ダイエット中に水分不足になると頭痛がする?

ダイエットして体から水分が不足すると頭痛が発生することがあります


ダイエットでも運動をすると汗をかいて水分が体から失われますが、多くの水分が失われると脱水症状になります。

脱水症状になると、体の隅々の細胞に栄養素や酸素が届きにくくなり、頭痛を起こします。

老廃物を尿や汗として出しにくくなるので、体に水分や老廃物を溜め、むくみなども引き起こし、ダイエットにも良くありません。

脱水症状を放置すると、やがて昏睡状態になるなどもあり、命の危険もあるといえます。

ダイエットして水分不足になると血液の巡りが悪くなり頭痛に繋がります

体の中には血液が循環し、それは水分が素となっています。

人間は約70%が水分で構成されていますので、水分は人間にとってはなくてはならないものです。

水分が体から不足すると、血液も濁り循環しにくくなるので、これによって栄養素や酸素が細胞に届きにくくなります。

そうしてその結果として、頭痛などの症状を引き起こすのです。

水分を積極的に補給するようにしましょう

人間に1日に必要な水分は約1.5Lと言われています。

この量を目安としてこまめに補給すると、水分不足になる心配はないといえるため、こまめに水分補給を行なうようにしましょう。

適度に水分補給するのが頭痛防止に効果的です

水分不足にならないようにして頭痛を発生させないためには、適度に水分補給を行なうようにします。

体からは汗以外にも、呼吸や尿として体外に水分は排出されます。

汗をかかなくても自然と体からは水分は失われますので、その失われた分を補うためにもお水などを飲むようにしましょう。

人間には1日に約1.5Lの水分が必要といわれていますが、1度に1.5Lのお水を飲んでも、体には効率的には補給されません。

1度に大量に水分補給すると、体に吸収できない分の水分は、そのまま尿として出て行ってしまい、飲んだ分が無駄になります。

効率的に水分補給を行なうと言う意味でも、1度に大量にお水を飲むのではなく、少しずつお水を飲んだ方が良いです。

1日の中で、時間を見つけては、こまめに水分補給すると、効率よく体に水分が吸収されます。

アルコールやジュースは補給する水分としては適しません

水分はできるだけ飲むようにした方が良いですが、飲み物でもアルコールやジュースなどは、水分補給のための飲み物としては適していません。

アルコールは利尿作用があり、飲むとそれだけおしっこをしたくなり、余計に体から水分を失います。

またアルコールは、飲むと体の中で分解しないとならず、肝臓などに負担をかけて、飲み過ぎれば二日酔いとなりダイエットするには良くないでしょう。

ジュースは、確かに水分補給にはなりますが、糖分を沢山含んでいますので、ダイエットしている方には、補給のための飲み物としては適しません。

水分補給のために飲む飲み物としては、お水が良く、冷たいお水でも温めたお水でも構いません。

またお水を使ってお茶などにして飲んでも良いでしょう。

お水を飲むならば、水道水はカルキや塩素が含まれるので、やはり市販のお水やピュアウォーターの方が良いと言えます。

汗を多くかいたときは、いつも以上に水分補給します

水分不足で頭痛を起こさないようにするために、こまめにお水を飲んだ方が良いといえます。

しかし、ダイエットをしていて、沢山運動をして、いつも以上に沢山汗をかいたならば、いつも以上にお水を飲むようにしましょう。

汗を沢山かくということは、それだけ体から多くの水分が失われ多くのお水を飲んで補給しないとならないのです。

また運動をしていなくても、夏などの暑い時期やお風呂に入ったときなど、やはり汗を沢山かいたときは、この場合もいつも以上に多くのお水を飲むようにします。

できれば汗をかく前からお水を飲むようにして、汗が落ち着いてもコップ1杯ぐらいのお水をさらに飲むと良いです。

体が温まって汗をかきやすくなっているときは、温めたお水を飲むと余計に体を温めますので、適度に冷えた冷たすぎないぐらいのお水を飲むのが良いでしょう。

塩分の補給も必要に応じて行ないましょう


ダイエットのために運動して体から汗が出て水分が失われると、汗には塩分も含まれているため、水分と一緒に塩分も失われていきます。

体には塩分も必要であり、多すぎると高血圧などになりますが、不足すればやはり頭痛などを起こし、ダイエットする体には良くありません。

汗を多くかいたような時は、お水を飲むのと同時に、適度に塩分補給もするようにしましょう。

塩分補給の方法としては、スポーツドリンクを飲む、梅干しなど塩分のある食べ物を食べるなどがあります。

適度な量の水分を補給しましょう

体から水分が失われていくと、やがて頭痛が起きるようになり、それは脱水症状の1つです。

頭痛を起こさないようにするためにも、水分不足を予防するためにも、お水を飲むようにしましょう。

お水は1日の中でこまめに補給すると良いでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る