【保存版】ダイエットでは水分補給して尿を出した方がいいの?

正しい水分補給により尿(おしっこ)を出すことで、老廃物の排出を促し基礎代謝が向上するため効果的なダイエットに繋がります


ダイエットではよく水分補給を積極的に行ないなさいと言われますが、それには理由があります。

水分補給することによって、尿の他に汗を出しやすくして、体の中の余分な老廃物などを排出します。体重を減らしてダイエットするには、実はこの老廃物が邪魔になっています。

尿をたくさん出すことは、体の中を浄化することにも繋がり、痩せやすい体を作るのに役立つのです。尿を出すにはお水などを飲まないとならず、このためにダイエットでは水分補給は積極的に行うと良いのです。

たくさんお水を飲んで尿を出すと、体から老廃物を出せますが、これは基礎代謝を上げる効果もあります。代謝によって体に生じた老廃物を、尿の他に便や汗でも体の外に出します。

老廃物を体に溜め込むと、体の機能が低下し太りやすくなってしまい、ダイエットには良くありません。そこでお水を飲んで尿をたくさん出して、基礎代謝を上げるのです。

ダイエット中はたくさんのお水を飲んで尿を出しましょう

水分補給して尿を出すのが良いと言っても、普段からお水を沢山飲むのは大変です。そこで日頃からお水を飲むような習慣を付けるのが良く、起きたときや眠るとき、食事や休憩のときなど、時間を見計らってお水を飲むようにします。

断食することではありません

体から老廃物を出すにはお水を沢山飲むのが良いですが、お水だけ飲んで断食をしましょうということではありません。食事をしなければ一時的に体重は減りますが、食事を再開すれば体重は元に戻り、また断食すると栄養も不足して体に良くありません。

食事をせず栄養不足となると、体は効率よく栄養を吸収しようとして、余計に太りやすい体にしてしまいます。普通のいつも通りの食事をしながら、その中でお水を沢山飲むようにしましょう。

またお水をたくさん飲むと、それだけ太るので嫌だと考える人がいるかもしれませんが、その心配はありません。お水を飲むと、体に不要な分は尿や汗として体外に排出されます。

健康な方であれば、お水を飲むからと言って太ることはなく、ダイエットしていても心配はないです。お水を飲んでむくむという方は、代謝が下がっているので、代謝を上げるためにもお水は沢山飲むと良いでしょう。

水分摂取で得られるメリット

水分摂取はメンタルを安定させる鎮静作用があるので、ストレスや不眠解消に効果的です。さらに便秘改善には、便のかさを増やす食物繊維の摂取も必要となります。

一方でお水が腸を刺激し排便を促すので水分摂取も大事です。足や顔のむくみは体内の水の巡りが滞っているために起こります。水分摂取により水循環がスムーズになることはむくみ解消にも繋がります。

また、ダイエット方法としても効果的です。水ダイエットでは水分を積極的に摂ることで、血液の流れが良くなります。体内の老廃物が排出され、代謝が上がって脂肪が蓄積されにくくなるのです。

食事前に水分を摂取すれば食欲抑制にもなるので、食事ダイエットにも適しています。

水分補給は飲み物としては、ビールやお茶は適しません

日頃からお茶やビールを沢山飲んでいるという方はいるかもしれませんが、このような飲み物はダイエットの中での水分補給の飲み物としては適しません。

確かにビールであれば、大ジョッキで何杯か飲むと、沢山体に水分を補給することはできます。しかしビールにしても、またお茶やコーヒー、さらにはジュースにしても、そのような飲み物にはアルコールやカフェイン、甘味料などが加わっています。

これらの添加物は、体に摂取すると分解しなければならず、肝臓や胃腸に負担をかけます。分解することによって、体の中に老廃物が作られるので、せっかく老廃物を出すために水分補給しても、意味が無くなります。

体から老廃物を出すために飲む飲み物としては、何も加わっていないお水が適しているのです。

白湯を取り入れる水分補給の方法がおすすめです

水分補給のための飲み物としてはお水は良いですが、やはりカルキや塩素の入っている水道水よりも、ミネラルも何も含まれないピュアウォーターの方が、体には良いです。

ただ毎日たくさんお水を飲もうと思っても、普段からお水を飲んでいないような方は、水分補給するというのは習慣がなく、大変かもしれません。

1日の中で水分補給のためのお水としては、白湯を取り入れると補給しやすくなります。白湯とはお水をヤカンで沸かしたものであり、簡単に誰でも作ることができます。ただのお水を飲むよりは、このような温かい飲み物があった方が、飲みやすいでしょう。

例えばコップ1杯で200mLの白湯を飲むとすれば、起きた後・朝食前・夕食前・眠る前と4回に分けると、これで1日800mLの白湯になります。お水も適度に飲んでいくと、たくさん水分補給できて、尿もたくさん出すことが出来ます。

冷えの改善にも効果的

白湯を飲むことで、身体の内側から温まり内臓機能が活発化して基礎代謝が上がります。その結果血流やリンパの流れが良くなり、むくみ緩和にも効果的です。

さらに代謝が上がることで胃腸機能も活発化し、消化が良くなって排泄も促されます。老廃物や毒素が体外に押し出され、肌の調子も整いやすいと言えるでしょう。

また白湯で体が温まることで熱が生成され、体温や基礎代謝が上がります。脂肪燃焼作用が高まるので、ダイエット効果が期待できます。

人によって1日に必要な水分量は違います


人間の体には、体重のおよそ4%の老廃物が溜まっていると言います。その老廃物を出すためには、同じだけの量の水分補給をしないとなりません。

例えば体重が50kgの方は、その4%で2kgとなり、1日の飲むお水の量は2Lとなります。当然のことながら体重が変われば、それだけ必要な水分の量も違ってきます。

体重60kgの人は2.4L、体重80kgの人は3.2Lが目安となる量となります。自分の体重を量って、どれだけ1日にお水を飲めばいいか必要量を知っておきましょう。

トイレが近くなる人は小分けに水分摂取しよう

1日のトイレの回数は一般的に4~7回だとされています。4回より少ない場合は、水分が不足していた可能性があります。

また短時間で一気に水分補給すると、膀胱に尿が溜まりすぐにトイレへ行きたくなります。さらに膀胱が尿でいっぱいになると膀胱炎になるリスクもあります。

一方で喉の渇きを感じるのは、既にかなりの水分が不足してる状態です。運動時以外にも、喉の渇きを感じる前に少しずつこまめに水を飲むようにしましょう。

(まとめ)ダイエットのためには積極的に水分補給をして尿を出した方がいいの?

正しい水分補給により尿(おしっこ)を出すことで、老廃物の排出を促し基礎代謝が向上するため効果的なダイエットに繋がります

水分補給をすると血流が促され、代謝が上がり脂肪燃焼が進むためダイエットに効果的です。老廃物も排出され、内臓機能が活発化し痩せやすい体作りが目指せます。

便秘改善やストレス解消、むくみの緩和など水分摂取には様々なメリットがあります。ビールやジュースなどは体への負担も大きく、老廃物を作りだすので水分補給にはお水がおすすめです。

さらに白湯は身体を温めて冷えの緩和や基礎代謝アップによるダイエット効果が期待できます。水分を一気に飲むとトイレの回数が増え、膀胱にも影響が出るのでこまめに少しずつ飲みましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る