに純水やそれに近いお水であれば、体内吸収がより捗るためおすすめです。

ダイエット時には白湯程度のお湯で水分補給しましょう

ウォーキングや運動後、もしくはその最中ともなれば、爽やかな飲み口の冷たいお水が美味しく感じられることでしょう。

ですがダイエットを効果的に行なうなら、あえて白湯程度のお湯を選んでみてください。

代謝向上が促され、さらなるダイエット効果が期待できます。

⇒ダイエットと水分不足の関係については、こちらの記事【保存版】寝る前にお水を飲むとダイエットに効果があるって本当?をお読みください。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る